ログイン

共有する

ERPからEDIまで単一のRPAエンジンで自動化、インターコムがGRANDITのRPAソフトを採用

GRANDITとインターコムは2018年12月25日、単一のRPA(ロボットによる業務自動化)エンジンによって、両社のソフトウェアを同時に自動化できるようにしたと発表した。GRANDITのERP(基幹業務システム)ソフトとインターコムのEDI(電子データ交換)ソフトを組み合わせ、単一のRPAエンジンでERPからEDIまでの基幹系作業を自動化できる。

GRANDITは、ERPソフトウェア「GRANDIT」を提供している。2018年5月からは、GRANDITのオプションとして、RPAソフトウェア「RPA Solution for GRANDIT」を提供している。

一方のインターコムは、EDIソフトウェア「Biware EDI Station 2」を提供している。2018年12月21日からは、Biware EDI Station 2のオプションとして、RPAソフトウェア「Biware EDI Station Auto Web オプション」を提供している(関連記事:インターコム、Web-EDIの受注業務を自動化するRPAソフトを販売)。

インターコムでは、Web-EDIのWebブラウザ操作を自動化するためにRPAオプションを用意した。EDIプロトコルを用いたEDI処理については、これまでも業務フローとして定義して自動実行が可能になっていた。一方で、Webブラウザを介して対話型に実施するWeb-EDIの処理については、自動化できていなかった。

今回、インターコムが提供を開始したRPAオプションは、RPAのエンジンとして、GRANDITのRPAソフトを採用している。Biware EDI Station 2の業務フローにRPAソフトを組み込むためのモジュールを新たに用意し、これとRPAソフトを組み合わせてオプション製品とした。

GRANDITのRPAソフトを採用したことで、共通のERPエンジンを使って、ERPソフトとEDIソフトを組み合わせた業務処理を自動化できるようになった(図1)。例えば、EDIを起点にERPソフトにデータを入力するといった処理を開発しやすくなった。


図1:共通のRPAエンジンでERPソフトとEDIソフトを連携させる(出典:GRANDIT、インターコム)

引用元:IT Leaders プレスリリース詳細へ

2018/12/27データ提供 IT Leaders

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

TIS、AI-OCR「Tegaki」を使った業務デジタル化ソリューションを展開

TIS、AI-OCR「Tegaki」を使った業務デジタル化ソリューションを展開

人工知能スタートアップのシナモン、AI-OCRを活用した「Flax Scanner受発注業務効率化サービス」を発表

人工知能スタートアップのシナモン、AI-OCRを活用した「Flax Scanner…

日本初!「AIアバター接客×EC連携インタラクティブサイネージ」による狭小デジタルストアの実証実験を開始 – UsideUがNTTデータと連携

日本初!「AIアバター接客×EC連携インタラクティブサイネージ」による…

業務支援プラットフォーム「G.A.T.E」~ワタミでの実証実験を開始~ネット広告配信の効果検証へ

業務支援プラットフォーム「G.A.T.E」~ワタミでの実証実験を開始~ネ…

ビズリーチ、RPAソフト「UiPath」を3部署15業務に導入、全社へと拡大

ビズリーチ、RPAソフト「UiPath」を3部署15業務に導入、全社へと拡大

RPAの導入効果を可視化する管理ツール「RPA Conductor」、UiPath向けにISIDが開発

RPAの導入効果を可視化する管理ツール「RPA Conductor」、UiPath向け…

ヒューマンリソシア 税金に関する質問にチャットが回答する「UTAXボット」を浦安市に導入

ヒューマンリソシア 税金に関する質問にチャットが回答する「UTAXボ…

ショーケース・ティービーが、Googleスプレッドシートを使った業務自動化サポートを提案

ショーケース・ティービーが、Googleスプレッドシートを使った業務自…