ログイン

共有する

富士通、「ACTIBRIDGE」により次世代のワークスタイルを実現

富士通株式会社は、オフィスワーク領域から現場フロント領域にわたり、次世代のワークスタイルであるFuture of Workの実現に向け、オフィスや現場フロントの業務を変革するサービスを新たに「ACTIBRIDGE(アクティブリッジ)」として体系化し、2018年5月18日より提供を開始した。

「ACTIBRIDGE」は、デジタルコンサルティングにより顧客の業務課題を可視化し、検証を行いながら最適なテクノロジーやナレッジをインテグレーションすることで、オフィスや現場における作業の効率化や自動化、人の能力を超えた生産性や品質向上を実現し、働き方を大きく変革する。RPAをはじめ、AI、BRMS(※1)、BPMS(※2)、IoT、AR/MRなどの最先端技術を的確に組み合わせることで、これまでのRPAだけでは変革できなかった業務も含め、自動化やデジタル化を加速させる。

企業では、新たな働き方に向けた取り組みが検討されているが、実際の業務の現場では、定型作業などで多くの時間が費やされている。 このような背景を受けて、富士通は、時間や場所に捉われない柔軟な働き方に対応した環境を整備するソリューション群に加え、業務そのものを変革するサービスを体系化した「ACTIBRIDGE」を追加し、顧客のFuture of Workを強力に推進する。「ACTIBRIDGE」は、オフィスワークのみならず、様々な現場フロント業務を含めて、次世代の働き方を実現する。

「ACTIBRIDGE」は、顧客の業務課題を可視化し検証を行いながら先進技術を活用して業務課題を解決するデジタルコンサルティング、多様な最先端技術をラインナップしたデジタルテクノロジー、富士通のノウハウや経験を提供するナレッジサービスを最適にインテグレーションし、顧客の業務を効果的かつ効率的に変革する。

1.検証から運用まで一気通貫でプロフェッショナルが支援
デジタル技術に精通し、顧客とともに変革に取り組む当社のデジタルイノベーターが、上流のコンサルティングからPoC(実証実験)・導入・構築・運用までをトータルに支援する。
これまでのフィールド・イノベーション活動で培った独自の手法で、顧客の現状の業務を可視化し、根本的な課題を深堀りすることで、ICT活用を超えた業務プロセス改革にまで踏み込んだ提案を行う。業務プロセス変革やICT適用の効果を評価するPoCを通じて、最適なテクノロジーやノウハウを提供し、高い生産性とビジネス価値を生み出す顧客の業務改革を実現する。

2.RPAなどの最先端技術を組み合わせ最適運用を実現
顧客の業務・運用を最適化するために、RPAツールは当社グループの「FUJITSU Software Interdevelop Axelute(インターデベロップ アクセリュート)」「FUJITSU Software EntreQue(エントリーク)」「FUJITSU Embedded System QualityPartner GENEST(ジェネスト)」をはじめ、グローバルで高い利用実績を誇る他社のRPAツールも活用する。RPA適用の際に課題となるRPAロボットのガバナンスや運用ルール、セキュリティ対策においては、当社独自のRPA標準運用テンプレートを活用し、適切に設計する。また、構築したRPAロボット自体の運用・管理・メンテナンスを当社が請負うBPOサービスも提供する。
なお、「ACTIBRIDGE」は、RPA以外にAI、BRMS、BPMS、IoT、AR/MRなどの最先端技術を豊富に用意し、それぞれを最適に組み合わせることで、RPAだけでは変革できなかった業務も含め、自動化やデジタル化を加速させる。

3.オフィスワークのみならず現場フロントワークにも展開することで業務の全体最適を実現
オフィスワークの自動化・効率化を、保守保全、製造、サービスなどの現場フロント業務にも応用・展開する。また、デジタル化により生み出される現場のリアルな情報やビッグデータの分析から、業務効率化や生産性向上のみならず、顧客のサービスや製品の品質向上、製造リスクの低減なども支援する。

富士通は現在進めている顧客との実践や共創事例、当社グループ内での実践例をベースに、人の判断や意思決定を支援する高度なナレッジワークの領域への適用を進め、あらゆる業種や業務への展開を順次図っていく。

(※1)Business Rule Management System。アプリケーションとは独立したリポジトリデータベースでビジネスルール(業務上の規則、条件、判断基準など)を定義・管理することで、アプリケーションには変更を加えることなく、複雑な業務判断を自動的に実行、管理することを可能にするシステム。

(※2)Business Process Management System。複数の業務プロセスや業務システムを見直し、最適なプロセスに統合・制御・自動化しながら、継続的に改善・最適化するシステム。

引用元:富士通株式会社 プレスリリース詳細へ

【本件に関する問い合わせ先】
・富士通コンタクトライン(総合窓口)
 TEL:0120-933-200 受付時間:9:00~17:30(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

2018/5/18データ提供 富士通株式会社

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事

RPAホールディングスとMAIAによる資本提携のお知らせ

RPAホールディングスとMAIAによる資本提携のお知らせ

RPAによる主要顧客のWebマーケティング業務自動化を支援

RPAによる主要顧客のWebマーケティング業務自動化を支援

リコージャパン、UiPath社との販売代理店契約を締結

リコージャパン、UiPath社との販売代理店契約を締結

レッジ、AIのビジネス活用の「今」を語るカンファレンス「THE AI 3rd」を2月13日に虎ノ門ヒルズで開催決定

レッジ、AIのビジネス活用の「今」を語るカンファレンス「THE AI 3rd…

ユーザックシステム、NRIセキュアテクノロジーズ社とRPA分野で業務提携

ユーザックシステム、NRIセキュアテクノロジーズ社とRPA分野で業務提携

煩わしい労務時間集計などの担当者の負荷を削減 勤怠管理ツール「MITERAS(ミテラス)勤怠」開発・提供を開始

煩わしい労務時間集計などの担当者の負荷を削減 勤怠管理ツール「MIT…

RPAテクノロジーズ「BizRobo! BasicRobo」×システナ BizRobo!パートナー契約を締結 ~ 最適なRPAサービスの提供へ ~

RPAテクノロジーズ「BizRobo! BasicRobo」×システナ BizRobo!パート…

国内初クラウドRPA「BizteX cobit」が2018年度グッドデザイン賞を受賞

国内初クラウドRPA「BizteX cobit」が2018年度グッドデザイン賞を受賞