ログイン

共有する

オートメーション・エニウェア、内閣府にてRPAツールの本格稼働を開始

オートメーションエニウェア ロゴオートメーションエニウェア

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社は、「Automation Anywhere Enterprise」が、内閣府での一般競争入札を経て採用され、2020年4月から同庁内で本格稼働されることになったことをお知らせした。

<主な採用理由>

同庁大臣官房サイバーセキュリティ・情報化推進室において、本格稼働を前に試験運用を行った結果、「Automation Anywhere Enterprise」で稼働するソフトウェアロボット(Bot)の暗号化機能とログ管理機能のセキュリティ対応が高度であること、そして職員自身がBotを作成して運用できる利便性を評価し、採用を決定した。

<導入製品の概要>
  ・製品名:Automation Anywhere Enterprise 

提供元:オートメーション・エニウェア 詳細

新着のコメント

saosao

国産某RPAツールではないのですね。。。

2020年2月6日10:56

saosao

どのように受注を勝ち取ったのか(コスト、保守性、汎用性等)気になりますが、やはり安全性が他ツールに比べ勝っていたのでしょう。AutomationAnywhereの立場やシェア向上につながるニュースですね。

2020年2月6日10:59

ログインしてコメントする

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事