• TOP
  • レポート・資料
  • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングのRPAサービスの特徴や事例を徹底解説!

共有する

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングのRPAサービスの特徴や事例を徹底解説!

RPAツールやサービスはさまざまであり、どこが自社に最適なツールやサービスなのか、迷ってしまうことはないだろうか?RPAを導入する以前の業者選びで悩んでしまい、話がなかなか前に進まないということもあるだろう。

そうした悩みを解消し、サポートしてくれるのが「EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社」だ。EYとは、ロンドンを本拠地とする世界4大会計事務所のひとつであり、総合コンサルティングファームの一角を占める「アーンスト・アンド・ヤング」(Ernst & Young)」の略称だ。

その日本法人「EY Japan株式会社」の中でも主要なアドバイザリーサービスを担っているのが、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社である。クライアント独自の業務プロセスを理解できる実務経験豊富なメンバーが在籍し、RPA製品の豊富な知識を持ち、導入ガイドにも対応している。

RPAサービス・プロバイダー第1位を獲得しているEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングのRPAサービスとはどのようなものなのか、詳しく紹介しよう。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングが提供するRPAサービス

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングは、企業が抱える経営課題に対して、最先端かつグローバルな視点と実行力で最適なアドバイザリーサービスを提供している。また、全世界で展開しているEYグループでは、RPA導入の実績や経験を共有しており、一貫した支援方法と体制を提供している。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング「RPAサービス」でできること・特徴

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングは、世界150以上の国と地域で展開しているEYグループ企業のすべてのリソースを活用することができるため、RPA導入時の構想の検討から導入後の戦略策定まで、他のグループと連携をとりながらRPAの導入を進めていくことができる。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングにも、RPA製品の知識が豊富に蓄積されているほか、複数の主要ベンダーとの強固な関係により、効果的なベンダー連携が行うことが可能となっている。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング「RPAサービス」の導入事例・実績

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングはさまざまなクライアントを持っているが、RPAサービスでも多彩な導入事例がある。その中から、いくつかの導入事例を紹介する。

事例1:データ処理時間を短縮し、オペレーターの関与時間を大幅に削減


クライアント:新日本有限責任監査法人
課題:データ加工作業の自動化。

EYの日本におけるメンバーファームのひとつであり、監査業務を担当している新日本有限責任監査法人に対してRPAを導入。新日本有限責任監査法人では、先端技術を活用した未来の監査「Smart Audit」を実現するために、さまざまな取組みをしている。

Smart Auditとは、RPAの導入により、定型的な検証手続やその付随業務を自動化するだけでなく、ブロックチェーンやドローンを活用した検証手続の効率化、AIや自然言語処理技術などを応用しながら、効率的で広く深い検証作業を融合させた未来の会計監査方法。その基礎となる重要な作業が「仕訳データの加工」だ。

この、仕訳データの加工の前段となるデータの分析も高度化していく必要があった。

<具体的な課題>
・データ加工の「サイクル短縮化」「ロジック複雑化」「種類の多様化」「処理速度の向上」。

<RPAによるソリューション>
RPAによってデータ加工の自動化を実現。

<RPA導入後の成果>
・既存システムの改修を一切行うことなくデータ処理時間の短縮。
・オペレーターの関与時間を大幅に削減。

事例2:コスト50%削減・作業を2ヵ月短縮・顧客サービスが向上


クライアント:世界的某大手銀行
課題:業務効率化。

世界的に著名な某大手銀行では、顧客サービス向上のため、金融商品販売に関する適合性評価をRPAによって自動化することを検討していた。

<具体的な課題>
・顧客データと金融商品の適合性評価。

<RPAによるソリューション>
RPAの導入により、情報収集とデータ照合を自動化。

<RPA導入後の成果>
・評価のための準備作業(ファイル収集や事例収集など)に要するコストを50%削減。
・ファイル整理作業を2ヵ月短縮することに成功。
・顧客サービスの向上という効果も得た。

事例3:書類処理の98%を自動化・生産性が7.4倍増加


クライアント:某保険会社
課題:業務効率化。

グローバルに展開する某保険会社では、デジタルチャネルでの顧客対応にRPAを活用した。

<具体的な課題>
・顧客対応の自動化。

<RPAによるソリューション>
デジタルチャネルでの顧客対応にRPAを導入し、自動化。

<RPA導入後の成果>
・生産性が7.4倍増加。
・提出された保険金請求書類のうち、全処理の98%を自動化。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングがアドバイスする「RPAサービス」

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングは、世界4大会計事務所のひとつであり、総合コンサルティングファームのEYの日本法人であり、世界150以上の国と地域で展開しているEYグループのすべてのリソースを駆使できる。

そのため、グローバルに連携をとりながら、RPA導入の知見とノウハウを共有し、コンサルティングを進めていくことができる。RPA導入支援においても、とても心強いパートナーといえるだろう。

会社概要

会社名:EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
資本金:4億5,000万円
設立年月:1999年4月(2017年1月に業務開始)
代表者氏名:代表取締役社長 塚原正彦
事業内容:監査、税務、法務、トランザクション・アドバイザリーにおける豊富な業務経験を有するプロフェッショナル・チームが、市場動向を予測し、その影響と業界が抱える課題に関する見解を提示
本社所在地:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事