ログイン

共有する

SB C&Sと三井住友カードが業務提携、AI-OCRとRPAを活用したBPOサービスを提供

~RPA・AI-OCRを活用した高生産性BPOサービス導入を支援~

SB C&SSB C&S

SB C&S株式会社(以下、SB C&S)と三井住友カード株式会社(以下、三井住友カード)が業務提携契約を締結した。これにより、法人顧客の経理処理に関わる業務の効率化支援を推進していく。
近年、企業の経理管理業務においては、効率化とコンプライアンス順守が課題となる中、法人カードと連携した経費精算システム導入のニーズが高まっている。このようなニーズを背景に、SB C&Sでは、経費精算システムを導入している企業に対し、経費精算過程における領収書の電子化、システムへの入力や確認、承認といった一連のノンコア業務(※1)をアウトソーシングとして受け入れるサービス(BPOサービス)を提供し、企業の生産性の向上を支援している。SB C&SではRPA・AI-OCを活用したBPOサービスを開発中で、高精度・高スピードのBPOサービスの提供が可能になるとのこと。

BPOサービスイメージBPOサービスイメージ

一方、三井住友カードでは、企業の経費決済や出張などの企業活動をサポートする法人カード「三井住友コーポレートカード」を幅広い業種や規模の企業に提供し、従業員の立替負担軽減や、現金出納事務、煩雑な精算業務の合理化を支援している。また、「三井住友コーポレートカード」は、航空券チケットレス発券サービスや経費精算システムへのカード利用データ連携、管理しやすいマンスリー残高管理方式(※2)、企業の経理担当者がリアルタイムで法人カード利用をコントロールできるソリューション「コーポレートカードコントロール」など、充実したサービスを用意している。

今回の業務提携により、「三井住友コーポレートカード」および同カードと連携可能な経費精算システムを利用している法人顧客は、SB C&Sが提供するBPOサービスを利用できるようになり、経費精算の申請や領収書突合などの煩雑な業務がより効率化でき、より重要な業務にヒューマンリソースを投下するなど、生産性の向上を図ることができる。また、SB C&Sは、従来、銀行振り込みだけだったBPOサービスの料金支払い方法に、新たに「三井住友コーポレートカード」による決済を追加し、サービス導入企業の利便性を向上する。

※1 企業活動において直接利益につながらない業務のこと。
※2 締日の翌日にカード利用残高がクリアされる方式。

提供元:SB C&S プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アルファ版をリリース

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アル…

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料を無料に

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料…

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始

エクス、中堅・中小企業に最適な『Owlgarden RPA』販売開始

エクス、中堅・中小企業に最適な『Owlgarden RPA』販売開始

採用業務に特化したRPA「BehaviorHR 求人票コントローラー」利用申込受付開始

採用業務に特化したRPA「BehaviorHR 求人票コントローラー」利用申込…

オープンハウス、AI・RPA技術を活用し不動産業務を自動化

オープンハウス、AI・RPA技術を活用し不動産業務を自動化