ログイン

共有する

テリロジー、自社開発のRPAツール「EzAvater」をリリース

株式会社テリロジーは、画像認識技術を活用した誰でも簡単にPCの定型業務を自動化するロボットが作成できるRPAツール「EzAvater」をリリースし、2018年7月2日(月)より提供を開始する。

最大の特徴は、「カンタン」に定型業務自動化ロボットを作成できることである。自社で定型業務自動化ロボットを作り、運用したいという方のために開発されたRPAツールである。

■EzAvaterの特徴
1.究極的にカンタン
​​ 画像認識技術により、3つのステップを繰り返すだけで業務自動化ロボットを作成できる。
2.止まらない
 エラーに強い例外処理機能を実装。万が一、定型業務自動化ロボットが停止してしまうことがあっても、次回から同じ現象や処理で止まらないように例外処理を登録することで安定稼働する。
3.アプリを問わない
 画像認識技術により、どんなアプリケーションでも自動化操作できます。
4.スモールスタート可能
 パソコン1台から導入可能で、導入効果を確認してから少しずつ定型業務自動化ロボットを増やすことが可能である。有償・無償のトライアルメニューをご用意しています。

自社でロボットを作成できるようになると、ロボット作成や運営を委託する必要がなくなり、コストを削減できる。また、実業務の担当者がロボットを作成できるため、誰かに自分の業務内容を伝えてロボットを作ってもらう時間が無くなるため、運用開始までの時間も大幅に短縮できる。これが、「カンタンなRPAツール」のメリットであり存在理由である。

■EzAvaterの定型業務自動化ロボット作成の流れ

画像認識技術を採用しているため、「ダブルクリック」などの操作内容と「アイコン」の画像の組み合わせだけで簡単にロボットを作成できる。

テリロジーは画像認識技術を用いた「ユーザー体感品質測定」と「操作自動化」を「CloudTriage QoEサービス」として多くの顧客にその技術をご利用いただいております。CloudTriage QoEサービスの画像認識技術は動画品質チェックにも採用されるほどの品質を有している。多様なニーズの中で磨き上げられた画像認識技術をベースに、徹底的に利用者の使いやすさを追求し、RPAツールの課題である「カンタン」を実現する。

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ 

■株式会社テリロジーについて
株式会社テリロジーは、1989 年に会社設立、エンタープライズLAN/WAN、ブロードバンド・アクセス、セキュリティ、ネットワーク管理の4つのソリューションを中核に、市場および顧客ニーズに対応したハードウェアからソフトウェアまでの幅広い製品を取り扱うネットワーク・インテグレータである。顧客は大企業や通信事業者を中心に300社を超え、ネットワーク関連ビジネスでは豊富な経験と実績を上げている。

【本件に関するお問い合わせ先】
・株式会社テリロジー
 テクノロジーソリューション営業統括部オートメーションテクノロジー営業部
 TEL:03-3237-3291 MAIL:ezavater@terilogy.com

2018/7/2データ提供 PRTIMES

この記事にコメント

関連記事

アクシオ、RPAの導入を容易にする「OnRPA™」の提供と“働き方改革アプライアンス”「RPAonRPA」の販売を同時開始

アクシオ、RPAの導入を容易にする「OnRPA™」の提供と“働き方改革アプライアンス”「RPAonRPA」の販売を同時開始

RPA国内最大規模イベント<BR/>「RPA DIGITAL WORLD2018」を開催

RPA国内最大規模イベント
「RPA DIGITAL WORLD2018」を開催

ヒューマンリソシア 第四銀行と業務提携し、RPA活用で企業の業務生産性向上を支援

ヒューマンリソシア 第四銀行と業務提携し、RPA活用で企業の業務生産性向上を支援

SHIFT、Automation Anywhere社と締結

SHIFT、Automation Anywhere社と締結

ソフトバンクとfreeeがRPAの普及に向けて協業

ソフトバンクとfreeeがRPAの普及に向けて協業

パーソルグループ、RPAで日本の労働力不足解消へ

パーソルグループ、RPAで日本の労働力不足解消へ

「RPA BANKマーケットプレイス(α版)」開設のお知らせ

「RPA BANKマーケットプレイス(α版)」開設のお知らせ

「BrainRobo」の3つの新サービスプランを提供開始

「BrainRobo」の3つの新サービスプランを提供開始