ログイン

共有する

AGC、RPAの本格展開を開始、2020年に年間10,000時間以上の業務時間削減を目指す

2020年に年間10,000時間以上の業務時間削減を目指す

AGC株式会社(以下、AGC)は、2020年1月よりRPAの本格展開を開始する。2020年末までに、年間10,000時間以上の業務時間削減を目指す。

近年企業の競争力を高めるために、デジタル技術を用いた業務プロセスの高効率化が重要になってきており、PC上の定型業務をロボットにより自動化するRPAの活用が注目されている。金融業などでRPAの導入が進む一方、業務が多岐にわたるAGCのような素材製造業では共通的な定型業務が少なく、RPAの本格導入、展開が難しいと考えられていた。

AGCは、デジタル技術を活用しビジネスプロセスの変革を担う”スマートAGC推進部”が中心となり、2018年2月より各拠点およびグループ会社に対して、RPAの最新適用事例やその使用方法に関するデモや展示会の実施、各職場の業務に応じたRPA適用の提案を行ってきた。その結果、経理、調達、研究開発などの間接部門を中心に計70台のロボットを導入し、会計システムにおける伝票入力業務や、購買管理システムにおける検収管理業務を自動化すること等により、2019年9月末時点で導入前と比較して、年間4200時間の業務時間削減に成功した。
今後更なる業務の高効率化に向けて、RPAの展開地域・対象業務を拡大させていくとのこと。展開地域は日本国内の拠点だけでなく、欧州・米州・アジアの各拠点に広げるとともに、対象業務は間接部門を中心とした業務から工場の生産管理部門の業務等へ拡大することで、2020年末までに年間10,000時間以上の業務時間削減を目指す。

AGCグループは、経営方針 AGC plus のもと、デジタル技術を活用しビジネスプロセスの変革を行う”スマートAGC”を推進している。AGCは開発プロセス・製造プロセスなど差別化領域において、データサイエンスを用いた業務の高効率化を図ってきた。今後RPAの導入、展開により、入力、集計等の定型作業をはじめとした非差別化領域における業務の高効率化も並行して進めることで、顧客へ新たな付加価値の提供を目指していくとのこと。

提供元:AGC株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

Blue Prism、IBMとのパートナーシップにより、インテリジェントオートメーションの機能を拡張

Blue Prism、IBMとのパートナーシップにより、インテリジェントオート…

かっこ、RPAオプションを無料提供!不正検知サービスがさらに使いやすく!

かっこ、RPAオプションを無料提供!不正検知サービスがさらに使いやす…

タイタンコミュニケーションズ、独自開発のクラウド型業務管理ツール「ミラロボマネージャー」3月2日提供開始

タイタンコミュニケーションズ、独自開発のクラウド型業務管理ツール…

エンカレッジ・テクノロジ、働き方改革の推進をサポートする監視・モニタリングツールESS REC NEAOを販売開始

エンカレッジ・テクノロジ、働き方改革の推進をサポートする監視・モ…

Blue Prism、新しいSaaSオファリングをリリース

Blue Prism、新しいSaaSオファリングをリリース

さくら情報システム、UiPath導入を支援する簡易ロボット設定ツール「さくっとロボ」と自動メール応答ロボット「秘書ロボ」

さくら情報システム、UiPath導入を支援する簡易ロボット設定ツール「…

ヒューマンリソシア、商工中金と業務提携 IT技術者派遣やRPA活用サービスで支援

ヒューマンリソシア、商工中金と業務提携 IT技術者派遣やRPA活用サー…

ネットワンシステムズ、Blue Prismを導入し、業務効率化を実現

ネットワンシステムズ、Blue Prismを導入し、業務効率化を実現