• TOP
  • レポート・資料
  • ロボット化の対象業務選定を進化させる「ディスカバリーボット」とは

共有する

ロボット化の対象業務選定を進化させる「ディスカバリーボット」とは

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を採り入れた組織の多くが導入初期にぶつかる“壁”となっているのが「対象業務の選定」だ。 導入推進担当者の説明を聞き、RPAに期待した現場から寄せられてくる導入候補が、すべてロボット化にふさわしい作業ばかりとは限らない。中には「ロボット化以前に、大幅な作業手順の見直しが必要」と分かる場合もある。それもまた業務改善に役立つのは確かだが、もっと手早く、大きな効果が得られるロボット化のポイントを見落としている可能性もある。

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事