ログイン

無料登録

GDP600兆円を達成する政府のビジョンとは

少子高齢化、そして「第4次産業革命」と称される巨大な構造変化を前に、政府は産業政策の見直しを急ピッチで進めている。現政権は戦後最大となるGDP600兆円の達成を掲げ、その成否を占うキーワードである「生産性向上」と「働き方改革」は、常にセットで論じられている。こうした状況の中、ホワイトカラー労働者の定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は国の政策とどう関係し、いかなる活用を期待されているのか。7月27日に開催された「RPA SUMMIT 2017」で登壇した、経済産業省の佐々木啓介政策審議室長による講演の要旨を紹介する。

GDP600兆円を達成する政府のビジョン

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

関連記事

「RPA SUMMIT 2017」大阪 展示ブース&体感ルームレポート

「RPA SUMMIT 2017」大阪 展示ブース&体感ルームレポート

RPA提供実績300社突破! 先進ユーザが語るWinActorの導入効果と成功の秘訣

RPA提供実績300社突破! 先進ユーザが語るWinActorの導入効果と成功の秘訣

成熟するRPA市場における失敗しない為の導入アプローチ

成熟するRPA市場における失敗しない為の導入アプローチ

『もうロボ化選定には悩まない!RPA導入支援・成功の秘訣』

『もうロボ化選定には悩まない!RPA導入支援・成功の秘訣』

AI+RPAによる「デジタル秘書」の実現

AI+RPAによる「デジタル秘書」の実現

経営のミッションはエンタープライズRPAで達成

経営のミッションはエンタープライズRPAで達成

緊急メッセージ!『RPAの概念は本日生まれ変わる』

緊急メッセージ!『RPAの概念は本日生まれ変わる』

RPA導入の次にある、ロボットとの上手な付き合い方

RPA導入の次にある、ロボットとの上手な付き合い方