• TOP
  • レポート・資料
  • 6割以上がRPAやAIに関心、デロイトトーマツ「働き方改革の実態調査2017」結果を発表

共有する

6割以上がRPAやAIに関心、デロイトトーマツ「働き方改革の実態調査2017」結果を発表

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)は、『働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~』の調査結果を発表した。 2013年、2015年に続き、今回が3回目の実施となる。調査では働き方改革の取り組みの状況や内容について多面的に調査したほか、働き方改革においてDTCが重要なポイントとして捉える「生産性の向上とエンプロイー・エクスペリエンス(従業員が企業や組織の中で体験する経験価値)の改善」の成果を収める企業の特長を、より詳細に分析している。 働き方改革を「推進中(63%)」/「既に実施した(10%)」と回答した企業は合わせて73%。 2013年の30 […]

続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事