• TOP
  • ニュース・トレンド
  • MIT、AIによる乳がん予測で「有意な」発見率向上。6万人分のデータ学習、人種格差も解消

共有する

MIT、AIによる乳がん予測で「有意な」発見率向上。6万人分のデータ学習、人種格差も解消

MITコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)とマサチューセッツ総合病院の研究チームが、AIを使った新しいマンモグラフィー検査の方法を開発しました。深層学習モデルによって鍛えたAIは、5年以内に乳がんを発生すると予測される乳房X線写真を検出します。これまでに開発されたモデルでは、どういうわけか白人と黒人によって検出精度が異なりましたが、新たなモデルではその差もないとのこと。

続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事