• TOP
  • レポート・資料
  • ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングによるRPAサービスの特徴や事例を徹底解説!

共有する

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングによるRPAサービスの特徴や事例を徹底解説!

RPA導入にあたって「コンサルティングをしてほしい」「技術的な面でどんなRPAツールが最適なのかわからない」といったような悩みや課題を抱えてはいないだろうか。

こうした悩みや課題を解決してくれるのが「株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング」だ。ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは、コンサル力とテクノロジーを駆使して、ビジネス創出システムの開発を手掛けている。

テクノロジー、コンサルティング/インテグレーション、デジタルマーケティング、インキュベーション、人材調達支援の各分野で事業を展開。その一環として、顧客企業の業務効率の向上をさらに支援するため、RPA導入をトータルにサポートし、豊富なRPA導入実績と専任体制を持っている。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングのRPAサービスとは、どのようなものなのか。詳しく紹介したい。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングによるRPAサービスとは

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングによるRPAサービスでは、導入コンサルティングやPoC(概念検証)といった上流フェーズから、ロボットの開発や運用保守まで、ワンストップで対応している。

RPAサービスを提供している会社は、コンサルティングに強いかテクノロジーに強いか、どちらかにわかれる傾向もあるが、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングはテクノロジーとコンサルティングの両方を軸に据えてビジネスを推進している。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングによる「RPAサービス」でできること・特徴

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングでは、RPA専任チームに100名規模のコンサルタントやエンジニアを育成している。そこで得られたRPAサービスに対するノウハウを、最大限クライアントに提供している。

なお、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングのRPAサービスには、さまざまなRPAツールに対応したプロジェクト型の「RPAインテグレーション」と、ロボット診断改修サービス「RPAドクター!」という2つのサービスが用意されている。

RPAと業務システムを連携する「RPAインテグレーション」

「RPAインテグレーション」は、RPAの開発・導入だけでなく、RPAの適合可能性の診断や、業務システムとの連携も踏まえたインテグレーションをワンストップで任せることができるサービスだ。コンサルタントが業務プロセスを理解し、キャッチアップして、RPAと業務システムを連携していくことができる。

 

RPA運用の課題を解決していく「RPAドクター!」

「RPAドクター!」は、RPAの運用で課題を抱える顧客に対して、ベストな解決策を施していくサービスだ。ロボットの脆弱性の診断から、改修に関係するエンジニアリングまで、スピーディーで正確な施策を提供する。具体的には、以下のような提供メニューがある。

・診断レポート(1ロボット10万円)
・バグフィックス(バグの調査および修正。10,000円/1時間)
・フルリファクタリング(全面的なソースコードの内部修正。1ロボット40万円~)
・新規ロボット開発(50万円~)

6つのRPAツールを取り扱い

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングでは、6つのRPAツールを取り扱っている。ただし、RPAツールは製品ごとに特徴がある。そのため、顧客が求めるニーズや環境に応じて、最適なソリューションとなるRPAツールを選定することが大切だ。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングには、RPAツールの特徴を熟知したRPAアーキテクトが在籍している。複数のRPAツールの中から顧客にとって最適な製品、あるいは対象業務に最適な製品との組み合わせを提案し、導入の支援をしている。なお、同社が取り扱っているRPAツールは以下のとおりだ。

・BizRobo!(ビズロボ)
「BizRobo!(ビズロボ)」は、2013年に創業したRPAテクノロジーズ株式会社が手掛けているサーバー型のRPAツールだ。米Kofax(コファックス)社が提供しているRPAツール「Kofax Kapow 10」を発展させたもので、RPA運用スキルを習得したさまざまなパートナーと連携しながら、それぞれの業界・業種に特化したノウハウ・サービスも提供している。

BizRobo!は、複数のロボットを一元管理することができるほか、専用のブラウザー上で自動化の処理を実行していくのが特徴。複数のロボットを同時に使用することができるため、ウェブ上の膨大なデータを処理していくのに適している。

・Blue Prism(ブループリズム)
2001年に設立された英Blue Prism社からリリースされているRPAツールが、業界でも「RPAの元祖」とでもいうべき存在の「Blue Prism(ブループリズム)」だ。サーバー中央管理型でロボットを管理するので、大規模な導入に向いたRPAツールとなっている。

情報のセキュリティ面では、他社のRPAツールとの差別化を図っているため、きびしいセキュリティ対策機能を持つ。そのため、金融機関や大手企業での導入実績が豊富にある。

・WinActor(ウィンアクター)
2010年にエヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社が開発した純国産のRPAツールが「WinActor(ウィンアクター)」である。純国産RPAツールであることから、操作画面やマニュアルなどが完全日本語化されていることも特徴だ。

直感的なユーザーインターフェースを持っており、画像認識に加えて、HTMLタグ座標によるターゲット識別を行える。また、MicrosoftがOfficeの拡張機能として提供しているプログラミング言語「VBA」(Visual Basic for Applications)で自動化のスクリプトを書くことも可能なため、社内にVBAの知識を持っている人材がいれば、複雑な自動化シナリオを素早く作成できる。

