共有する

NTTグループ、RPAを用いたコンプライアンス管理ソリューションを2020年春から提供開始

NTT

 

近年、企業におけるコンプライアンス遵守とリスクマネジメントに関わる管理強化の必要性が世界的に高まっている。NTTグループ(※1)は、顧客のコンプライアンス強化に向けた取り組みを支援するため、人事管理システムとの連携が可能なコンプライアンス管理ソリューションを提供する。NTTグループは、2020年春からサービスを提供開始することをめざすとのこと。

※1 NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下、NTT-AT)、NTT DATAグループのeveris、同グループのitelligence AG(以下、itelligence)が連携し、ソリューションを販売する。

とりわけ金融サービス業においては、規制の強化と複数の制度により、当局の規制と報告に関わる要件が複雑化しており、各企業は、コンプライアンス体制やガバナンスの透明性の欠如を特定するのが困難となる問題に直面している。また、コンプライアンス管理のために使用されるシステム環境や人事データも複雑で多岐に渡るため、多くの場合、手作業や事務処理が発生している。

本ソリューションは、NTT-ATが有するRPAツール「WinActor®」、everisのSMCRソリューション、itelligenceのコンサルティングの組み合わせにより実現されます。それにより、これまで人手で行われてきた複雑な操作や、Excel®や既存システムなど複数システムに跨って管理されていたコンプライアンスや人事に関わるデータを自動的に相互連携し、最適なコンプライアンス管理ソリューションを提供する。

本ソリューションは、まず英国の「シニアマネジャー認証制度(SMCR)」に対応したコンプライアンス管理ソリューションとして提供を開始、今後英国以外の制度にも対応を行いながら提供エリアを拡大し、顧客のグローバルでのコンプライアンス業務をサポートしていくとのこと。

NTTグループは、WinActor®をはじめとする革新的なテクノロジーを用いることで、今後も顧客のデジタルトランスフォーメーションを加速していくとのこと。

提供元:NTTグループ プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事