ログイン

  • TOP
  • ニュース・トレンド
  • 株式会社チュートリアル、開発・運用リスクなしで、業務を自動化。成果報酬型のRPA登場!

共有する

株式会社チュートリアル、開発・運用リスクなしで、業務を自動化。成果報酬型のRPA登場!

株式会社チュートリアル(以下、チュートリアル)は、同社の提供するクラウド型RPA Robotic Crowdを用いた成果報酬型のRPAサービス『動いてナンボ!』の試験提供を開始する。

Robotic Crowd「動いてナンボ!」成果報酬型RPA『動いてナンボ!』

■ サービス提供の背景

「この作業はRPAで自動化できますか?」─これは、RPAを検討している企業からもっとも多い問い合わせで、事実、対象業務が本当に自動化できるのかどうかは、RPA導入にあたって本質的な問いである。専門家がヒアリングを行えば見極め可能だが、中堅・中小企業では社内に専門家がいることはほとんどない。

しかし、外部に開発や設計を依頼する費用負担を避けるため、「まずは自社でやってみよう」と考える企業も多く見られる。そうすると今度は、また、はじめに戻ってしまい、「本当にできるのか?」という開発リスクが障害となり、なかなかRPA導入に踏み切れない状況もあるとのこと。

また、RPAは実行する環境やシステムの仕様変更などでロボットが止まってしまうこともあるので、安定的な運用を実現するためには、日々のカイゼン活動が欠かせない。歩留まりカイゼンは社内に蓄積されるノウハウになるため、自社で行うのが理想的だが、開発を外部に委託していると運用だけを自社で行うことは現実的に難しく、かと言って、運用も外部に委託することは中堅・中小企業にとってはさらに難しい判断が必要とされる。

このようなリスクを回避し、コストを確実に回収するために、全社で「自動化する業務の洗い出し」から始めることもよく耳にするが、それもまた、自動化を妨げる要因となってしまっている。

このような背景から、このサービスの試験提供を開始することとした。

■ 企業側のリスクを最小限に抑える「成果報酬型サービス」の特徴

『動いてナンボ!』は、RPA導入における企業側の開発・運用リスクをゼロにするべく、成果報酬型のRPAサービスとなっている。顧客は、RPA導入により効率化された業務分だけ費用負担すればよく、導入に関わるリスクが大幅に軽減される。

RoboticCrowd

 

このサービスは、チュートリアルの製品 Robotic Crowd の特徴である「高い柔軟性とクラウド型ならではの再現性の高さ、リモートでの監視・管理機能」を、同社RPAエキスパートの豊富なノウハウで運用することにより、提供可能となった。

顧客は、チュートリアルのもつ様々なユースケースから自動化する業務を選ぶものと、チュートリアルのRPAエキスパートが顧客の要望をヒアリングし、自動化する対象業務を開発するものの2パターンがあり、いずれもチュートリアルで開発・運用までを一元的に管理し、隔週で成果報告を行う。

RoboticCrowd

また、チュートリアルが開発・運用を行う成果報酬型のサービスとは別に、同製品を用いて顧客自身でワークフローの作成・実行・管理をすることも可能だが、自社開発のワークフローについては成果報酬型課金の対象外となる。当サービスの価格は対象業務の数、複雑さにより都度見積もりとなるが、自動化が成功した分だけの請求となり、自動化に失敗した分については課金の対象外となるため、開発・運用リスクを最小限にしてRPAの導入ができる。

RoboticCrowd

 

チュートリアルが保有するユースケースの例としては、取引先与信管理(反社チェック)、広告の実績情報の取得と登録、採用媒体のデータの取得、リクルーティングのスカウト送信、募集要項の更新、求人案件の取得、不動産賃貸物件の申込者登録、保険の申し込み審査状況の取得などがある。
今回、提供を開始するユースケースとしては、広告、人材業務を対象としている。業務がユースケースと一致すればすぐさま自動化可能となる。

提供元:PR TIMES プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

株式会社NTTデータ九州、福岡市とAI-OCR・RPAの活用による業務効率化の検証を実施

株式会社NTTデータ九州、福岡市とAI-OCR・RPAの活用による業務効率化…

ヒューマンリソシア、RPA担当者向けの独自eラーニング研修コンテンツを提供開始

ヒューマンリソシア、RPA担当者向けの独自eラーニング研修コンテンツ…

Blue Prism「Enterprise V6.6」のリリースを発表

Blue Prism「Enterprise V6.6」のリリースを発表

医療の質と安全のさらなる向上を目指してRPA活用で医療機関が連携へ  ──「一般社団法人メディカルRPA協会」発足に伴い共同記者会見を実施

医療の質と安全のさらなる向上を目指してRPA活用で医療機関が連携へ …

面倒なデータ分析業務をRPA化「アナリティクスRPA」サービス開始

面倒なデータ分析業務をRPA化「アナリティクスRPA」サービス開始

ヒューマンリソシア、東京都文京区とRPAプロジェクトを開始

ヒューマンリソシア、東京都文京区とRPAプロジェクトを開始

東京歯科大学市川総合病院が「BizRobo!」を導入、医療従事者向けロボットとして運用開始

東京歯科大学市川総合病院が「BizRobo!」を導入、医療従事者向けロボ…

富山県南砺市「UiPath」の本格導入を開始

富山県南砺市「UiPath」の本格導入を開始