ログイン

共有する

日商エレ、RPAロボット一元管理サービスを試用版から改良を重ね正式版を4/1提供開始

日商エレクトロニクス株式会社(以下、日商エレ)は、複数のRPA製品を一元管理するクラウド型サービス「デジタルレイバーステーション(DLS)」を開発し、2019年6月から試用版を展開してきたが、顧客の声を基に改良を加え、この度2020年4月1日に正式版を提供開始する。なお、本サービスは、特許出願中(特願2019-222467)の日商エレ独自のものである。

RPAを導入した企業は増大するロボットの管理という課題に直面する。特に社内のRPA利害関係者間の調整といったRPAツールがカバーしない業務にも気を配る必要があり、運用担当者の人力で数十体規模のロボットを管理するには限界がある。そこで日商エレは、RPAに特化した管理手法やツールが必要になると確信し、それを管理できるサービスの開発に着手した。約9カ月の試用期間に50社の顧客からもらったフィードバックを基に機能改善とバージョンアップを重ね、今回は満を持して正式版をリリースする。本サービスは、日商エレ自らのRPAユーザーとしての経験はもちろんのこと、総合商社 双日株式会社での導入経験もふんだんに生かされている。拡大するRPA環境をより効率的に管理し、RPAにかかわる多くの利害関係者に円滑なコミュニケーションを促すとのこと。

試用版から追加した新機能と改良点

試用版から追加した新機能と改良点

対象

すでにRPAを運用している企業。特にロボット数が増大し、運用に課題を感じている企業。

日商エレのデジタルレイバーサービスについて

日商エレは、RPAの先駆者であるBlue Prism社、AI-OCRのグローバル・リーディングカンパニーであるABBYYジャパン社とそれぞれ協業をしている。また、最近では、RPA教育サービスの拡大と普及に注目し、UiPath社、AutomationAnywhere社とも協業を開始した。
RPAとAI-OCRにより産み出されるソフトウエアのロボットを労働力(デジタルレイバー)として安全に戦力化させるサービスを提供する。

各社からのコメント

双日株式会社 執行役員 ビジネスイノベーション推進担当本部長 鈴木 義人氏
双日株式会社は、日商エレクトロニクス株式会社の「デジタルレイバーステーション」の正式リリースを心より歓迎いたします。当社と日商エレクトロニクス株式会社は、2017年より、当社グループにおけるデジタルレイバー環境の導入に関して協業しており、その過程でRPAロボットの管理・運用上の諸課題を共有・解決しながら、共にノウハウを蓄積して参りました。このノウハウを活かした「デジタルレイバーステーション」が、増大するロボットの管理・調整で業務が煩雑化するRPA運用担当者のみならず、RPA利用に関わるすべての利害関係者をサポートする強力なツールになると期待しております。

Blue Prism株式会社 社長 長谷 太志氏
Blue Prism 株式会社は、日商エレクトロニクス株式会社様の「デジタルレイバーステーション」の正式リリースの発表を歓迎いたします。「デジタルレイバーステーション」により、インシデント管理がさらに可視化され、またエンタープライズ向けRPAへの移行期間中に課題となる、複数RPA製品の管理負荷が軽減されることを期待しています。インテリジェントなデジタル ワークフォースの提供における両社の協業により、日本企業のデジタル変革に貢献できることを確信しています。

提供元:日商エレクトロニクス株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事