ログイン

共有する

熊本県荒尾市、ふるさと納税業務、3分の1に時短 定型事務自動化4カ月

荒尾

熊本県荒尾市は、RPAを昨年9月導入。4カ月が経過し、一部の業務で労働時間が大幅に短縮されるなど効果が表れている。

市はRPAと印刷機を連携させ、ふるさと納税の業務に導入。書類を束ねて封かんし、宛名書きまで行っている。同様の取り組みは全国の自治体で初めてという。

ふるさと納税ではこれまで、複数ある仲介サイトへ職員がアクセスし、申し込みデータをダウンロード。サイトごとに異なる書式を市の形式に書き換える作業が必要だった。

今回、これらの作業を自動化し、昨年12月中旬までに約1万件を処理した。市政策企画課によると、職員が担当する際の524時間に比べ、3分の1に短縮できた。他の納税業務にも取り組んでおり、年度内に新たに2業務で導入する。

広域行政事務組合など各地から視察も相次いでおり、市は今後、事務作業の自動化をさらに進める。

11月からは、問診票や予診票など手書きデータを読み込むため、AIを活用したOCR(光学式文字読み取り装置)も試験的に運用。RPAと連動させた運用を探り、来年度の導入を目指している。市政策企画課の田川秀樹課長は「全国的に自動化の流れは今後も進んでいく。成功例が出てきたので、他の業務にもどんどん広げていきたい」と話している。

荒尾市ソフトウェアと印刷機を連携させ、ふるさと納税の業務を進める市職員。印刷機は自動で書類を束ねて封かんし、宛名書きまでを行う=荒尾市

提供元:熊本日日新聞 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

RPAテクノロジーズ、「BizRobo!」を中心としたデジタル技術の開発者育成へ 四国初拠点「!センター愛媛」設立

RPAテクノロジーズ、「BizRobo!」を中心としたデジタル技術の開発者育…

Blue Prism、IBMとのパートナーシップにより、インテリジェントオートメーションの機能を拡張

Blue Prism、IBMとのパートナーシップにより、インテリジェントオート…

かっこ、RPAオプションを無料提供!不正検知サービスがさらに使いやすく!

かっこ、RPAオプションを無料提供!不正検知サービスがさらに使いやす…

タイタンコミュニケーションズ、独自開発のクラウド型業務管理ツール「ミラロボマネージャー」3月2日提供開始

タイタンコミュニケーションズ、独自開発のクラウド型業務管理ツール…

エンカレッジ・テクノロジ、働き方改革の推進をサポートする監視・モニタリングツールESS REC NEAOを販売開始

エンカレッジ・テクノロジ、働き方改革の推進をサポートする監視・モ…

Blue Prism、新しいSaaSオファリングをリリース

Blue Prism、新しいSaaSオファリングをリリース

さくら情報システム、UiPath導入を支援する簡易ロボット設定ツール「さくっとロボ」と自動メール応答ロボット「秘書ロボ」

さくら情報システム、UiPath導入を支援する簡易ロボット設定ツール「…

ヒューマンリソシア、商工中金と業務提携 IT技術者派遣やRPA活用サービスで支援

ヒューマンリソシア、商工中金と業務提携 IT技術者派遣やRPA活用サー…