ログイン

共有する

アジラ、経済産業省の保管資料のデータ化でAI-OCRジジラを提供

株式会社アジラ(以下、アジラ)が、経済産業省で保管されていた紙の資料のデータ化に、 AI-OCRジジラを提供

経済産業省 ジジラ

背景

経済産業省では、紙で保管していた過去の議事録や研究会の資料をデータ化し、スマートな保管を実現することが課題だった。今回データ化業務の効率化を行うためAI-OCRジジラを採用した。

評価結果

経済産業省の保管資料(1ページあたり平均1000文字の長文読取)のデータ化に関する評価結果
100枚あたり処理時間:平均9分32秒(データのアップロード時間を含む)
※参考情報※
キータッチ2000ゴールドホルダー(10分間に2000文字の入力可能)の処理時間は、100枚あたり50分(100枚×1000文字/枚÷2000文字/分=50分)

ジジラ

AI-OCR ジジラとは

ジジラは、アジラ独自開発のディープラーニング技術を搭載した文字認識エンジンである。既存技術では自動認識による読み取りが難しく、人間によるデータ入力が必要だった手書き文字をデジタルデータ化する。読み取ったデータを継続的に学習することにより、読み取り精度は日々向上する。
アジラはジジラを通じて、データ入力にかかる時間と人的コストを削減し、本来のコア業務へのリソース(資金・人材)の最適化を実現する。

アジラ ジジラ

提供元:PRTIMES プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事