共有する

UiPath社、「Oracle ERP Cloud」と連携開始

ユーザーの利用率の高い2つの機能をパッケージ化した共通部品を提供開始

UiPathUiPath

2019年12月17日、米UiPath社の日本法人であるUiPath株式会社(以下、UiPath社)は、UiPath社のテクノロジーパートナーである日本オラクル株式会社(以下、日本オラクル)と協力し、「Oracle ERP Cloud」向け連携用コネクタ「Workflow for Oracle ERP Cloud」(日本語版)を開発。12月17日よりマーケットプレイス「UiPath Go!」で提供開始した。

Oracle ERP Cloudは、財務会計をはじめ、調達管理、プロジェクトポートフォリオ管理、リスク管理、統合業績管理(EPM)などの管理系業務、そして製造や物流などの業務システムにいたる、企業活動に関わる全ての情報を一元管理するERPである。クラウドサービスとして提供することで、より柔軟な導入と運用を可能にするプラットフォームである。

今回、Oracle ERP Cloudを利用する国内ユーザーからの要望が数多く寄せられていたことから、国内で開発が進められ、Oracle ERP Cloudを利用するユーザーにとって最も利用率が高い「請求書登録」および「請求書添付ファイル登録」の2つの機能をパッケージ化した。

Workflow for Oracle ERP Cloudでは、UiPath上で上記2部品を呼び出し、簡単な設定をするだけで、Oracle ERP Cloudにおける請求書登録自動化を実現できる。従来、UiPathユーザーが同作業を自動化する際は、UIベースでロボットを開発し実行しているが、UIが変更されるとエラーが発生してしまい、そのたびにロボットの仕様も変更する必要があった。Workflow for Oracle ERP Cloudは、API連携によりバックグラウンドで動作するため、UIの変更に左右されることなく、APIの仕様が変更されない限り、開発済みのロボットを安定して実行し続けることができる。

さらに、これまでの請求書登録作業も大幅に高速化できる。例えば、Oracle ERP Cloudで請求書を登録する場合、手作業では1件あたり十数分、UIベースで開発したロボットを実行した場合も、ある程度の処理時間を要する。本ソリューションを利用した場合、バックグラウンドで一括処理されるため、所要時間を数秒に短縮できる。

Workflow for Oracle ERP Cloudは、UiPath Go!を通じて、UiPathユーザーに無償提供される。インストールは数分で完了することができ、ロボット開発の時間も大幅に短縮することができる。例えば、従来のUIベースでは、人による操作をレコーディングするなどにより数時間を要していたものを、1時間程度で実行可能になるとのこと。

本件に関するエンドースメント

日本オラクル株式会社
執行役員 クラウド・アプリケーション事業統括
ソリューション・エンジニアリング事業本部長  原 智宏 氏

「日本オラクル株式会社は、UiPath社の「Oracle ERP Cloud」と連携開始の発表を歓迎します。「Oracle ERP Cloud」向け連携用コネクタ「Workflow for Oracle ERP Cloud」を活用し、「請求書登録」および「請求書添付ファイル登録」といった利用率が高い業務においてRPAを使ったさらなる業務の自動化を実現し「Oracle ERP Cloud」の導入価値を最大化されるものとして期待しています。」

提供元:UiPath株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事