• TOP
  • レポート・資料
  • キューアンドエーワークスが提供するRPA導入支援サービスRoboRoidの特徴や事例を徹底解説!

共有する

キューアンドエーワークスが提供するRPA導入支援サービスRoboRoidの特徴や事例を徹底解説!

RPAを導入する場合、定型業務の自動化ばかりに目が行きがちだ。しかし、RPAの導入でもっと検討しなければならないのは、自動化により業務を効率化するとともに、それまでその業務を行っていた人が本来やるべき仕事をできるようになるかどうかだろう。

こうしたポイントを見極めながら、RPA導入のサポートをしてくれる「キューアンドエーワークス株式会社」を紹介したい。

キューアンドエーワークス株式会社は、ITエンジニアの派遣事業を中心に、企業のニーズに合わせた幅広いサービスを展開している人材ソリューション企業だ。近年では、デジタル戦略分野のコンサルティングにも力を注いでいる。

同社ではすべての業務を、人が行うべき「コア業務」と、機械に任せることが可能な「ノンコア業務」に仕分け、定型業務をノンコア業務としてRPA(デジタルレイバー)に任せるという業務ラインの設計を提唱している。

RPAを導入する際には、どの業務をRPAで自動化できるのか検討する作業が不可欠だ。その見極めを、人材派遣サービス会社ならでは視点からサポートしてくれる。そんなキューアンドエーワークスによるRPA導入支援サービスとはどのようなものなのか、詳しくご紹介する。

キューアンドエーワークスによるRPA導入支援サービス「RoboRoid」

人材派遣サービス会社としてスタートしたキューアンドエーワークスでは、「人と人とをつなぎ、みんなが満足するようケアする」という理念のもと、顧客企業に対してRPA導入のサポートを行っている。

同社では、「RoboRoid(ロボロイド)」と銘打ったRPA導入支援サービスを展開。人が行う業務とRPAが行う業務をうまく協働させる業務設計を行っている。RPAの導入前に「人にしかできない仕事は何か」を顧客企業とともに考え、「どのような業務に注力すれば企業の成長につながるか」といったところまで踏み込んで提案を行っていく。

■キューアンドエーワークス「RoboRoid(ロボロイド)」の紹介

キューアンドエーワークスのRPA導入支援サービス「RoboRoid」でできること・特徴

キューアンドエーワークスでは、少子高齢化とそれに伴う労働人口の減少を見据え、RPAの導入による業務効率化のサポートを行っている。顧客企業の業種や規模などに合わせてRPAを提供するだけでなく、RPAロボットの内製化や開発支援などを行うのが、RPA導入支援サービス「RoboRoid」の特徴だ。

業種や規模に合わせ2種類のRPAを提供

キューアンドエーワークスのRPA導入支援サービス「RoboRoid」で使われているRPAは、RPAテクノロジーズ株式会社が提供しているRPAツール「BizRobo!(ビズロボ)」の基本機能である「Basic Robo!」と、NTTグループが開発・販売している純国産のRPAツール「WinActor(ウィンアクター)」の2種類。

RPAの導入を検討している企業の業種や規模などに合わせて、どちらかを提供する。

それぞれのRPAツールの特徴は以下のとおりだ。

・「Basic Robo!」の特徴

「Basic Robo!」は、RPAテクノロジーズ株式会社からリリースされているRPAツールのひとつ。サーバー型のRPAツールであり、専用ブラウザーで自動化の処理を実行する。専用ブラウザーから複数のロボットを同時に操作することができ、Web上で膨大なデータ処理を扱うのに適している。

プログラムの知識がなくても、ループ(繰り返し)やファイルの書き出しを行うロボットが容易に作成できるのが特徴だ。また、Excelのマクロでは実現が難しいWebからのデータ取得や、ほかのアプリケーションとの連携が行える点も特徴といえる。そのほか、「Basic Robo!」を導入することで、以下のようなメリットが得られる。

