ログイン

共有する

狭山市、RPA導入支援業務に関する公募型プロポーザルを実施

狭山市RPA導入支援業務に関する公募型プロポーザルを実施します

狭山市

狭山市では、職員の業務の一部を自動化することにより、業務の効率化や職員の働き方改革の推進、職員が政策立案に集中する時間の確保を目的として、RPA導入事業を実施する。
この導入事業に係る「狭山市RPA導入支援業務」について、最適な事業者の選定を行うため、価格のみによる競争によらず、企画力、技術力、実績等の点から選定を行うプロポーザル方式で実施するとのこと。

業務名

狭山市RPA導入支援業務

業務内容

1 RPA ソフトウェアの調達
 ・本市が指定する業務について最適な RPA ソフトウェアを提案、調達し、本市が指定する場所に動作環境を構築すること。
 ・2つの異なるネットワークセグメント上に環境を構築すること
2 RPA 導入支援
 ・今年度 RPA の導入対象業務は、以下を予定している。そのほかに RPA の導入を検討している事務について、導入の支援をすること。
  【導入対象業務】
  ・ふるさと納税に関する業務
  ・介護保険に関する業務
  【導入検討業務】
  ・住基データ連携業務
3 シナリオ作成支援
 ・導入対象業務について、RPA を使って自動化できるシナリオを作成すること。
 ・職員がシナリオの作成をする際に、作成困難な部分がある場合には、職員に代わりシナリオ作成を行うか、もしくは十分な説明を行うこと。
4 職員研修
 情報政策課職員向けの研修及び、RPA 導入対象業務の担当課職員に対し研修を行うこと。また、それぞれ以下の観点で研修を行うこと。
 <情報政策課職員>
 将来的なシナリオ作成の内製化や RPA 技術保持者の継続的確保に繋がるよう、必要な指導・助言を行う等、十分な支援を行うこと。
 <RPA 導入対象業務の担当課職員>
 RPA の知識を有しない職員であっても、RPA について理解し、シナリオ実行を円滑に行えるよう、必要な研修を実施すること。
  実施回数:2回以上
  対象者 :情報政策課職員及び RPA 導入対象業務の担当課職員 10 名程度

募集期間

令和元年12月26日(木曜日)から令和2年1月10日(金曜日)17時まで

選定手順

参加登録申込方法、スケジュール等は「狭山市RPA導入支援業務 公募型プロポーザル実施要領」を参照のこと。

提供元:狭山市 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

Blue Prism、IBMとのパートナーシップにより、インテリジェントオートメーションの機能を拡張

Blue Prism、IBMとのパートナーシップにより、インテリジェントオート…

かっこ、RPAオプションを無料提供!不正検知サービスがさらに使いやすく!

かっこ、RPAオプションを無料提供!不正検知サービスがさらに使いやす…

タイタンコミュニケーションズ、独自開発のクラウド型業務管理ツール「ミラロボマネージャー」3月2日提供開始

タイタンコミュニケーションズ、独自開発のクラウド型業務管理ツール…

エンカレッジ・テクノロジ、働き方改革の推進をサポートする監視・モニタリングツールESS REC NEAOを販売開始

エンカレッジ・テクノロジ、働き方改革の推進をサポートする監視・モ…

Blue Prism、新しいSaaSオファリングをリリース

Blue Prism、新しいSaaSオファリングをリリース

さくら情報システム、UiPath導入を支援する簡易ロボット設定ツール「さくっとロボ」と自動メール応答ロボット「秘書ロボ」

さくら情報システム、UiPath導入を支援する簡易ロボット設定ツール「…

ヒューマンリソシア、商工中金と業務提携 IT技術者派遣やRPA活用サービスで支援

ヒューマンリソシア、商工中金と業務提携 IT技術者派遣やRPA活用サー…

ネットワンシステムズ、Blue Prismを導入し、業務効率化を実現

ネットワンシステムズ、Blue Prismを導入し、業務効率化を実現