ログイン

  • TOP
  • ニュース・トレンド
  • オートメーション・エニウェアのグローバル調査、世界で最も「嫌われている」オフィス業務が明らかに

共有する

オートメーション・エニウェアのグローバル調査、世界で最も「嫌われている」オフィス業務が明らかに

世界で最も嫌われているコンピューター業務は、データ入力 日本では、1日平均2時間以上の管理業務が発生

オートメーションエニウェア ロゴオートメーションエニウェア

オートメーション・エニウェアは1月28日、同社が調査会社のOnePollに委託し実施した、グローバル調査の結果を発表した。本調査は、「企業におけるデジタルの反復的な管理業務に費やしている時間と、それに対する従業員の姿勢」について、日本を含む11か国の企業で働く従業員1万人以上を対象に行われた。これによると、世界で最も「嫌われている」オフィス業務は「データ入力」で、日本においては、「経費処理」や「デジタルデータの整理」がトップに挙げられた。また、日本の従業員は、1日のうち平均2時間以上、本来の業務とは異なる手作業の反復的なPC業務に費やしていることが明らかになったとのこと。

本調査の結果、対象となった従業員のうち回答者の過半数が、「デジタル管理業務」について「全体的な生産性を低下させる」(64%)、「本業の妨げとなる」(51%)と答え、ほぼ半数が、「退屈である」(47%)、「自分のスキルが十分に活用されていない」(48%)と答えた。さらに、ミレニアル世代の半数以上(52%)は「管理業務が少なければ生産性の向上につながる」と回答しており、これは平均の48%より若干高い結果となった。

反復的なPC管理業務に費やしている時間

世界一「嫌われている」業務はデータ入力

世界中の従業員から嫌われている業務のトップは、コンピュータなどのデバイスにマニュアルでデータを入力する、「一般的なデータ入力」(20%)だった。さらに僅差で「Eメールの返信・整理」(19%)と、「デジタル文書の整理(文書やスプレッドシート、画像、PDFなどを正しいフォルダへ保存する業務)」(19%)が挙げられた。このような業務は、従業員が「日常的に最も多くの時間を費やす」管理業務のトップ3にも選ばれているが、これらほぼ全ての業務を自動化できるソフトウェアロボット(Bot)も存在している。

・日本の回答者については、最も「嫌われている」業務として「経費の処理」(20%)が挙げられた。また、グローバルの結果と同様に「デジタル文書の整理」(18%)、「Eメールの返信・整理」(17%)、「一般的なデータ入力」(16%)との回答が多く寄せられたほか、「予算管理」(17%)との回答が他国と比べて目立った。

「嫌われている」業務に対応するBot

現在、オートメーション・エニウェアの「Bot Store」 には700以上のBotが用意されており、今回明らかとなった「嫌われている」業務の多くを自動化し、そのような業務にかかる時間を短縮することができるとのこと。調査結果によると、1日8時間を勤務時間とした場合、平均的な従業員は簡単に自動化可能な業務に毎月60時間を費やしている。デジタルワークフォースを導入し、反復作業を自動化することで、従業員は年間労働時間の4分の1(4.5か月)を取り戻すことができるので、さらに有意義な仕事に集中し、生産性と全体的なビジネス価値を高めることができるようになるとのこと。

このような反復的な管理業務は、従業員の私生活での幸福度にも影響を与える。調査対象となった従業員のほぼ半数(49%)が、「単純なデジタル管理業務のために、定時に退社できないことが多い」と答えており、私生活にも影響が及んでいることが示された。男女別に見ると、「なかなか定時に退社できない」と答えている割合は、女性が43%に対し、男性は54%となっており、男性従業員にとってより大きな課題となっていることが判った。

回答者割合

その一方で、全体的にデジタルの管理業務は女性に偏っており、このような「嫌われている」業務に費やしている時間は、女性が1日当たり3.4時間であるのに対して、男性は2.8時間となっている。この傾向は、調査を実施したすべての国の官公庁・機関の職員に当てはまり、公共サービスは最も管理業務の多い分野であることが判明したとのこと。これに関して、官公庁・機関の回答者の69%が、「多くの手作業入力を省いて管理業務を改善できるテクノロジーが必要である」と回答しており、従業員の要望が調査に表れている。

従業員は手作業を排除する自動化を希望

調査対象者のほぼ全員が、「自分の本来の業務ではない反復的な手作業のデジタル業務を自動化で排除するべきである」(85%)と回答しており、「変革によって幸福度が増す」(88%)と期待している。さらに、このような業務に割いていた時間が削減されれば、部署内の生産性が向上し、本来の業務で従業員がより高い成果を上げ、新しいスキルを習得する機会を追求できると答えている。

・日本の回答者の半数以上(52%)は、反復業務を自動化するテクノロジーに対する企業の投資を強化してほしいと考えている。
・自動化によって解放される時間の活用について、日本の回答者からは「休息とワークライフバランスに割きたい」との希望が最も多く(39%)、それに続いて新たなスキルの習得(34%)と現在の職務でのパフォーマンス向上(34%)が挙げられた。

自動化への移行は企業の責務

今回回答した中で多数の従業員(87%)が、反復的なマニュアル作業の自動化を現状より増やすことを望んでいる。また、半数超(55%)が、手作業による管理業務の負荷が高くなったら退職を検討すると回答しており、85%はこのような業務を削減するために自動化に投資している企業で働くことに魅力を感じると答えている。そして、従業員が最も自動化を望んでいる業務は、世界一嫌われている業務、すなわち「データ入力」作業。

・日本の回答者のうち、半数以上がBotとの共同作業について前向きに捉えている(53%)ほか、管理業務をBotに代行してほしいと考えている(52%)。
・現在携わっている職務で自動化テクノロジーを活用している回答者はインド(69%)や韓国(68%)に多く、日本では26%にとどまった。
・日本で自動化が最も望まれている業務は「経費の処理」(26%)と「デジタル文書の整理」(23%)で、「一般的なデータ入力」は3番目に挙げられた(20%)。

本調査について

オートメーション・エニウェアは、独立系調査グループであるOnePollに委託し、2019年秋に世界11カ国のオフィスで働く従業員を対象に1万500件のインタビューを行った。回答者はさまざまな人口層、職務レベル、産業、企業規模にわたる。

提供元:オートメーション エニウェア 詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事