ログイン

  • TOP
  • ニュース・トレンド
  • エンカレッジ・テクノロジ、働き方改革の推進をサポートする監視・モニタリングツールESS REC NEAOを販売開始

共有する

エンカレッジ・テクノロジ、働き方改革の推進をサポートする監視・モニタリングツールESS REC NEAOを販売開始

~RPA実行環境の監視やテレワーク環境における従業員の働き方のモニタリングを実現~

エンカレッジ・テクノロジエンカレッジ・テクノロジ

システム運用のリスク管理ソリューションを提供するエンカレッジ・テクノロジ株式会社(以下、エンカレッジ・テクノロジ)は、業務自動化・効率化を目的とした企業の働き方改革の推進をサポートする監視・モニタリングツール「ESS REC NEAO」(読み:イーエスエス レック ネオ)を2020年2月末を目途に販売開始する。

「ESS REC NEAO」とは

「ESS REC NEAO」は、エンカレッジ・テクノロジが開発・販売するシステム証跡監査ツール「ESS REC」をベースに、事務・オフィス業務における監視・モニタリングを行うことを目的に最適化した新しいエディションである。基本的なアーキテクチャ-は「ESS REC」をベースにしつつ、以下のような改良・拡張を行っている。

ESS REC NEAOのモニタリングツールの画面ESS REC NEAOのモニタリングツールの画面

【1】RPAツールと連携するプラグインの提供

現在、多くの企業で業務の自動化・効率化を目的に導入が進んでいるRPAツールと連携し、RPAの異常などを監視するためのプラグインを提供する。
RPA実行環境においては、ロボットが実行するシナリオの不適切な管理やシステムの仕様変更等による異常終了の原因究明や対応などに多大な工数が発生し、導入効果が薄れる場合がある。
「ESS REC NEAO」は、このようなRPAロボットの実行環境に適用することで、ロボットの動作を監視モニタリングし、RPAツールや操作対象のアプリケーションから出力される異常発生等のメッセージや振る舞いを検知し管理者にアラート発報を行うことが可能になるとのこと。

さらに今回提供を予定しているRPA用プラグインを用いることで、RPAツールから直接メッセージを「ESS REC NEAO」に送信するなど、RPAツールとの更に密な連携が可能となり、監視・モニタリングの効果が高まる。

RPA連携ツールの例(UiPath用)RPA連携ツールの例(UiPath用)

【2】働き方の実態が把握可能なモニタリングレポートの提供

働き方改革の一環で企業が進める施策のひとつであるテレワーク・リモートワーク環境の整備においては、オフィス内で働く環境とは異なり、従業員の働き方のモニタリングが難しい点が課題のひとつである。
「ESS REC NEAO」をDaaS(仮想デスクトップサービス)環境等に適用することで、テレワーク・リモートワーク環境で働く従業員のデスクトップ環境をリアルタイムにモニタリングすることができるようになる。さらに、働き方の把握が可能な専用レポートを使用することで、より俯瞰的な状況の把握が可能になるとのこと。

働き方モニタリングレポート働き方モニタリングレポート

働き方モニタリングレポートのひとつとして提供を予定しているユーザー別PC操作レポートでは、テレワークの場合にPCのログイン、ログオフだけの情報では把握が困難な実際の労働時間をPC操作の有無によって判定を可能にしている。
働き方モニタリングレポートでは他に、業務外PC利用の実態レポートや業務別稼働時間レポートなどが提供される予定とのこと。

【3】事務エリアにおける監視・モニタリングに必要な機能・設定のみを搭載したシンプルな構成

「ESS REC NEAO」のベースとなっているシステム証跡監査ツール「ESS REC」は、システム管理部門におけるシステム管理操作を適用対象業務としているため、多くの機能が提供されるものの設定項目が多岐にわたりご利用いただくためには一定のスキルや知識が必要である。
「ESS REC NEAO」は、一般事務エリアでの監視・モニタリングを行う際には不要となる付加機能を排除し、より簡易的に利用できるようシンプルな構成になっている。

ESS RECとの互換/併用が可能

「ESS REC NEAO」は、エンカレッジ・テクノロジのシステム証跡監査ツール「ESS REC」と共通のアーキテクチャーをベースとしているため、「ESS REC」との互換性が保たれている。したがって以下のような展開、構成が可能となり、現在「ESS REC」を利用している顧客は、より少ない投資で柔軟な利用が可能となる。

・現在の「ESS REC」環境のサーバーおよび管理コンポーネントをそのまま「ESS REC NEAO」を含めた共通管理コンポーネントとして利用する場合には、「ESS REC NEAO」の管理コンポーネントは不要

・現在の「ESS REC」環境の一部においてシンプルな要件のみ必要な場合、通常の「ESS REC」ではなく、「ESS REC NEAO」を追加し、同一環境で併用することが可能

提供元:エンカレッジ・テクノロジ株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

NTT-AT、ネットレックスの物品管理クラウドサービス「Convi.BASE®」を導入

NTT-AT、ネットレックスの物品管理クラウドサービス「Convi.BASE®」を…

株式会社デジタルワークス、RPAの大衆化を実現するための現場主導型RPA「RaQubo(ラクーボ)』を提供開始

株式会社デジタルワークス、RPAの大衆化を実現するための現場主導型RP…

オートメーション・エニウェア、佐世保市でオートメーション・エニウェアのRPAソフトウェアを導入

オートメーション・エニウェア、佐世保市でオートメーション・エニウ…

NTTデータ、カードゲームを利用した社員向けRPA導入研修の開始

NTTデータ、カードゲームを利用した社員向けRPA導入研修の開始

株式会社QuickWork、AI・RPA技術を活用した問い合わせ自動送信ロボ「Daniel」β版をリリース

株式会社QuickWork、AI・RPA技術を活用した問い合わせ自動送信ロボ「D…

NTT-ATとAI inside、企業のDX推進に向け連携強化

NTT-ATとAI inside、企業のDX推進に向け連携強化

UiPath社、長崎県のRPAツール選定において高い評価を獲得

UiPath社、長崎県のRPAツール選定において高い評価を獲得

マイクロソフトとWinテクノロジ、経済産業省が「2025 年の崖」克服に向けてMicrosoft Power Apps を活用し実証実験を開始

マイクロソフトとWinテクノロジ、経済産業省が「2025 年の崖」克服に…