ログイン

共有する

音声感情解析AIのEmpathとコールセンターBPOのTMJが事業提携

音声感情解析AI 「Empath」を開発する株式会社Empath (以下Empath)は、コールセンターBPOの提供を行うセコムグループの株式会社TMJ(以下、TMJ)と音声感情解析を用いたコールセンター・サービスの構築のため、2018年12月27日に事業提携契約を締結した。本事業提携契約締結により、Empathの音声感情解析AIとTMJのコールセンターBPO領域における知見に基づいたコールセンターAIを両社で共同開発し、応対品質向上による成約率増加ならびにオペレータ・ケアによる離職率低減を推進する。

■事業提携の背景と目的
コールセンターでは、各オペレータの応対品質のばらつきが問題となっており、品質の平準化ならびに向上が課題となっている。この応対品質を向上させることで、アウトバウンド・コールでの成約率増加が期待されている。また、オペレータの離職率も高くなっており、採用、教育のコストの観点から、離職率の低減も近々の課題となっている。この2つの課題を解決するために、Empathによる音声感情解析とTMJのコールセンターBPO領域における知見を掛け合わせることで、新しいコールセンターAIを共同開発していく。

(1)応対品質の向上と成約率の増加
2015年から2016年にかけて行われたTMJとの共同研究では、アウトバウンド・コールの獲得品質に、オペレータのモチベーション・感情表現が寄与していることが明らかになっている。そこで、応対品質の平準化および向上のため、オペレータの感情を解析することで、オペレータがより顧客の感情に即した適切な応対をすることを実現する。顧客の感情に即した応対を可能にすることで、成約率の増加が期待されている。
また、顧客の感情を可視化することで、購買行動と顧客の感情との相関関係を導き、成約率を増加させます。これまでの両社の共同研究の成果では、特定の感情値と成約率との相関が明らかになっている。こうした成果を踏まえ、顧客の感情解析に基づき、オペレータにリアルタイムにAIから指示に与えることで成約率を向上する。

(2)オペレータ・ケアによる離職率低減
Empathを活用することで、オペレータのメンタル・ヘルスケア、ならびに離職率防止を実現する。音声感情解析を搭載したコールセンターAIにより、各オペレータの気分状況の把握し、不調な状態が続いた場合には、上司からのサポートを速やかに受けられる仕組みを作る。こうしたサポートを通じて、コールセンターでの仕事によりやりがいを感じることにより、オペレータがより働きやすく、長期間働き続けられる職場作りを目指す。今後、両社は今回共同開発するコールセンターAIをTMJ内で活用、その後外部パートナーにも販売していく予定である。

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

■株式会社TMJ概要

 

 

TMJは、株式会社福武書店(現・株式会社ベネッセコーポレーション)のインハウスコールセンターより独立分社化する形で1992年に設立。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコールセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供2017年には、セコムグループの100%子会社となり、より強固で安全性の高いグループネットワークを構築。
・設立  :1992年4月
・資本金 :100百万円(セコム株式会社100%)
・拠点  :東京、札幌、名古屋、大阪、岡山、北九州、福津、福岡、佐賀、熊本、鹿児島、上海、マニラ
・事業内容:コールセンターの調査・設計、運営、および、コールセンターの運営に関する人材開発、派遣、教育・研修、前後工程のBPO業務。企業内の人事系、総務系、経理系業務など、バックオフィス業務の受託・運営。FAQ・RPA・AI導入のコンサルティング。

■Empath Inc.概要

 

 

 

 

 

Empath Inc.は、音声から気分状態を可視化するエンジン「Empath®(エンパス)」を利用し、メンタルヘルス対策やマーケティング等に役立つアプリケーションを開発している。奈良先端科学技術大学院大学との共同研究や株式会社NTTドコモとの被災地支援事業で採用されたほか、ロボティックスやコールセンターなど幅広い分野で活用されている。海外でも注目を浴びており、アラブ首長国連邦内務省に正式に採用されたほか、開発者向けに提供しているWeb Empath APIは世界50か国以上で利用されている。また、ICT Spring 2018で開催されたPitch Your Startupで日本企業としてはじめて優勝、Viva Technology 2018でBest Startupに選出されるなど海外のピッチコンテストですでに8度の優勝をおさめている。

2019/01/07データ提供 PRTIMES

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

TIS、AI-OCR「Tegaki」を使った業務デジタル化ソリューションを展開

TIS、AI-OCR「Tegaki」を使った業務デジタル化ソリューションを展開

人工知能スタートアップのシナモン、AI-OCRを活用した「Flax Scanner受発注業務効率化サービス」を発表

人工知能スタートアップのシナモン、AI-OCRを活用した「Flax Scanner…

日本初!「AIアバター接客×EC連携インタラクティブサイネージ」による狭小デジタルストアの実証実験を開始 – UsideUがNTTデータと連携

日本初!「AIアバター接客×EC連携インタラクティブサイネージ」による…

業務支援プラットフォーム「G.A.T.E」~ワタミでの実証実験を開始~ネット広告配信の効果検証へ

業務支援プラットフォーム「G.A.T.E」~ワタミでの実証実験を開始~ネ…

ビズリーチ、RPAソフト「UiPath」を3部署15業務に導入、全社へと拡大

ビズリーチ、RPAソフト「UiPath」を3部署15業務に導入、全社へと拡大

RPAの導入効果を可視化する管理ツール「RPA Conductor」、UiPath向けにISIDが開発

RPAの導入効果を可視化する管理ツール「RPA Conductor」、UiPath向け…

ヒューマンリソシア 税金に関する質問にチャットが回答する「UTAXボット」を浦安市に導入

ヒューマンリソシア 税金に関する質問にチャットが回答する「UTAXボ…

ショーケース・ティービーが、Googleスプレッドシートを使った業務自動化サポートを提案

ショーケース・ティービーが、Googleスプレッドシートを使った業務自…