・サーバー型で稼働するため、スケジュールを実行することで夜間や休日でも動作が可能
・1ライセンスにつき最大10人同時に開発が可能
・複数のロボットファイルを組み合わせて実行できる
・中央管理機能を持っているため、ロボットの一元管理ができる

・「WinActor」の特徴

「WinActor」は、NTTグループが開発・販売する、日本国内での導入実績を多数持つ純国産のデスクトップ型RPAツールだ。Windows上で動作するあらゆるアプリケーションに対応しており、日本語のインターフェイスやマニュアルを完備。業務をワークフローとして学習し、ユーザーのPC業務を自動化できるのが特徴だ。

そのほか、「WinActor」を導入することで、以下のようなメリットが得られる。

・低コストでRPAの導入が可能
・画像認識による自動化ができるため、さまざまなアプリケーションに対応
・デスクトップPCにインストールして開発・実行ができるため、導入がスムーズ

多彩なRPA導入支援サービスを用意

キューアンドエーワークスでは、「RPAの導入をどのように内製化すればいいか」と悩む企業のために、多彩なRPA導入支援サービスを用意している。例えば、RPAの基礎や背景を理解できる研修や、RPAエンジニアの育成、RPAエンジニアを派遣して対面で相談を受け付けるサービスなどを提供。社内のリソース不足などにより、RPAの内製化がどうしても難しい場合は、その業務をキューアンドエーワークスのRPAを活用して代行する「RPA/BPOソリューション」も展開している。

具体的なRPA導入支援サービスは、以下のとおりだ。

<RPA基礎研修(運用者向け)>
・ソフトウェアロボットの簡易研修(ロボット作成)
・ロボット特性のキャッチアップ
・労働市場の変化、今後の労働力について
・RPAロボットによる第四次産業革命について

<総合基礎研修(運用者向け)>
・ロボット開発基礎研修
・ソフトウェアロボットの操作
・ウェブトレーニング資料の提供

<ブラッシュアップ研修(エンジニア向け)>
・用途別カスタマイズ研修

<スポット相談室の配置(運用者向け)>
・半日~1日常駐
・顧客企業内に相談場所を設置し、直接相談を受け付ける

<RPA開発支援(エンジニア派遣)>
自社でエンジニアを抱えているキューアンドエーワークスに、RPAのロボット開発を丸ごと依頼することが可能。そのほか、ソフトウェアロボットの操作やロボットの開発に習熟したRPAエンジニアの派遣サービスも提供している。

<RPA開発支援(受託開発)>
キューアンドエーワークスのエンジニアが常駐してロボットを開発するほか、スプレッドシートの加工やインターネットによる操作などを対象に、RPAエンジニアが外部から遠隔(リモート)で開発を支援するメニューも用意している。

<RPAサービスのフィッティング>
業務フローや対応内容からロボット化業務の選定を支援する「ロボット対象業務の洗い出し支援」や、業務ごとにロボットの適合性を検証し、ロボット化が適合するか否かの判定を行う「PoC支援」も実施。

<RPA運用サポート>
RPA導入後の運用サポートを行い、コスト削減や業務改善につなげていく。

<PoC(Proof of Concept/概念実証)>
RPAツールの効果検証とRPAソリューションの社内への定着化検証を行い、RPAの内製化やロボット開発、顧客企業のニーズに合わせたフィッティングなどをサポートしていく。

キューアンドエーワークスのRPA導入支援サービス「RoboRoid」の活用例

キューアンドエーワークスのRPA導入支援サービス「RoboRoid」には、さまざまな活用例がある。

RPAに特化したBPR支援ツール「RoboRoid-HIT.s」

キューアンドエーワークスでは、2018年4月より、BPR(※)支援ツール「RoboRoid-HIT.s」の提供を開始した。

※BPRとは、「Business Process Re-engineering/ビジネスプロセス・リエンジニアリング」の略。ビジネスプロセスを見直して、抜本的に設計し直すことで、社内の無駄や不合理を省く業務改革につながることを指す。

