ログイン

  • TOP
  • レポート・資料
  • 大規模な導入実績を多数持つRPAのリーダー的存在「Automation Anywhere」とは

共有する

大規模な導入実績を多数持つRPAのリーダー的存在「Automation Anywhere」とは

「Automation Anywhere(オートメーション・エニウェア)」は、大規模な導入実績を数多く持っているRPAツールだ。世界のRPA市場では、「UiPath(ユーアイパス)」や「Blue Prism(ブループリズム)」と、共にRPAのリーダー的存在となっている。それだけに、RPAの導入を検討する際には、ぜひともチェックしておきたいツールのひとつである。

そこで、Automation Anywhereの特徴や他のRPAツールとの違い、導入事例などについて紹介していく。

ソフトウェアテストの自動化ツールから発展したRPAツールAutomation Anywhere

Automation Anywhereは、2003年に米サンノゼで創業したAutomation Anywhere社が提供している。同社は当初、ソフトウェアをテストする自動化ツール「Testing Anywhere」を提供していたが、WebやWindowsアプリケーションを開発・リリースするにあたって、Testing Anywhereが毎回同じようなGUI(グラフィカルユーザインタフェース)の操作を繰り返していることに着目。そこから、定型業務を自動化するRPAへと発展させたのがAutomation Anywhereというわけだ。

Automation Anywhereは、ビジネス・アプリケーションのGUI操作を人の手に代わってロボットが実行する、プロセス自動化によるRPAソリューションと関連ソリューションを提供する。現在では、全世界で250を超えるパートナーと、1,700社以上の顧客企業を擁しており、グローバルで80万を超すロボットが稼働している。Automation Anywhere社は、現在では世界のRPA市場におけるリーディングカンパニーとなっており、アメリカにおけるRPAツールのシェアではNo.1を誇っている。

数多くの大規模な導入実績があるAutomation Anywhereだが、昨年までは日本には拠点を持っておらず、デロイトトーマツコンサルティングや日本IBM、日立ソリューションズなどのパートナー企業によってサービスが提供されてきた。しかし、2018年3月には、満を持して日本支社が開設。今後、日本国内における展開にも注目していきたいRPAツールだ。

Automation Anywhereでできること・特徴

数多くの企業が導入しているAutomation Anywhereだが、このRPAを導入することにより、どのような業務の自動化ができるのだろうか?その特徴とともに確認していきたい。

サーバー管理型で大規模な導入に最適

RPAにはデスクトップ型やクラウド型などのさまざまなタイプがあるが、Automation Anywhereはサーバー管理型のRPAである。中央集中の「Control Room」サーバーにより、すべてのロボットの定義、配置、管理を一元的に行うことができる。

そのほか、ロボットの稼働状況を可視化する「ダッシュボード」、スケジュールに基づいて実行環境にロボットの配布を行う「タスク・スケジュール」、すべての情報処理のシステム記録データを表示可能な「監査証跡」の機能があるため、ロボットの稼働状況・ログ取得を一元管理することが可能となっている。そのため、大規模な導入に最適なRPAといえるだろう。

AIと機械学習により非定型業務の自動化も

Automation Anywhereは、AI(人工知能)と機械学習の能力を持つ製品「IQ Bot」を提供している。

IQ Botは、文書データ・電子メール・写真・動画など、これまでの自動化技術では扱えなかった非構造化データを、認知技術によって解析・分類し、その意味や感情を理解した上で必要な情報をRPAに渡すことができる。これにより、紙の帳票や非構造化データを用いる業務など、これまで自動化の対象になりにくかった業務も自動化できる。

高いセキュリティ基準にも対応

Automation Anywhereは、企業レベルの高度なセキュリティにも対応している。アメリカ国立標準技術研究所が発行している標準規格「FIPS(連邦情報処理標準)」に準拠したデータの暗号化や暗号鍵の管理を実現。連携先の業務システムにログインするIDやパスワードをサーバー側で目的別に一括管理するCredential Vaultの他、1つのID・パスワードで複数のWebサービスやアプリケーションにログインできる「シングルサインオン」や、管理者でも「監査ログ」(情報操作のシステム記録)を削除・編集不可にできる機能なども搭載している。

2018年春にリリースされたAutomation Anywhere V11(バージョン11)では、Windowsネットワークでの標準認証方式「NTLM認証」に加えて、サーバーとクライアント間の身元確認のためのネットワーク認証方式「Kerberos(ケルベロス)認証」、ID・パスワード以外にも2つの個人情報による認証が必要となる「2要素認証」への対応も追加され、高いセキュリティ機能を整備している。

さまざまなロボットサービスを提供

Automation Anywhereは、他にもロボットを扱うさまざまな機能やサービスを提供している。ロボットからリアルタイムにフィードバックされる業務パフォーマンスのデータを分析する「Bot Insight」、業界初の企業向けロボットのオンデマンド・プラットフォーム「BotFarm」、パートナー各社が開発し、業務の自動化を即戦力で提供できるロボットのマーケットプレイス「Bot Store」など、RPAロボットの活用がスムーズかつ便利になる機能やサービスを提供している。

柔軟なスケーラビリティ

Automation Anywhereは、物理環境、仮想環境、デスクトップ、データセンター、クラウドなど、あらゆる環境で利用可能だ。小規模にスタートしながら、自動化したい定型業務を増やしていき、事業の規模やフェーズに合わせて数万ロボット以上までスケールアウトしていくことが可能であり、その実績のあるRPAツールとなっている。

