• TOP
  • ニュース・トレンド
  • FPTジャパンホールディングスとエル・ティー・エス、合弁会社の設立に関するお知らせ

共有する

FPTジャパンホールディングスとエル・ティー・エス、合弁会社の設立に関するお知らせ

FPTジャパンホールディングス株式会社(以下、FPTジャパン)は、株式会社エル・ティー・エス(以下、LTS)と2019年7月18日開催の取締役会において、合弁会社設立の決議をした。

FPT×LtsFPTジャパンホールディングスとエル・ティー・エス

世界21か国におけるデリバリーセンターより、RPAをはじめとした多くのサービスを提供しているでFPTジャパンと、企業変革・働き方改革・デジタルシフトを支援する事を掲げその実行手段のひとつとしてRPA導入を支援するLTSは、2019年2月8日付で公表した「株式会社エル・ティー・エスと資本提携および合弁会社設立を見据えた業務提携のお知らせ」のとおり、双方の顧客およびユーザ基盤の拡大を目指し協業を進めていたが、このたび、提携関係を強化・加速させるべく、共同出資による合弁会社の設立について合意し、2019年7月18日開催の取締役会において、下記の通り決議したので、お知らせする。

■合弁会社設立の目的

昨今、デジタルトランスフォーメーションによる市場の創造・変革は、事業領域への先見性と高度なテクノロジーを持つ一部の企業によって実現されている。事業サイドの戦略立案やプロセス構築とそれを実現する基盤となるテクノロジーの実証・開発は、段階的に進める従来のスタイルから、同時並行で試行・拡大していく「ビジネスとテクノロジーの融合」モデルに変化している。

このような状況を踏まえ、多岐にわたるテクノロジー導入や製造工程のデジタル化等の豊富な実績を保有するFTPジャパンと事業戦略策定やプロセス再構築からテクノロジーやデータの活用に向けたビジネスサイドのコンサルティング領域に強みを持つLTSの強みを組み合わせることにより、さらに多くの顧客に向けたデジタルトランスフォーメーション推進の実現を目指すことで合意した。ビジネスとテクノロジーの融合によるサービス提供体制をより強固で有機的なものとすべく、業務提携によるサービス提供から一歩踏み出し、合弁会社の設立によるデジタルトランスフォーメーション事業を推進していくとのこと。

■合弁会社の概要

名称:FPTコンサルティングジャパン株式会社
所在地:東京都港区(予定)
代表者の役職・氏名:代表取締役社長 グェン・フゥ・ロン(Nguyen Huu Long)
事業内容:デジタルトランスフォーメーション、プロジェクトマネジメント、ITを活用した業務改善及び経営に関するコンサルティング
設立年月日:2019年7月25日(予定)

■合弁会社における取り組み

合弁会社として設立する「FPTコンサルティングジャパン株式会社」では、FPTジャパンが豊富に抱えるデジタル系人材やエンジニアとLTSのリードにより上流のコンサルティングフェーズを捌くことのできる市場から採用したコンサルタントと共に、より多くのデジタルトランスフォーメーションに関するコンサルティング機会を捉え、より多くの人材を育成していくことで、戦略から実行までをフルサポートできる、デジタルトランスフォーメーションコンサルティング会社として事業を展開していくとのこと。

提供元:FPTジャパンホールディングス株式会社 プレスリリース詳細

新着のコメント

Tsutomu Asari

RPALT静岡のスポンサーさんが変わりますね。

2019年8月29日01:52

ログインしてコメントする

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事