ログイン

共有する

凌芸舎、Q&A botの作成サービス「Q&A BOT for LINE WORKS」をリリース

サービスページでは導入事例も公開、LINE WORKSの導入コンサルティングからBot開発までをワンストップでサポート

LINE WORKSLINE WORKS

LINEWORKSの正規代理店でもある株式会社凌芸舎(以下、凌芸舎)は2019年5月27日、LINEのビジネス活用を目的とした「LINE WORKS」上で使用可能なbot作成サービス「Q&A BOT for LINE WORKS」をリリースした。

Q&A BOT for LINE WORKS 概要

業務上の1対1や複数メンバー間での円滑なコミュニケーションや顧客とのやり取りに利用できる通常のLINEWORKSのサービス機能はそのままに、任意のbotを作成し社員全体に一斉に情報配信や問いかけを送ることが可能なサービス。○×で回答を求める問題や選択式の問題をbotから一斉配信し社員の資格取得サポートや社員教育の効率化ツールとしてご活用いただける他、業務上の一斉連絡や安否確認連絡などビジネスシーンの様々なコミュニケーション用途に活用できる。

主な機能主な機能

Q&A BOT for LINE WORKS導入企業が使える管理画面からbotの作成、問題の配信設定、配信対象者の増減などを簡単に行うことができ、配信した問題の回答率・正誤率などの分析も実施できる。

Q&A BOT for LINE WORKS 導入事例

大手小売企業にて、販売上資格が必要な商品を取り扱う従業員向けの資格取得学習支援のために「Q&A BOT for LINE WORKS」を活用、模擬問題配信の取り組みを開始した。

数百人規模の学習支援として、モチベーションの高い従業員、資格取得見込みの高い従業員の分析など、費用も人的コストも低コストで実現した。

Q&Aだけではない活用方法

サービス名称として「Q&A BOT for LINE WORKS」としているが、導入企業のニーズ、企業規模に応じてQ&A用途以外での活用も可能。

「Q&A BOT for LINEWORKS」の活用例

・返答を必要としない一斉配信:全社員への一斉業務連絡での活用
・返答を必要としないアンケート:社員の意識調査などの簡単な各種調査での活用
・安否確認:Yes/No形式等の簡単な形式で返答できる安否確認での活用
・社員の理解度の調査:新卒・中途入社社員の定着度調査、モチベーション調査等での活用

上記は一例だが、資格取得などの学習領域以外にも活用方法次第で幅広く活用できる。

Q&A BOT for LINE WORKSQ&A BOT for LINE WORKS

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

TIS、AI-OCRとRPAを組合せた自動化シナリオを実現「帳票振り分けAIサービス」の提供を開始

TIS、AI-OCRとRPAを組合せた自動化シナリオを実現「帳票振り分けAIサ…

米UiPath社、Deloitte社の2019年版「Technology Fast 500」において 北米で最も急成長している企業の第1位に

米UiPath社、Deloitte社の2019年版「Technology Fast 500」において …

RPAテクノロジーズ、RPA人材育成のための研修所を全国に開設、初拠点は福岡

RPAテクノロジーズ、RPA人材育成のための研修所を全国に開設、初拠点…

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アルファ版をリリース

C-RISE、無料で簡単に使える、クラウド型RPAサービス『C-BOT』、アル…

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

広島テレビが販売するRPAシステムを大手映像コンテンツ制作会社が導入

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料を無料に

オートメーション・エニウェア、期間限定で「マスター」の認定試験料…

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始

CTC、UiPathの遠隔運用サービスを開始