ログイン

共有する

Blue Prism、identitii提携 ー業務効率化とセキュリティ強化実現へー

RPAソフトウェアのリーディングプロバイダーであるBlue Prismは、2018年6月8日、取引先金融機関との情報交換において、セキュアかつ高い信頼性と監査機能を可能にするidentitiiと、新たな提携を結ぶことを発表した。

この提携により、金融機関の企業決済プロセスや貿易取引プロセスの安全なデジタル化と自動化を支援し、不正行為を効率的かつ効果的に検出するための詳細な監査証跡の提供を目的とした技術協力が行われる予定である。

多くの金融機関では、国際企業の決済や企業間取引などのトランザクションの完了に必要な情報の収集や検証を、多くの時間とコストをかけて手動で処理している。また、トランザクションの所定の目的と要件を正しく評価するために、資金洗浄対策や金融犯罪に対するサンクションチェックを広範囲にわたり実施する必要があるため、さらに複雑な処理が求められる。

今回の両社提携により、各金融機関は、情報収集と許可ベースの情報交換の自動化を図るとともに、プライベート分散型台帳上のすべての処理とアクティビティに関する詳細な監査証跡を安全に記録することができる。また、詳細なレポート機能を提供することで、多大なコストがかかる非効率的な手動処理をデジタル化することができる。

identitiiは、複雑な業務プロセスの自動化に使用されるBlue Prismのデジタルワークフォースに、許可ベースのデータ共有機能と自社の検証エンジンであるIntegrityを統合する計画である。

Blue Prismのデジタルワークフォースソリューションを導入することで、複数のレガシーシステムに格納されているさまざまな文書やデータの収集など、取引先によって求められる手動タスクを自動化し、規制の責務を果たすことができる。identitiiのIntegrityと組み合わせることで、あらゆる文書、処理、情報を素早く容易に検証し、デジタル監査証跡とともにidentitiiのプライベート分散型台帳で保管することができる。

プロセスやデータベース変更時のデータ来歴を記録し、改ざん不能なタイムスタンプを生成する暗号化された監査証跡を利用することで、すべての関係者は、情報へのアクセスおよび情報変更をしたユーザー、変更日時、場所の迅速な特定ができるため、十分な透明性とトレーサビリティの証明が可能になる。これにより、文書が修正された場合でも、文書を閲覧したユーザーや文書の出処を確認しながら、どの関係者もプロセス全体を通じて正しい情報に基づいた意思決定を行えるようになる。

Blue Prismは、弾力性に優れ、多面的で多才なデジタルワークフォースで従業員を強化し、AI、機械学習、インテリジェントオートメーション、感情分析によって業務プロセスの自動化と規模拡大を支援する。Blue Prismのデジタルワークフォースプラットフォームでは、Blue Prismの技術提携プログラム(TAP)を通じて、ベストオブブリード方式でAIテクノロジーやインテリジェントオートメーションスキルを利用できるため、ベンダーロックインを避けることができるほか、これまでとは異なる方法でテクノロジーを活用し、真の意味で業務の機敏性を実現することができる。

引用元:PRTIMES プレスリリース詳細へ

■identitiiについて
identitiiは、取引先金融機関や金融機関とそのエンドクライアントとの間の安全で信頼性の高い、監査可能な情報交換を実現することで、金融機関のトランザクション検証処理の迅速化を支援している。
トークン化技術とプライベート分散型台帳を採用しており、identitiiを導入することにより、非常に複雑なトランザクションに関わるすべての関係者が、許可ベースのシステムを利用して、各取引先が必要とする情報を共有および拡充できるようになる。共有された情報には、暗号化された監査証跡が付される。監査証跡には、データ来歴の詳細と、各情報にアクセスしたユーザー、日時、場所の証跡がタイムスタンプとともに記録される。identitiiは2014年に設立された。金融サービス業界経験者で構成されるアドバイザリーボードの支援を受けつつ、戦略的経営、分散型台帳テクノロジー、および急成長の各分野で幅広い経験を持つ業界専門家のチームが同社を率いている。identitiiはオーストラリアとシンガポールに拠点を置いている。

■Blue Prismについて
Blue Prismは、RPAのパイオニア、イノベーター、市場リーダーとして、世界中で新たな働き方を実現するデジタルワークフォースの成功に貢献している。ソフトウェアロボットは繰り返し作業の自動化を実現するだけでなく、セキュリティ、コンプライアンス、スケーラビリティという重大かつ厳重なIT要件を満たしている。
Blue Prismは最先端のAIおよびコグニティブテクノロジを実現するためのスケーラブルで堅牢な実行プラットフォームを提供しており、Fortune 500社が選ぶ信頼できるセキュアなRPAプラットフォームとして認知されるようになった。Aegon、BNY Mellon、Commerzbank、IBM, ING、Maersk、Nokia、Nordea、Procter & Gamble、Raiffeisen Bank、Siemens、Westpac、Zurichといった有名企業で、Blue Prismのロボットが何十億というトランザクション、何億時間にも相当する作業を実行している。

2018/6/8データ提供 PRTIMES

この記事にコメント

関連記事

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

【IoT×RPA】アジアクエストが RPAコンサルティングサービスを提供開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

レオパレス21、業務の自動化・効率化を行うRPAソリューションの導入開始

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」サービス開始1周年

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

RPA活用の先へ。デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント『BizRobo! LAND 2018』開催

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

ディープラーニング技術の活用によるOCRエンジンを開発 非定型の帳票からデータ抽出を可能にしRPAとの接続で企業の圧倒的な生産性向上を実現

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

「BizRobo! ユーザーコミュニティ」発足『第1回BizRobo! CAMP!!』開催

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発

RPAテクノロジーズ、クラウドワークス、パナソニック ソリューションテクノロジー RPA導入ワンストップサービス「Forge RPA」を共同開発