ログイン

共有する

「AI・ロボティクス部会」発足。日本CFO協会×日本RPA協会

AI・ロボティクス部会

一般社団法人日本CFO協会は一般社団法人日本RPA協会と提携し、経理・財務部の業務自動化や高度化を促進する取り組みとして「AI・ロボティクス(RPA)部会」を発足することを発表しました。

昨今、日本企業の経理・財務部では、海外展開や事業拡大だけでなく、IFRS(国際財務報告基準)や会計コンバージェンスにより複雑化かつ高度化する会計・開示業務、分析・意思決定支援といった高いスキルを要する業務への対応も求められており、このような状況下では、現場業務のより一層の効率化や自動化、高度化が急務となっており、AI や RPAといった最新テクノロジーの活用に期待が寄せられています。

しかし、日本 CFO 協会が上場企業の経理・財務幹部を対象に実施した調査「CFO 部門におけるデジタルテクノロジー活用の現状と課題」によると、AI、RPA への関心や知識について「関心はあるが詳しくは知らない」という回答が圧倒的に多く(AI:74%、RPA:61%)、実際の対策については手探りの段階であることが明らかになりました。

日本CFO協会では、こうした財務・経理現場の課題に応えるため、一般社団法人日本RPA協会の協力のもと「AI・ロボティクス部会」の発足に至ったことを説明しています。

「AI・ロボティクス部会」の開催日程・参加費用等の詳細につきましては こちらからご確認ください。
http://www.cfo.jp/study_and_interaction/ai_lobo/

【ダウンロードPDF】
http://www.cfo.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/06/release_robotics.pdf

この記事にコメント

関連記事

RPAテクノロジーズ、名古屋支社開設

RPAテクノロジーズ、名古屋支社開設

RPAソリューション「Autoジョブ名人」新発売 ーWindowsアプリに対応ー

RPAソリューション「Autoジョブ名人」新発売 ーWindowsアプリに対応ー

富士通、「ACTIBRIDGE」により次世代のワークスタイルを実現

富士通、「ACTIBRIDGE」により次世代のワークスタイルを実現

ヒューマンホールディングス、RPAを全社へ導入

ヒューマンホールディングス、RPAを全社へ導入

株式会社2.1、宮崎市に日本初の「RPAマニュアルセンター」を設置

株式会社2.1、宮崎市に日本初の「RPAマニュアルセンター」を設置

RPAテクノロジーズとイージェーワークスが「Blue Prism」のサブリセラー契約を締結

RPAテクノロジーズとイージェーワークスが「Blue Prism」のサブリセラー契約を締結

RPA診断改修サービス「ROBOPIT!」の提供を開始

RPA診断改修サービス「ROBOPIT!」の提供を開始

「RPA Robo-Pat」ユーザインタフェースの大幅リニューアル

「RPA Robo-Pat」ユーザインタフェースの大幅リニューアル