ログイン

共有する

RPAクラウドサービス「BizRobo! DX Cloud」提供開始

RPAのベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社は、RPAの日本全国での大衆化を実現するため、誰でもどこでもデジタルレイバーを構築・稼働・共有できる大衆化の環境として、RPAクラウドサービス「BizRobo! DX Cloud」の提供を2018630日から開始することを発表した。

現在、生産労働人口の不足による働き方改革が求められる中で、ホワイトカラー業務の効率化・自動化を行うRPAが解決策として期待・注目されている。特に、労働力が不足している全国の中堅・中小企業では要望が高まっている。また、既存のRPAユーザーにおいても、端末にてRPAツールは導入したものの、部署・会社全体への展開の際に高コスト・ROIの問題でスケールが困難、他の最新技術(AIIoTOCR等)との連携においてスピーディな連携が難しい等、本質的にデジタルレイバーのスケールと高度化に際して、課題に直面している。

このような背景の中、RPA・デジタルレイバーのリーディングカンパニーであるRPAテクノロジーズでは、RPA・デジタルレイバーの普及阻害要因を解消し、速やかに日本全国での大衆化を実現するため、この10年事業推進してきたパートナー及び、顧客とともに培ったノウハウと環境を共有し、デジタルレイバーのスケールと高度化を実現するプラットフォーム「BizRobo! DX Cloud」の提供を開始する。

■「BizRobo! DX Cloud」 ーAll in One クラウドサービスーについて 
今回提供を開始するサービスは、これまでのRPA導入で得たRPAに関するノウハウやコンテンツと、運用に必要なソフトウェア、インフラを一括して提供するクラウドサービスである。スケール可能なサーバー/バックグラウンド型RPA「BasicRobo」運用機能を、顧客ごとの「プライベートクラウド」上に構築し、シングルテナント・従量課金式で利用が可能である。また、付帯サービスとしてRPAテクノロジーズが10年運用した経験に基づくナレッジベースサイト、WEB研修コンテンツ、サンプルロボット集や、その他サポートとしてユーザーコミュニティサイト、3ヶ月間の無償サポート、24時間のサーバー監視も合わせて提供していく。

「BizRobo! DX Cloud」特徴とメリットについて
1.シングルテナント
 顧客環境を専用に構築し、高セキュリティ環境を実現
2.スケーラビリティ
 唯一のバックグラウンド型RPAにより、無制限にロボットを構築、単一環境で稼働
3.デジタルレイバーの高度化
 紙業務を代行するDocument RPAや、AIモジュールとの連携・実装 *オプション・随時追加
 様々なテクノロジーとのアグリゲーションを実現
4.運用力の共有とシェア
 教育・サポートコンテンツの充実により、いち早く内製化
 各業界・機能を実装したロボットをシェアすることにより、即戦力のデジタルレイバーの採用が可能
5.コストパフォーマンス
 従量課金体系により、閑散期のコスト吸収が見込めるなど、安価にご利用が可能

「BizRobo! DX Cloud」で提供する付帯サービスについて

■価格 (※標準価格)について
・月額20万円〜(消費税抜)
※初期費用・サポート、高度化テクノロジーなどのオプションの構成により価格が変動する。

今後RPAテクノロジーズでは、ビジネスで培ってきたデジタルレイバーの「高度化 (Document RPA/ AI等)」のノウハウを、「BizRobo! DX Cloud」に順次実装し、日本全国にデジタルレイバーを「スケール」と「高度化」させることのできる環境を提供していく。そして、中小企業を含めた日本全国の企業が、デジタルレイバーの普及と内製化により、誰でも簡単に革新的な労働力を手に入れ、人間にしかできない業務を行い、生産性向上に取り組める世の中を作るべく、事業を推進していく。

■エンドースメントについて
本発表にあたり、RPAテクノロジーズはアビームコンサルティング株式会社、中国電力株式会社より、エンドースメントを受領している。

■「全国パートナーミーティング」について
「BizRobo! DX Cloud」の商品化にともない、日本全国で地産地消型のデジタルレイバービジネスを実現が可能になった。今回、全国パートナーミーティングとして2018年7月5日(木)にビジョンの共有及びクラウドを含めた製品の説明会を東京国際フォーラムにて開催する。全国の販売パートナー、テクノロジーベンダーとのコラボレーションにより、日本全国への大衆化を促進していく。

引用元:RPAテクノロジーズ株式会社 プレスリリース詳細へ 

■RPAテクノロジーズ株式会社について
・設立   :2013年7月
・本社所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
・代表者  :代表取締役社長 大角 暢之
・資本金  :3,000万円
・事業内容 :コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

2018/6/19データ提供 RPAテクノロジーズ株式会社

この記事にコメント

関連記事

アクシオ、RPAの導入を容易にする「OnRPA™」の提供と“働き方改革アプライアンス”「RPAonRPA」の販売を同時開始

アクシオ、RPAの導入を容易にする「OnRPA™」の提供と“働き方改革アプライアンス”「RPAonRPA」の販売を同時開始

RPA国内最大規模イベント<BR/>「RPA DIGITAL WORLD2018」を開催

RPA国内最大規模イベント
「RPA DIGITAL WORLD2018」を開催

ヒューマンリソシア 第四銀行と業務提携し、RPA活用で企業の業務生産性向上を支援

ヒューマンリソシア 第四銀行と業務提携し、RPA活用で企業の業務生産性向上を支援

SHIFT、Automation Anywhere社と締結

SHIFT、Automation Anywhere社と締結

ソフトバンクとfreeeがRPAの普及に向けて協業

ソフトバンクとfreeeがRPAの普及に向けて協業

パーソルグループ、RPAで日本の労働力不足解消へ

パーソルグループ、RPAで日本の労働力不足解消へ

「RPA BANKマーケットプレイス(α版)」開設のお知らせ

「RPA BANKマーケットプレイス(α版)」開設のお知らせ

「BrainRobo」の3つの新サービスプランを提供開始

「BrainRobo」の3つの新サービスプランを提供開始