・Uipath(ユーアイパス)
「UiPath(ユーアイパス)」は、2005年に設立された米UiPath社から生まれ、ワールドワイドに2,500社以上の導入実績を持つ世界有数のデスクトップ型/サーバー型のハイブリッドなRPAツールだ。数千ものビジネスオペレーションに対応したロボットのワークフローを、1つの開発ツールによって作成できるという特徴を持っている。

また、海外製ツールでありながらも2018年10月には完全日本語化も実現している。スモールビジネスの団体や教育機関、非営利団体、個人の開発者などが無料で使えるサービスも提供しており、導入のハードルが低いRPAツールといえるだろう。

関連記事
2,500社以上の導入実績を持つ世界有数のRPAツール「UiPath」

・Pega Robotic Automation(ペガ・ロボティックオートメーション)
BPM(業務プロセス管理)に強みを持つペガシステムズは、2016年4月にアメリカにおけるRPAの老舗であるOpenSpan社を買収。それにより、BPMやCRMなどのラインナップにRPAサービスが加わった。そこで取り扱うようになったRPAツールが「Pega Robotic Automation(ペガ・ロボティックオートメーション)」で、BPMとの連携ができるという独自の機能を持っている。

Pega Robotic Automationは、ペガシステムズの製品群の統合的なプラットフォーム「Pega Platform」の拡張機能のひとつとして標準搭載されている。Windowsのデスクトップアプリケーションやウェブアプリケーション、仮想デスクトップである「Citrix」や「VDI」などの自動化に対応するなど、他のRPAツールが持つ機能は網羅している。

・Automation Anywhere(オートメーション・エニウェア)
「Automation Anywhere(オートメーション・エニウェア)」は、2003年に米サンノゼで創業したAutomation Anywhere社が提供しているサーバー型RPAツールだ。現在では、全世界で250を超えるパートナーと、1,700社以上の顧客企業を擁しており、グローバルで80万を超すロボットが稼働している。

ビジネス・アプリケーションを人の手に代わって、GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)による操作でロボットが実行し、プロセスを自動化できる。ロボットの稼働やログ取得の状況を一元管理できるため、大規模な導入に最適だ。

さらに、Automation Anywhereは、AI(人工知能)と機械学習の能力を持つ製品「IQ Bot」を提供している。IQ Botは、文書データ・電子メール・写真・動画など、これまでの自動化技術では扱えなかった非構造化データを認知技術によって解析・分類し、その意味や感情を理解した上で必要な情報をRPAに渡すことができる。

これにより、紙の帳票や非構造化データを用いるなど、これまで自動化の対象になりにくかった非定型業務も自動化できるのが特徴だ。

「Blue Prism」の導入専門企業、ビッグツリーRPA株式会社を設立

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは、エンタープライズ向けRPAツールであるBlue Prismの導入専門企業として、ビッグツリーRPA株式会社を、RPAテクノロジーズと共同出資で設立している。

BluePrismの国内販売パートナーとして両社がタッグを組むことで、同RPAツールの導入支援を行っていく。さらに、国内におけるBluePrismの普及を通じて、導入企業の業務効率化や職場環境の改善に貢献する予定だ。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングによるRPAサービスの導入事例・実績

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングのRPA導入事例と実績を紹介したい。

事例1:作業時間を最大60分から10分に短縮

クライアント:アルヒ株式会社
課題:住宅ローン審査の自動化

住宅ローン専門金融機関における国内最大手「アルヒ株式会社」では、2017年1月に導入したOCRおよびRPAにシステム開発を加えることで、住宅ローンにおける本審査の自動化システムに取り組んだ。

<具体的な課題>
・それ以前は申込書や提出書類をもとに、マニュアルに沿って審査基準を満たしているかどうか担当者が審査していた。
・マニュアルの検索やチェック内容が複雑で、審査業務に時間を要していた。

<RPAによるソリューション>RPAにOCR(光学的文字認識技術)を組み合わせた「スキャンロボ」を導入。住宅ローンの申込み時に必要な住民票・源泉徴収票・重要事項説明書等の紙の文字情報をスキャンし、OCRでデータに変換して、既存システムからのデータ取得やデータ登録を自動化した。

<RPA導入後の成果>
・申込書の記入項目を最大で従来の半分である約100項目に減らせた。
・作業に必要な時間を最大60分から10分程度に短縮できた。
・顧客やパートナー企業への負担軽減やサービス向上、店舗業務の効率化に貢献できた。

関連記事
RPAの適用業務とおもな導入事例

コンサル力とテクノロジーを駆使するビッグツリーテクノロジー&コンサルティングのRPAサービス

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは、コンサルティング力とテクノロジーの両方の軸を核にRPAを展開している。そのため、上流から下流のフェーズまで完結できるという強みを持っている。RPAの導入を1社に任せたいという要望があれば、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングのRPAサービスにぜひ問い合わせてみてほしい。

資料ダウンロード

会社概要

会社名:株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング
資本金:1億円
設立年月:2002年2月
代表者氏名:代表取締役社長 杉山健
事業内容:システムインテグレーション、デジタルマーケティング、ITコンサルティング、IT人材調達支援
本社所在地:〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-5 ノアビル3F

※本記事はRPABANK編集部のオリジナル記事となります。

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事