共有する

ヒューマンリソシア、RPA担当者向けの独自eラーニング研修コンテンツを提供開始

~導入企業の約7割が「RPA人材の育成」に課題ありと回答、スキル向上を支援~

ヒューマンリソシアヒューマンリソシア

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で人材サービス事業を運営するヒューマンリソシア株式会社(以下、ヒューマンリソシア)は、RPAの活用において約7割の導入企業が課題としている「RPA人材の育成」を支援するため、新たにeラーニング研修の提供を開始する。

第1弾として、9月17日(火)より「WinActor®スタートアップ編」をリリース。これまで1,000社、6,500人を超えるユーザーにRPAスキル習得研修を実施してきた実績・ノウハウを活かした独自の研修コンテンツで、RPAユーザーのスキル向上と、企業のRPA活用を支援する。

ポイント

・RPAの普及に伴い、RPAを操作できる人材の育成が課題となっている
・時間や場所を問わず、効率的に学習できるeラーニング研修シリーズの提供を新たに開始
・コンテンツ拡充も計画しており、集合研修とeラーニングにて、RPAスキル習得を支援

ヒューマンリソシア WinActorスタートアップ編ヒューマンリソシア WinActorスタートアップ編_2

背景・概要

企業でのRPA活用が急速に広がる中、導入したRPAを社内に浸透させ、いかに活用するかに課題を抱える企業が増えている。ヒューマンリソシアにも、「RPAを担当する人材の育成が進まず、社内での利用が広がらない」という相談が多く寄せられているとのこと。実際、ヒューマンリソシアが実施したアンケート調査(※1)においても、約7割近くの企業が、RPA活用における阻害要因として「スキルを持った人材育成が難しい」と回答しているという。これは、第2位の「従業員の理解が得られない」(23%)を大きく上回っており、RPA活用の最大の課題と言える。

そこでヒューマンリソシアは、RPAユーザーがスキルを習得できる環境として、時間や場所を選ばずに受講できるeラーニング研修シリーズの提供を、9月17日(火)より開始した。第1弾は、WinActor®をこれから使用する方、使用経験が浅い方を対象とした「WinActor®スタートアップ編」。受講時間70分、受講料2,000円(税別)と、気軽にスキルアップを図ることができるとのこと。

コンテンツは、RPA教育分野にて実績とノウハウを有するヒューマンリソシアが独自に開発したもの。今後は順次、中級者向け、上級者向けコンテンツのリリースも予定しているとのこと。

※1 「WinActor®導入企業における 開発/運用の実態把握のアンケート調査結果」より。WinActor®ユーザー企業の担当者を対象に、2019年8月に実施。有効回答数149件。

提供元:ヒューマンリソシア プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事