「RoboRoid-HIT.s」は、同社が提供するサービス「RoboRoid」に、株式会社システム科学が提供する業務プロセスの可視化およびチャート作成システム「HIT.s(ヒット)法」を組み入れた、RPA導入に特化した可視化サービスだ。業務を可視化することにより、RPAの導入・運用を円滑化し、業務改革の実現をサポートする。

「RoboRoid-HIT.s」を導入することで、具体的に、以下のようなことが可能になる。

・改善ポイントをチャートで可視化
Web、システム、紙など、あらゆるツールを用いて行う作業をチャートで可視化する。これにより、作業のどこに「無理」「無駄」「むら」があるかという「改善ポイント」が、一目瞭然になる。
RPAの「適用ポイント」も同時に可視化され、社内システム改修時やBPR実施後に、影響範囲の特定を行うことが可能となる。

・業務改善提案書を作成し、RPA適用効果を測定
「RoboRoid-HIT.s」では、チャートで洗い出された「改善ポイント」や「RPA適用ポイント」を基に、業務改善提案書を作成できるようになっている。また、改善後のRPA適用効果や、過去の運用方法の蓄積も可能だ。

RPAの「セキュリティリスク対策サービス」の開発に着手

キューアンドエーワークスは、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社と協業し、RPAの「セキュリティリスク対策サービス」の企画開発を2018年9月にスタートさせている。

RPAには業務効率の改善や生産性の向上といったメリットがある一方で、「内部者やウイルスなどによるロボットの不正操作」「ロボットの設定ミスによる異常処理」といったセキュリティリスクも潜んでいる。

そこでキューアンドエーワークスでは、RPA導入支援サービス「RoboRoid」を導入済みの、あるいは導入を予定している企業に向けて、NRIセキュアテクノロジーズの「組織的リスク評価ツール」や「利用マニュアル」などを組み入れ、セキュリティリスクの可視化を目指す。

「RoboRoid-HIT.s」においては、今後、業務の可視化からセキュリティリスクの可視化、RPA導入、ロボット管理・運営まで一貫して提供できる体制を整えていく予定だ。

キューアンドエーワークスのRPA導入支援サービス「RoboRoid」の提供形態

キューアンドエーワークスのRPA導入支援サービスである「RoboRoid」には、1ユーザーのみが使用できる簡易版の「RoboRoid Start」と、最大10ユーザーまで同時接続が可能なオンプレミス型の月額固定サービス「RoboRoid Standard」の2タイプが用意されている。

トライアルとして「RoboRoid Start」を使用し、「RoboRoid Standard」に移行するのが一般的だ。

キューアンドエーワークスのRPA導入支援サービス「RoboRoid」の価格・ライセンス

「RoboRoid」の料金体系は以下のとおりとなっている。

サービスメニュー RoboRoid Start RoboRoid Standard
契約期間 初回3ヵ月/以降6ヵ月更新(料金は25%OFF) 12ヵ月
アカウントセットアップ
トレーニング 簡易研修(2~3時間) 総合基礎研修(2日間)
同時稼働ロボット 1 10

※具体的な料金については、問い合わせの後、別途見積もり。

多彩なRPA導入支援サービスを用意し「働き方改革」を後押し

ITエンジニアを中心とした人材派遣サービス事業の実績やスキルを活かし、RPAサービスを展開しているキューアンドエーワークス。RPAツールの提供はもちろんのこと、多彩なRPA導入支援サービスやBPR支援ツールを用意しているのが特徴といえる。

単純にRPAロボットを開発・導入するだけでなく、その開発が可能な人材や、RPAロボットとともに効率的に仕事を進められる人材を育成することで、「働き方改革」を推進していくことができるだろう。

ダウンロード資料(PowerPoint/PDF)

キューアンドエーワークスの資料については、「資料ダウンロード」ページからダウンロードすることができる。

会社概要

会社名:キューアンドエーワークス株式会社
資本金:9,746万円
設立年月:1999年7月
代表者氏名:代表取締役社長 池邉竜一
事業内容:・人材派遣
・紹介予定派遣
・人材紹介
・アウトソーシング
・採用支援
・コンサルティング
・適正診断テスト(FORTUNA)
本社所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー23F

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事