ログイン

共有する

NTT-AT、統合運用管理ソフトウエア「Hinemos®」より「WinActor®管理機能」を提供開始

~NTTデータ先端技術とNTT-ATの共同開発によりWinActorとITシステム全体の統合運用管理を実現~NTT-AT

NTTデータ先端技術株式会社(以下、NTTデータ先端技術)とNTTアドバンステクノロジ株式会社(以下、NTT-AT)は、「WinActor管理機能」の共同開発を行い、2020年3月10日から提供開始した。今回、NTTデータ先端技術が提供する統合運用管理ソフトウエア「Hinemos」と、NTT-ATが提供するRPAツール「WinActor」の技術連携により、「WinActor管理機能」を実現した。管理対象となるシステム台数に応じ、WinActor直接の運用管理をはじめ、複数のWinActorのシナリオや権限設定等を一括で統制管理できる「WinActor® Manager on Cloud」、「WinDirector®」との連携が可能になった。

これまで各種ITシステムの業務フローの自動化を実現していたHinemosが、WinActorにより自動化されるデスクワーク処理も管理対象として追加できることで、システム全体の統合運用管理が可能になり、部門別の最適化・自動化に留まらず、業務全体の完全無人化を目指した運用改善を容易に実現することが可能になるとのこと。

当該機能はHinemosサブスクリプションにて2020年3月10日から提供開始した。

背景

1990年代からERP等の大規模システム投資が始まり、財務・会計や人事等の業務を中心に効率化が進められてきたが、予算やセキュリティ制約等の理由から、システム間連携が困難な業務はエクセルやアクセスによる人力処理が続いていた。こうしたシステム化から漏れ、何年も放置されてきた細かで雑多な処理において、昨今の「人手不足」、「働き方改革」、「生産性向上」の議論も重なりRPA導入が進められたが、実態は個々人のクライアントPCで行われる業務の自動化に限定されており、業務システムとの連携は手作業もしくは別途、仕組みを用意する必要がある。

また、業務システムの監視やジョブ管理においても、サーバーやネットワーク機器をはじめとしたITシステムの自動化は進んできたものの、個々人のクライアントPCで行われる処理については対象外であり、システム全体の自動化は難しいのが実態である。

このような課題を解決するべく、各種ITシステムの業務フロー自動化が可能なHinemosの管理対象を、WinActorによって自動化されるクライアントPCの処理まで広げることで、すべての統括管理が可能となる「WinActor管理機能」を実現した。

「WinActor管理機能」の概要

Hinemosの「WinActor管理機能」は、WinActorの稼働状態やエラー等を、単一の画面上で俯瞰的に把握・統括管理できる機能である。

Hinemosが従来から対応しているIAサーバーの監視をはじめ、WinActor導入PCを管理できる。また、WinActorの専用管理ツールであるWinActor Manager on Cloud(パブリッククラウド環境)、およびWinDirector(オンプレミス環境・プライベートクラウド環境)と連携することで、より大規模な導入環境への対応、ライセンス管理やシナリオ管理等のより高度な管理を実現できる。また、これらが導入されたシステム全体の故障や障害予測等の監視や自動化の統合運用管理を実現する。

なお、本機能はHinemosサブスクリプションにて提供する。

Hinemosの「WinActor管理機能」の概要図Hinemosの「WinActor管理機能」の概要図

「WinActor管理機能」の特長

Hinemosの「WinActor管理機能」の特長は、下記の通りである。

シームレスなWinActorと業務システム連動による統合運用管理

WinActorの動作するPC環境と、サーバー機器をメインとしたITシステムとをHinemosにてシームレスに連携することで、単一画面にて全体の運用状況を俯瞰的に把握し、統合運用管理することが可能になる。

RPAシナリオを含む処理フローの実行管理

業務カレンダーに合わせた処理の実行制御を行い、業務の営業日やメンテナンス日に合わせたスケジューリングが可能になるため、より現場に即した自動化を実現することができる。各処理の実行結果はHinemosの画面から確認できるほか、メールの送信や、異常発生時に別途定義した復旧処理の起動等、トータルでの運行管理が可能になる。

RPAシナリオの効率的な監視と障害解析

通常時より処理時間が長くかかったり、止まらない可能性のあるシナリオを遅延監視する。Hinemosの持つ監視機能を利用することにより、WinActorにおけるシナリオ実行の異常発生時に、PC環境や周辺システムの稼働状況等、環境要因によるトラブルをいち早く解決することが可能になる。

また、WinActorの実行ログも集約し、個々のPC端末にログインすることなく確認・検索が可能なほか、ログメッセージによるWinActorの動作異常の監視も可能になる。

WinActor実行環境の記録と履歴管理

WinActorがインストールされているPC環境を検出し、インストールパッケージの情報を記録し、その変更も履歴として管理する。そのため、WinActorのシナリオが異常終了した際に、PC環境の変更が起因か否かの切り分けが容易に行えるようになる。

WinActorの専用管理ツールとの連携

WinActorの専用管理ツールであるWinActor Manager on CloudやWinDirectorの導入環境において、これらの専用管理ツールを介したWinActorのシナリオの運行管理や、この専用管理ツール自体の運用監視が容易に行えるようになる。

提供方法

Hinemosの「WinActor管理機能」は、Hinemosサブスクリプションより提供する。

Hinemosサブスクリプションは、エンタープライズシステムの運用管理を実現するソフトウエアであるHinemosに関するアップデートやサポートに加え、システム運用に役立つさまざまなツール、ドキュメントを包括して提供するサービス。

今後について

■西日本電信電話株式会社からのエンドースメント

西日本電信電話株式会社は、ソーシャルICTパイオニアとして、お客さまの課題解決を担うため、AI技術等の活用により仕事を変え、関連するシステムを高度化・効率化するだけでなく、サービス品質の向上、新たな付加価値を生みだしていけるよう積極的に取り組んでいます。今回の統合運用管理ソフトウエア「Hinemos」と「WinActor管理機能」を活用し、業務効率化に向けた導入検証を進めていきます。

西日本電信電話株式会社
デジタル改革推進本部
技術革新部長
守谷 正人

■株式会社エヌ・ティ・ティ・データ からのエンドースメント

統合運用管理ソフトウエア「Hinemos」による「WinActor管理機能」の発表を心より歓迎いたします。
NTTデータは、国内シェアNo.1(※1)純国産「RPA」ソリューション「WinActor」を、管理統制ロボット「WinDirector」、導入支援コンサルティング、技術研修やRPA技術者検定と共に、4,000社を超えるユーザー企業へ提供しています。「WinActor管理機能」のリリースで、「Hinemos」がこれまで主に管理してきたサーバー上のITシステムだけでなく「WinActor」や「WinDirector」も一元的に運用管理できるようになり、より一層、企業全体の業務自動化、IT運用効率化を推進するものと期待しています。

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
社会基盤ソリューション事業本部
ソーシャルイノベーション事業部長
野崎 大喜

※1、IDC Japan「2019年 国内AIシステム/RPAソフトウェア市場企業ユーザー調査」、MM総研「2019 RPA国内利用  動向調査」、富士キメラ総研「2019 人工知能ビジネス総調査」より。

提供元:NTTアドバンステクノロジ株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事