ログイン

  • TOP
  • ニュース・トレンド
  • アクシオ、RPAの導入を容易にする「OnRPA™」の提供と“働き方改革アプライアンス”「RPAonRPA」の販売を同時開始

共有する

アクシオ、RPAの導入を容易にする「OnRPA™」の提供と“働き方改革アプライアンス”「RPAonRPA」の販売を同時開始

株式会社アクシオは、RPA(Robotic Process Automation)製品であるWinActorの導入を容易にする目的で自社開発したソフトウェア「OnRPA™」の提供を開始します。同時に、RPA環境とテレワーク環境を一つの筐体に収納した正に“働き方改革アプライアンス”である「RPAonRPA」の販売も開始します。販売開始時期は、2018年8月を予定している。

金融を中心に導入が進んだRPAですが、少子高齢化や働き方改革による労働時間の減少、BPOの高騰や企業競争力向上を目的として、現在では業種を問わず検討される企業が非常に多くなっている。しかし、RPAの導入では、専用PCが必要になることやPC環境により作成したシナリオがエラーしてしまうなど注意が必要となる。また、多拠点から利用する場合では、拠点ごとに専用PCを配置するためライセンスコストや端末管理も課題となっている。センターに専用PCを配置して、拠点からリモート接続して利用すれば、これらの課題は解決しますが、リモート接続中に他のユーザが接続した場合には、後着優先となり問題が発生する。

そこで開発したのが、「OnRPA™」である。「OnRPA™」は、専用PCの使用状況(空きPCまたは利用中PC)を表示し、空きPCのみに接続できるため、問題となるリモート接続時の後着優先問題を解決できる。
これにより、他拠点でのRPA利用時にも専用PCを共有することができ、ライセンスコストの低減とPC管理負荷の軽減が可能となっている。

また、シャーシ集約型PCである「リモートPCアレイ(RPA)」は、仮想化ハイパーバイザを用いずに容易にテレワーク環境を構築できる製品であるが、これにWinActorのRPA環境を構築し「OnRPA™」から接続することで、一つの筐体にテレワーク環境とRPA環境を収納することが可能となる。これら二つの環境はITを利用した代表的な働き方改革ソリューションであり、正に“働き方改革アプライアンス”であるとも言える。この環境を「RPAonRPA」として同時に販売開始する。

株式会社NTTデータからのエンドースメント
NTTデータは、このたびの「OnRPA™」、「RPAonRPA」の販売開始のご発表を心より歓迎いたします。 お蔭様でNTTデータの「WinActor」提供実績が1,000社様を超え、RPA国内実績No.1となりました。 純国産RPAソリューションである「WinActor」は、特別なスキルを身に着けることなく現場で簡単に使えるRPAツールというコンセプトで開発されたユーザ視点を大切にする製品です。 今回発表された「OnRPA™」もユーザ視点で「WinActor」の導入課題を解決するソリューションであると確信し、「WinActor」のご活用が加速されるものと期待しております。

株式会社NTTデータ
社会基盤ソリューション事業本部
ソーシャルイノベーション事業部
デジタルソリューション統括部
RPAソリューション担当
課長 中川 拓也

アセンテック株式会社からのエンドースメント
当社は、株式会社アクシオ様がこのたび、先進的な働き方改革アプライアンスである「RPAonRPA」の販売開始を歓迎いたします。 当社オリジナル製品「リモートPCアレイ(RPA)」は、低コスト、短期間でテレワークを実現するソリューションとして、多様な働き方が求められる昨今、高い注目を集めています。アクシオ様によって開発された「OnRPA™」のプラットフォームとして「リモートPCアレイ」が活用されることで、業務の自動化とテレワークが同時に実現されていくものと考えます。「RPAonRPA」の提供により、時間や場所を問わない働き方改革がさらに推進されることを期待します。

アセンテック株式会社
代表取締役社長 佐藤 直浩

■WinActorについて
WinActorは、NTTグループで研究・利用を続け開発された純国産のRPAソリューションであり、国内シェアNo.1のRPAツールとなる。Excel、ブラウザ、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリーケーションの操作をシナリオとして学習し、PC操作を自動化するソフトウェア型のロボットである。

■リモートPCアレイ(RPA)について
リモートPCアレイは、1Uの筐体に20台の物理PCカートリッジを搭載したハイパーコンバージド・ソリューションである。物理PCへのリモート接続を前提にした設計のためハイパーバイザが不要となり、設計・構築期間も劇的に短縮でき低コストでの導入が可能になる。
■WinActorラウンジ
・開催日時:2018年7月18日(水) 10:00~18:00
・会場  :ANAインターコンチネンタルホテル B1F
・主催  :NTTデータ
・講演  :展示:“OnRPA™”でRPAの導入課題を解決

引用元:株式会社アクシオ プレスリリース詳細へ 

【本件に関する問い合わせ先】
・株式会社アクシオ 事業推進本部 企画室 三上 秋田
 TEL:03-3491-0940 e-mail:info@axio.co.jp
*WinActorは、エヌ・ティ・ティ・アドバンテステクノロジ株式会社の登録商標です。

*その他の会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

2018/7/13データ提供 株式会社アクシオ

この記事にコメント

関連記事

第3回HRテクノロジー大賞で日本データビジョンが提供する「TAIS(Talent Acquisition Intelligence Service )」が採用サービス部門優秀賞を受賞

第3回HRテクノロジー大賞で日本データビジョンが提供する「TAIS(Talent Acquisition Intelligence Service )」が採用サービス部門優秀賞を受賞

TIS、RPA製品「UiPath」のゴールドパートナーに認定

TIS、RPA製品「UiPath」のゴールドパートナーに認定

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催