ログイン

共有する

ソフトバンク、RPAソリューション「Automation Anywhere Enterprise」を販売開始

~90カ国以上、3,100社以上の導入実績を持つRPAソリューションで、企業の働き方改革の推進をサポート~

ソフトバンクソフトバンク

ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、法人顧客向けに、Automation Anywhere, Inc.(以下、Automation Anywhere)が提供するRPAソリューション「Automation Anywhere Enterprise(オートメーション・エニウェア・エンタープライズ)」の販売を、2019年10月から開始した。

これによりソフトバンクは、2017年11月から提供している現場部門主導のスピーディーな導入に適した「SynchRoid(シンクロイド)」と、IT部門主導の大規模導入に適した「Automation Anywhere Enterprise」の二つのRPAソリューションを用意し、顧客のニーズに合わせて最適なRPAソリューションを提供するとのこと。

「Automation Anywhere Enterprise」は、現在90カ国・地域以上、3,100社以上で導入されており、合計150万以上のロボットが稼働しているRPAソリューション(※1)。また、提供元であるAutomation Anywhereは、RPAソフトウエアプロバイダー上位5社の売上高において北米で1位であることが、Gartner社Market Share Analysis: Robotic Process Automation, Worldwide, 2018の中で報告されている(※2)。
一般的なRPAの適用範囲は、単純なパソコン作業などの定型業務が中心だが、「Automation Anywhere Enterprise」は、AIやアナリティクス機能を搭載することで、非定型業務も含めた幅広い業務を自動化できる点が特長。業務の自動化により、社員をよりクリエーティブな業務に従事させることが可能になり、生産性や社員満足度向上に貢献して企業の働き方改革推進をサポートするとのこと。また、複雑な開発も可能なインターフェースや高度な管理機能、堅牢なセキュリティーなどを兼ね備えており、企業のIT部門が主導する全社的なRPA導入に適しているという。

1. 「Automation Anywhere Enterprise」の特長

(1)RPA対象業務を大幅に拡大

AIを搭載することで、定型化されていないデータを認識・整理してRPAで扱うことが可能。また、多数のソフトウエアやアプリケーションと連携可能なため、幅広い業務を自動化の対象とすることが可能。人が実施していた作業やプロセスをRPAに代行させることで、大幅な効率化や業務改革が期待できるとのこと。

(2)ロボット管理機能を標準搭載

管理サーバーライセンス「Control Room(コントロールルーム)」を標準搭載し、あらかじめ設定した時刻に自動でロボットを起動させる「スケジュール起動」機能や、ユーザー権限の管理、ログの記録など、網羅的な管理機能を備えている。

(3)ロボット開発が容易

アプリケーションの挙動やマウス操作を録画することで操作を記憶する「レコーディング機能」と、操作に必要なコマンドを選択して詳細を設定する「コマンド作成機能」の二つの機能を備えている。プログラミング知識がなくても容易にロボット開発が可能。

レコーディング機能を使ったロボット開発のイメージ

検索ワードの入力やクリック操作などを記録し、各操作をコマンドとして自動的に出力する。

レコーディング機能を使ったロボット開発のイメージレコーディング機能を使ったロボット開発のイメージ

(4)堅牢なセキュリティー設計

NIST SP800シリーズ(※3)に準拠し、Veracode Level 5(※4)を取得するなど、堅牢なセキュリティー設計となっている。

2. 販売パッケージプランおよびオプションサービス

「Automation Anywhere Enterprise」は、RPAのロボットの管理、開発、実行をそれぞれ行う三つのライセンスにより構成されている。ソフトバンクは、顧客のニーズに合わせて2種類のパッケージプランを用意する。「エントリーパック」は、まず試験導入し、段階的に導入規模の拡大を検討する顧客に適しており、「エンタープライズパック」は、導入規模の拡大や、全社導入を検討する顧客に適したプラン。

販売パッケージプランおよびライセンス数

販売パッケージプラン 管理サーバーライセンス(「Control Room」) 開発ライセンス (「Bot Creator」)) 実行ライセンス (「Bot Runner」))
「エントリーパック」 1 3 1
「エンタープライズパック」 3 10 5

(注)

※ 表内の数字は各パッケージに含まれるライセンス数です。
※ 各ライセンスは追加購入が可能です。

オプションサービス

RPAのスムーズな導入を支援する各種オプションサービスを用意。顧客への豊富なRPA販売実績や、ソフトバンク自社内でRPAを導入して得た知見を生かし、顧客のRPA導入効果の最大化をサポート。

開発スキルトレーニング 初めてのお客さまでもスムーズにロボット開発に取り組めるよう、基本的な開発手順を学ぶ集合研修を行います。
初期設定サービス エンジニアがAutomation Anywhere Enterpriseの初期設定を代行し、管理・運用機能について説明します。
開発支援サービス お客さまが指定する場所へエンジニアを派遣して、お客さまのロボット開発を支援します。
プレミアムサポート リモートデスクトップツールを用いて、お客さまのパソコン画面を遠隔で確認しながらサポートを行います。

 

ソフトバンクの社内では、RPAやAIなどのテクノロジーを活用し、約4,000人分の業務時間を創出して新規事業領域に人材再配置する「デジタルワーカー4000プロジェクト」を推進しており、その中で「Automation Anywhere Enterprise」のソリューションも積極的に活用している。

※1 各数値はAutomation Anywhere, Inc.調べ。(2019年10月2日時点)
※2 ガートナー「Market Share Analysis: Robotic Process Automation, Worldwide, 2
※3 NIST(National Institute of Standards and Technology:米国国立標準技術研究所)が発表する情報セキュリティーに関するさまざまな規格やガイドラインです。セキュリティーマネジメント、リスクマネジメント、セキュリティー技術、セキュリティーの対策状況を評価する指標、セキュリティー教育、インシデント対応など、セキュリティーに関して幅広く網羅した内容となっている。
※4 「Veracode」は、ウェブアプリケーションのぜい弱性を診断するクラウドベースのテストソリューションで、アプリケーションのぜい弱性の度合いを5段階のセキュリティーレベルで評価する。Level 5は最もセキュリティーレベルが高いことを指す。

提供元:ソフトバンク プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アルファ版をリリース

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アル…

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料を無料に

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料…

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始

エクス、中堅・中小企業に最適な『Owlgarden RPA』販売開始

エクス、中堅・中小企業に最適な『Owlgarden RPA』販売開始

採用業務に特化したRPA「BehaviorHR 求人票コントローラー」利用申込受付開始

採用業務に特化したRPA「BehaviorHR 求人票コントローラー」利用申込…

オープンハウス、AI・RPA技術を活用し不動産業務を自動化

オープンハウス、AI・RPA技術を活用し不動産業務を自動化