ログイン

  • TOP
  • ニュース・トレンド
  • アシスト、 RPAツール「Unified Functional Testing」を採用し、 導入から半年で業務時間を370時間削減

共有する

アシスト、 RPAツール「Unified Functional Testing」を採用し、 導入から半年で業務時間を370時間削減

~ ルーチン業務による「守りの人事」から、「攻めの人事」を目指す ~

アシスト ロゴ

株式会社アシスト(以下、アシスト)は、自社でライセンス販売・プロダクトサポートを提供するRPAツール「Unified Functional Testing」(以下、UFT)を、経営企画本部 人事管理部門で採用したことを発表した。

人事に関する全ての管理業務を担うアシストの人事管理部門では、社員のニーズや働き方改革など社会的背景に合わせた制度の見直し、独自の知見や人事データを活用した経営戦略サポートなど、「攻めの人事」を目指している。ところが、社員の増加や制度改正に伴うルーチン業務が増える中、限られた人員で「攻めの人事」を実現するには大幅な業務時間の削減が必至だった。中でも、勤務時間のチェックを担う勤怠管理システムのデータ抽出・加工は、単純作業でありながら、労務データという機密情報を扱うためミスが許されず、複数名でのチェック作業に膨大な工数がかかっていた。

そこで、データ抽出・加工業務といったルーチン業務を自動化するために、RPAツール「UFT」を採用した。UFTは、人事管理部門が利用する各種C/Sシステムとの親和性が高く、画像認識だけでなくオブジェクト認識も可能である点や、処理中の画面ショットを自動取得してエビデンスに利用できる点など、高い安定性と信頼性を備えている。UFTの導入後、半年間で以下の効果が得られた。

・20体の業務実行ロボットの作成により、業務時間を約370時間/年削減見込みである
・ミスが許されない勤怠管理業務を安定的に自動実行することにより、ヒューマンエラーを防止できた
・業務自動化がモチベーション向上につながり、人事管理部門のさらなる価値訴求に向けた活動に向かうことができた

アシストは今後、2020年までに500時間/年の業務時間削減を目指し、各種人事データを分析して経営戦略を実現する「攻めの人事」を推進しつつ、チームだけでなく部門全体へも横展開する予定とのこと。

アシスト 事例

提供元:株式会社アシスト プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

無料で使えるRPA「crawl.bat」リリース

無料で使えるRPA「crawl.bat」リリース

クラウドRPAのBizteX、人材紹介会社向け新ツール「BizteX mikke」(β版)をリリース

クラウドRPAのBizteX、人材紹介会社向け新ツール「BizteX mikke」(β版…

ソフトバンク、RPAソリューション「Automation Anywhere Enterprise」を販売開始

ソフトバンク、RPAソリューション「Automation Anywhere Enterprise」…

アイティフォー、 仙台銀行がRPAを導入、年間2,521時間の削減効果を見込む

アイティフォー、 仙台銀行がRPAを導入、年間2,521時間の削減効果を見…

ARとRPAを駆使したクラウドベースの簡単商標出願サイト「すまるか」をリリース

ARとRPAを駆使したクラウドベースの簡単商標出願サイト「すまるか」を…

キヤノンS&S、中小企業の見積作成と販売管理をRPAで完全自動化する「お手軽見積サービス」を提供開始

キヤノンS&S、中小企業の見積作成と販売管理をRPAで完全自動化す…

オートメーション・エニウェア、AIを活用したRPA-as-a-Serviceプラットフォームを提供開始

オートメーション・エニウェア、AIを活用したRPA-as-a-Serviceプラッ…

Cloud PARKとUiPathが連携、「自治体向けRPA配信サービス」の早期検証申込を10月から受付開始

Cloud PARKとUiPathが連携、「自治体向けRPA配信サービス」の早期検証…