• TOP
  • レポート・資料
  • デジタルレイバーと共につくる「持続可能な医療」──大学病院が着目するRPAの可能性

共有する

デジタルレイバーと共につくる「持続可能な医療」──大学病院が着目するRPAの可能性

長時間労働の是正に向けた業務改善が強く求められながら、その解決策となりうるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の活用では立ち後れていた医療業界で、新たな動きが始まった。2019年9月6日、大学病院などの先駆的なRPAユーザーが「一般社団法人メディカルRPA協会」を設立。医療分野でのソフトウエアロボットの活用についてノウハウを集約し、普及を一気に加速する構想が明らかにされた。本記事では、こうした試みに加わる医師らが登壇したイベント「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」(9月18日に開催)の講演概要をリポートする。 <目次> 1.過重労働から脱する「マインドセット改革」 […]

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事