ログイン

  • TOP
  • ニュース・トレンド
  • 「手書きAI OCRソリューション」を活用し業務プロセスの最適化を実現~デジタルソリューションを横浜銀行に導入~

共有する

「手書きAI OCRソリューション」を活用し業務プロセスの最適化を実現~デジタルソリューションを横浜銀行に導入~

tegaki ロゴ

株式会社 Cogent Labs(以下、コージェントラボ)とキヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下、キヤノン MJ) は、株式会社横浜銀行(以下、横浜銀行)と共同で「手書き AI OCR ソリューション」とRPA を組み合わせたデジタルソリューションを構築した。これにより、紙文書の入力から基幹業務連携までの一連の業務フローを最適化することで、顧客の業務プロセスの変革を実現し働き方改革を支援するとのこと。

近年の働き方改革により、生産性向上のためRPAやAIを活用し業務の自動化に取り組む企業が増加する一方、RPA 単体の導入だけでは効果が出にくく、業務プロセス全体をどう見直すかが課題になっている。このような課題に対応するため、キヤノン MJ は、高精度なOCR技術やAIを活用し、紙文書をデジタル化する多彩なソリューションを展開し、顧客とともに業務プロセスの最適化を実現してきた。

横浜銀行は銀行をとりまく経営環境が厳しさを増す中、本部事務の効率化、行員の生産性向上による営業面の強化を図るため、2017 年にRPAの導入を始めた。一方、RPAの導入を推進していく上では紙文書を介在する業務が多く、対象業務を拡大するためにはRPAだけでなく、紙から手入力するインプット業務の効率化が課題となっていた。
キヤノン MJとコージェントラボは、横浜銀行の業務の自動化率を高めつつ、高度なセキュリティ対策を担保したいという要望を受け、イメージエントリーシステムと手書きAI OCRエンジンを連携するソリューションを構築した。当初は、インターネットバンキングや融資の申込書など年間約24,000件のデータを対象に紙文書の入力から業務システムに連携する一連の業務のデジタル化、自動化を実現し、約40%の時間短縮を目指す。今後、横浜銀行はさらに対象帳票の拡大を行い、業務効率化を推進していくことでコスト削減を拡大していくとのこと。

キヤノン MJ は2017年11月より「手書きAI OCRソリューション」の提供を開始した。キヤ ノンの画像処理技術によるOCR開発キット「Rosetta-Stone-Components」の画像補正や文字認識 技術により読み取りやすい画像を作成した上で、手書き文字をすばやく高精度にデータ化して 必要な情報を抽出する。コージェントラボの「Tegaki」と連携し、AI によりデータを処理する。そのため、ディープラーニングで学習させるため読み取り精度を継続的に向上させることが可能とのこと。

コージェントラボ 横浜銀行

提供元:株式会社 Cogent Labs プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アルファ版をリリース

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アル…

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料を無料に

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料…

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始

エクス、中堅・中小企業に最適な『Owlgarden RPA』販売開始

エクス、中堅・中小企業に最適な『Owlgarden RPA』販売開始

採用業務に特化したRPA「BehaviorHR 求人票コントローラー」利用申込受付開始

採用業務に特化したRPA「BehaviorHR 求人票コントローラー」利用申込…

オープンハウス、AI・RPA技術を活用し不動産業務を自動化

オープンハウス、AI・RPA技術を活用し不動産業務を自動化