ログイン

共有する

ヒューマンリソシア、東京都文京区とRPAプロジェクトを開始

RPAを活用した業務の自動化で、2019年度内に約1,000時間分の自動化を目指す

ヒューマンリソシアヒューマンリソシア

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で人材サービス事業を運営するヒューマンリソシア株式会社(以下、ヒューマンリソシア)は、東京都文京区にRPAを活用した業務自動化・省力化サービスの提供を開始した。
2019年度内には10の課に導入し、年間約1,000時間分の業務自動化を計画している。文京区のRPAプロジェクトを支援することで、区政業務の効率化、区民へのサービス品質向上、さらには職員の働き方改革の推進に寄与するとのこと。

RPAプロジェクトのポイント

・東京都文京区にRPAを導入し、事務業務の自動化を支援
・2019年度においては、年間約1,000時間分の業務自動化を計画
・効率化により、区民サービスの向上ならびに職員の働き方改革を推進

概要

東京都文京区は、区政事務業務の効率化や区民サービスのさらなる品質向上、また職員の「働き方改革」推進に向けた取り組みとして、今年度よりRPAプロジェクトを発足。同プロジェクトのパートナーとして、RPAの導入から活用までを包括的に支援する体制をもつヒューマンリソシアが選定された。

このプロジェクトでは、導入対象となる各部門自らがRPAを活用・推進していく体制を築き、RPAを最大限に活用していくことを目指す。

2019年6月より、ヒューマンリソシアRPAプロジェクトチームが、導入対象部門への説明会開催とRPA操作研修の実施を重ねてきた。さらには、ヒューマンリソシアRPAエンジニアによる技術サポートを提供するなど、包括的に支援している。

既に、区民サービスの電子申請受付業務など、一部の業務においてはRPAによる自動化を実現している。今年度中には、対象となる10の課に導入し、区全体で年間約1,000時間分のRPA化を見込んでいるとのこと。

RPAサービス・RPA化対象業務RPAサービス・RPA化対象業務

今後の展開

このプロジェクトにおいては、年間約1,000時間分の業務自動化の実現に向けて取り組むとともに、効果検証を行い、次年度以降、全庁横断的なRPA活用を目指す計画。
ヒューマンリソシアとしては、RPAの活用で人的ミスの削減や作業時間の短縮などの効率化を実現し、それによって生まれた余力を区民サービス向上や区職員の働き方改革の推進につなげようとする文京区の取り組みを、現場に寄り添いながらサポートしていくとのこと。

提供元:ヒューマンリソシア  プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

株式会社NTTデータ九州、福岡市とAI-OCR・RPAの活用による業務効率化の検証を実施

株式会社NTTデータ九州、福岡市とAI-OCR・RPAの活用による業務効率化…

ヒューマンリソシア、RPA担当者向けの独自eラーニング研修コンテンツを提供開始

ヒューマンリソシア、RPA担当者向けの独自eラーニング研修コンテンツ…

Blue Prism「Enterprise V6.6」のリリースを発表

Blue Prism「Enterprise V6.6」のリリースを発表

医療の質と安全のさらなる向上を目指してRPA活用で医療機関が連携へ  ──「一般社団法人メディカルRPA協会」発足に伴い共同記者会見を実施

医療の質と安全のさらなる向上を目指してRPA活用で医療機関が連携へ …

面倒なデータ分析業務をRPA化「アナリティクスRPA」サービス開始

面倒なデータ分析業務をRPA化「アナリティクスRPA」サービス開始

東京歯科大学市川総合病院が「BizRobo!」を導入、医療従事者向けロボットとして運用開始

東京歯科大学市川総合病院が「BizRobo!」を導入、医療従事者向けロボ…

富山県南砺市「UiPath」の本格導入を開始

富山県南砺市「UiPath」の本格導入を開始

株式会社チュートリアル、開発・運用リスクなしで、業務を自動化。成果報酬型のRPA登場!

株式会社チュートリアル、開発・運用リスクなしで、業務を自動化。成…