ログイン

  • TOP
  • ニュース・トレンド
  • 東京歯科大学市川総合病院が「BizRobo!」を導入、医療従事者向けロボットとして運用開始

共有する

東京歯科大学市川総合病院が「BizRobo!」を導入、医療従事者向けロボットとして運用開始

RPAテクノロジーズ株式会社(以下、RPAテクノロジーズ)は、東京歯科大学市川総合病院(以下、市川総合病院)の院内にて、2019年7月より、RPAテクノロジーズが提供するRPAツール「BizRobo!」の本格導入を開始した。直接、医療従事者を支援するRPAロボット「BizRobo!」の運用開始は、国内初の取り組みとのこと。

RPAテクノロジーズRPAテクノロジーズ

市川総合病院では、2018年6月、民間企業におけるRPAを活用した様々な事例を踏まえ、院内におけるRPA導入検討を開始した。

主に、以下のRPA活用領域を設定し、最先端となる取り組みを実施していく事で、様々な経営課題の解決を目指しているとのこと。
1.RPAを活用し、医療の質と安全の向上を実現
2.事務職員の業務をRPAに任せ、医師事務補助の拡大による医師の働き方改革への貢献
3.電子カルテと部門システム間のリアルタイム性を重視しない接続にRPAを活用
4.RPA+AIの融合による効率化を実現

2018年11月からはRPAテクノロジーズと医療分野の戦略的パートナーであり「BizRobo!」の販売代理店でもあるスカイライトコンサルティング株式会社(以下、スカイライトコンサルティング)の支援を得て、トライアルを実施し、電子カルテシステム、医事会計システム、及び画像診断システム等15種類にも及ぶ診療ネットワーク上のシステムとBizRobo!との疎通確認を行った。
同院の主要な診療支援システムと「BizRobo!」との相性の良さが確認されたため、活用領域①「RPAを活用し、医療の質と安全の向上を実現」と関連するロボットを構築し、一部試験運用を経て、2019年7月よりRPAの本格導入に踏み切った。

東京歯科大学市川総合病院東京歯科大学市川総合病院

実施例

医療安全支援等を目指した医療従事者向けロボットの構築

「CTとMRI画像診断における医師の未読患者リストを抽出し、レポートを印刷するロボット」
・今後、放射線以外のレポート未読についても着手する予定。

「血液検査の結果、eGFR値が基準値以下で翌日以降の検査予定の患者リストを抽出するロボット」
(eGFR値が基準値以下の場合はCTとMRI検査時の造影剤投与が禁止されているため)
・2019年10月より試験運用を開始する予定。

提供元:RPAテクノロジーズ プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アルファ版をリリース

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アル…

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料を無料に

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料…

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始

エクス、中堅・中小企業に最適な『Owlgarden RPA』販売開始

エクス、中堅・中小企業に最適な『Owlgarden RPA』販売開始

採用業務に特化したRPA「BehaviorHR 求人票コントローラー」利用申込受付開始

採用業務に特化したRPA「BehaviorHR 求人票コントローラー」利用申込…

オープンハウス、AI・RPA技術を活用し不動産業務を自動化

オープンハウス、AI・RPA技術を活用し不動産業務を自動化