ログイン

共有する

RPAテクノロジーズ、ASTERIA WARP専用「BizRobo!アダプター」開発

RPAのベーステクノロジーとなる「BizRobo!」を提供するRPAテクノロジーズ株式会社と、インフォテリア株式会社は、企業データ連携(EAI/ESB)製品の国内市場において11年連続シェアNo.1製品であるインフォテリアのASTERIAシリーズ専用アダプターとして「BizRobo!アダプター」を開発し、β版(試用版)の提供を2018年7月4日から開始することを発表した。

RPAテクノロジーズは、2017年9月にインフォテリアとASTERIAサブスクリプションパートナー契約(※1)を締結し、RPAツール「BizRobo!」による手作業で行っていた業務の自動化と、企業データ連携ツール「ASTERIA」による基幹システムにおけるデータ連携の自動化、これらを両輪としたRPAソリューションの提供に貢献してきた。この両社の協業によって、RPAツール単体では煩雑だったExcelなどの複数のファイル間でのデータ加工処理や、数万件以上の大量データの処理などの効率化を実現していく。

RPAテクノロジーズとインフォテリアの協業をさらに進化させBizRobo!アダプターを追加することで、ASTERIA上でBizRobo!のコントロールがノンプログラミングで可能となるとともに、ASTERIAでRPAツールを介した業務フローの開発・実行を一元管理することが可能となる。両社製品の連携性が高まることで、開発工数・コストの削減と処理能力の高速化、さらには企業におけるRPAツールの活用シーンをより一層広げることに貢献していく。

■「BizRobo!アダプター」について

アダプター名称 BizRobo!アダプター β版
アダプターの機能概要 ASTERIAのフローデザイナー上からBizRobo!側の任意のロボットファイルを動かす定義(設定)がノンプログラミングで可能
販売価格(税別) β版は無償提供 ※別途BizRobo! 製品の契約が必要

2018年6月29日に参議院本会議で可決・成立した「働き方改革関連法」では、 「労働時間に関する制度の見直し(労働基準法、労働安全衛生法)」などが盛り込まれ、厚生労働省による法案概要によると「時間外労働の上限について、月45時間、年360時間を原則とし、臨時的な特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(休日労働含む)を限度に設定」とされるなど、2019年4月(※2)から残業時間に対する規制が厳しくなる。

また、諸外国に比べると労働生産性が低いことや「少子高齢化」などによる中長期的な労働力不足などが課題にされるなど、業務効率の向上は日本の全ての企業にとっての大きなテーマになっている。

RPAテクノロジーズとインフォテリアは、日本の労働環境における課題を解決する上でもBizRobo!とASTERIAの連携機能を強化することで、RPAツールの導入効果をより一層高めるとともに、RPAツールのカバー領域をより一層広げていく方針である。また、多様なシステムとの連携性も向上させていき、社内外のシステムやクラウド上のAI(人工知能)/Cognitive(認知技術)機能などとRPAツールがつながることで、RPAソリューションの価値や導入効果を更に高めていく。

引用元:インフォテリア株式会社 プレスリリース詳細へ 

■「BizRobo!」について
BizRobo!はホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボットであり、これまでにないニューマンパワーである。インターネット上の情報、社内データ、エクセルなどの保存データから必要な情報を収集、加工、集計、保存、スキャニングなどの多種多様な定型作業を代行する。ロボットが業務を代行するため、マンパワーよりも早く、正確でミスがないため、顧客のサービスレベル、品質、コストを改善することができる。現在、保険業界、流通・小売業界など幅広い業界で、このロボットを提供している。

■「ASTERIAシリーズ」について
EAI/ESB製品の国内市場において11年連続シェアNo.1製品である「ASTERIAシリーズ」は、異なるコンピューターシステムのデータを、ノンプログラミングで連携できるASTERIA WARPを主力製品とするミドルウェアである。メインフレームやクラウド上のサーバーから表計算ソフトまで、様々なシステム間の接続とデータの変換を行うロジックを複雑なプログラミングなしで行えることが評価されている。

■RPAテクノロジーズ株式会社について
・設立   :2013年7月
・本社所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
・代表者  :代表取締役社長 大角 暢之
・資本金  :3,000万円
・事業内容 :コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

■「インフォテリア株式会社」について
1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売している。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に6,771社(2018年3月末現在)の企業に導入されている。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,384件(2018年3月末現在)の企業や公共機関で採用されている。

※1:「ASTERIAサブスクリプション パートナー」(略称:ASP)は、小規模システムや特定製品、クラウド型サービスとの連携をターゲットとしたASTERIAシリーズの新ラインアップ「ASTERIA WARP Core」を中心とした月額課金サービスの販売を担うパートナーのことである。

※2:当法律の施行(適用)時期は、大企業は2019年4月、中小企業は2020年4月から

【本件に関する問い合わせ先】
・インフォテリア株式会社
 広報・IR室:長沼史宏
 TEL:03-5718-1297 MAIL:press@infoteria.com

2018/7/4データ提供 インフォテリア株式会社

この記事にコメント

関連記事

第3回HRテクノロジー大賞で日本データビジョンが提供する「TAIS(Talent Acquisition Intelligence Service )」が採用サービス部門優秀賞を受賞

第3回HRテクノロジー大賞で日本データビジョンが提供する「TAIS(Talent Acquisition Intelligence Service )」が採用サービス部門優秀賞を受賞

TIS、RPA製品「UiPath」のゴールドパートナーに認定

TIS、RPA製品「UiPath」のゴールドパートナーに認定

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催