ログイン

共有する

都築電気、会計システムとWinActor®で決算書類作成支援サービスを提供開始

~勘定科目内訳明細書の自動化により、経理業務の負荷軽減~

都築電気 ロゴ都築電気

都築電気株式会社(以下、都築電気)は6月25日、「会計システム×RPAツール『WinActor®』 決算書類作成支援サービスパック」の提供を開始する。
本製品は、顧客が利用中の会計業務システムとRPAツール「WinActor®」を連携させ、顧客の環境を問わず共通化できる「預金」「売掛金」「買掛金」の3種類の「勘定科目内訳明細書」を自動作成するシナリオを提供することで、法人税申告にかかる作業負荷軽減を支援するものとなる。
都築電機では本製品をはじめ、OCR連携サービス等RPAサービスの拡充を行い、3年後にはRPA関連ビジネス累計20億円の売上を目指すとのこと。

背景

「勘定科目内訳明細書」とは、貸借対照表および損益計算書の各勘定科目の内訳明細書として、所轄の税務署への提出が法人に義務付けられている書類。「預金」「買掛金」「売掛金」など全16種類の内訳書があり、準備のためには社内の各所から情報を取得し整理する必要がある。また、それぞれの内訳書には記載についての細かい注記書きがあり、経理部門にとって負荷の高い業務となっている。

製品の特長

(1)自動化により、内訳書作成にかかる時間を削減
(2)各内訳書の注記書きに対応、ヒューマンエラーを防止
(3)毎年国税庁の様式と照合し、常に最新のルールに対応

都築電気 サービス概要サービス概要

「預金」「売掛金」「買掛金」についてRPAシナリオを提供する。その他科目については、顧客の運用と希望に合わせ構築する。

提供元:都築電気株式会社 プレスリリース詳細

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アルファ版をリリース

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アル…

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料を無料に

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料…

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始

エクス、中堅・中小企業に最適な『Owlgarden RPA』販売開始

エクス、中堅・中小企業に最適な『Owlgarden RPA』販売開始

採用業務に特化したRPA「BehaviorHR 求人票コントローラー」利用申込受付開始

採用業務に特化したRPA「BehaviorHR 求人票コントローラー」利用申込…

オープンハウス、AI・RPA技術を活用し不動産業務を自動化

オープンハウス、AI・RPA技術を活用し不動産業務を自動化