ログイン

共有する

日本テクノ、RPA導入で大幅な業務効率化を推進

日本テクノ日本テクノ

電気に関する総合サービスを提供する日本テクノ株式会社(以下、日本テクノ)は、2019年5月より、大幅な業務効率化を目的にRPAを導入した。

今回のRPA導入にあたり、ソフトウェア”Automation Anywhere”をライセンス契約し、資料の作成作業を自動化した。約47,000の顧客を対象に電気を「見える化」「理解(わか)る化」し、省エネコンサルティングを行う日本テクノ独自のアシストサービス(アフターサービス)「GIFT」の現場では、電気の使用状況を示した資料を1社ずつ作成し顧客に提出している。これまでは社員が1社につき約5分の作成時間がかかっていたが、RPAの場合約1分で完結し、営業社員約300名、営業社員をサポートするGIFTキャディ(※1)約100名の資料作成時間が削減できた。
また、1件の顧客との契約に際し20種類以上の書類を作成しており、今後はこうした業務を自動化することで、入力ミスのない書類をより早く完成させられるよう、ロボット化を進めていくとのこと。
現在は業務量や優先順位などを考慮しながら全社的な利用方法を模索し、RPAの活用を働き方改革へつなげていく。日本テクノは今後もRPAなどをはじめとするITとあらゆるリソースを融合させ、さらなる業務の効率化をめざしていく予定とのこと。

※1 GIFTキャディとは:営業社員をサポートし、日本テクノ独自のアシストサービス(アフターサービス)「GIFT」を専門に行うパート社員のこと。GIFTキャディにはタブレット端末を支給、RPAが作成した資料はクラウド上で共有され、効率的にテレワーク勤務を行っている。

提供元:日本テクノ株式会社 詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事