• TOP
  • レポート・資料
  • 企業のバリューイノベーションを、体系的に産み出すために――ムーギー・キム氏が解説する「ブルー・オーシャン・シフト」

共有する

企業のバリューイノベーションを、体系的に産み出すために――ムーギー・キム氏が解説する「ブルー・オーシャン・シフト」

公益財団法人日本生産性本部が2018年12月19日に発表した「労働生産性の国際比較 2018」によると、日本の時間あたり労働生産性は、OECD加盟36カ国中20位にあたる47.5ドル(4,733円)。主要先進7カ国(G7)中で比較すると、48年連続で最下位を記録し続けている。 出典:公益財団法人日本生産性本部「労働生産性の国際比較 2018年版」 世界における経済的地位と見合った水準まで達したことが一度もない日本の労働生産性。その改善は、言うまでもなく「より少ない労働時間で」「より多くの付加価値を出す」ことによってもたらされる。

ログインして続きを読む

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事