■Automation Anywhere: Introduction


参照元:「Creating The Autonomous Enterprise」/ Automation Anywhere

Automation Anywhereと他のRPAツールとの違い

Automation Anywhereと他のRPAツールとの大きな違いは、なんといってもIQ Botを利用することにより、非定型業務にも適用が可能となっているところだろう。人の行動を観察することで学習し、その領域の専門性を高め、精度の向上と例外の削減を実現するAIや機械学習の機能と、コンテンツの意味と意図を理解して意思決定を改善する自然言語処理技術を組み込むことができる。定型データだけでなく、非定型データにもRPAの活用ができれば、業務効率化を大幅に推進できる。

また、「AISense」と呼ばれる画面認識機能も備わっているので、ユーザーインターフェイスの変更などに対しても、自動で追随してくれる。例えば、業務で使っているシステムのレイアウトが変わった場合でも、ロボットを改修せずに自動化の処理を継続してくれる。

WebやExcelだけでなく、広範囲の連携が可能

Automation Anywhereは、さまざまなアプリケーションやシステムとの連携がスムーズに行える。WebアプリケーションやMicrosoft OfficeといったWindowsアプリケーションだけでなく、ERP(統合基幹業務システム)、基幹システムなどのアプリケーションとも連携できる。

さらには、米大手IT企業Citrix(シトリックス)などのVDI(デスクトップ仮想化)にも対応。メールやファイルからの受注・請求処理の自動化や、申請内容の登録・照合・検証、必要な数値を集めて定型レポートを発行するなど、広範囲な作業をロボットで自動化できる。

また、画面操作を記録するだけでロボットを簡単に作成できるほか、500種類以上も標準で用意されているコマンドを利用して、ロボットのカスタマイズも可能となっている。人間の単純作業だけでなく、ビジネスプロセスを管理することで、業務を最適化する機能を提供しているのも特徴だ。

Automation Anywhereの使い方・マニュアル

Automation Anywhereでは、あらゆる業務プロセスを初めから終わりまで自動化するロボットを作成できる。作業しながら学習するIQ Botや、運用を改善する分析機能を持つBot Insightも提供されているため、それらと併せて運用していくといいだろう。

導入手順

Automation Anywhereを導入したら、GUIによる操作で「3種類のレコーディング(記録方法)から選択」→「52種類のコマンドからのドラッグ&ドロップ」→「コマンドへのパラメータの指定」という3つのステップでロボットを作成していくことができる。

また、最新バージョンのAutomation Anywhere V11には、新機能となる機械学習機能「AISense」を搭載しており、リモートデスクトップ環境も高精度に認識し、自動化できるようになった。

構成要素

Automation Anywhereは、ロボットの開発機能と管理機能、実行機能が明確に分かれているのも特徴だ。開発ツール「Bot Creators」、ロボット管理サーバー「Control Room」、実行ツール「Bot Runners」の3つで構成されているが、導入に際してまず確認したいのは、開発ツールのBot Creatorsだろう。

Bot Creatorsによるタスクの作成方法は、2通り用意されている。1つは「レコーダー」で、デスクトップ上の作業を記録してロボットを作成する方法。もう1つは「タスク・エディター」で、開発画面左列のコマンドをドラッグ&ドロップすることでタスクを作成できる。

レコーダーで記録したロボットは、タスク・エディターで部分的に編集することができるほか、「前半をタスク・エディターで、後半をレコーダーによる記録で作成する」という方法をとることも可能だ。

なお、Bot CreatorsおよびBot Runnersでは、作成したロボットを起動する「トリガー機能」を豊富にそろえている。例えば、「Email」は新規メールを受信したとき、「Folder」は指定したフォルダに任意のファイルが作成・削除・変更・リネームされたとき、「Service」は指定のWindowsサービスが起動・停止・一時停止・再開したときに、それぞれのアクションが自動で起動するトリガーとなっている。

■業界最先端のRPAアーキテクチャー


参照元:「ENTERPRISE ARCHITECTURE FOR THE INTELLIGENT DIGITAL WORKFORCE」/ Automation Anywhere

Automation Anywhereの導入事例・実績

Automation Anywhereは、Google、LinkedIn、シーメンス、ゼネラルモーターズ、Dellなど、多国籍企業や海外の有名企業の多くで導入事例があるほか、国内での導入事例もある。

サントリーグループの導入事例

日本を代表する酒類・食品メーカーであるサントリーグループでは、2016年から全社を挙げた「働き方改革」に取り組んでいる。その一環として2017年からRPAの導入を検討し始め、Automation Anywhereを導入した。

2018年3月現在で40体のロボットが4台のPC上でフル稼働し、日々の売上を共有するためのメール作成やデータの収集・加工などを実行している。ルーティン業務の効率化で創出した時間を個人の成長機会にあてることで業績アップ、さらには各自へのリターンにつなげるという好循環づくりを目指している。

横河電機株式会社の導入事例

横河電機株式会社は、計測・制御機器の国内最大手であり、世界第3位に位置するメーカーでもある。経理部門や業務支援部門をはじめとする業務をRPAで自動化するため、Automation Anywhereを導入した。

2017年7月には、「経費取引先マスタ登録業務」と「プロジェクト管理システムへの登録業務」の本番稼働を開始。この2つの業務では、2017年8月実績として、それぞれ約85%の作業時間を削減することができた。

その他の導入事例

業種 適用業務 自動化業務の内容 使用システム 導入効果
サービス 請求書発行業務 ・経理部門における請求書発行および確認依頼
・請求書発行および責任者への確認依頼
ERP、メール、Office 年間1,000時間を効率化
金融 会員の入会・退会に伴う登録処理 ・会員の入会・退会に伴い発生する基幹システムへの入力・更新処理 Web、独自システム、メインフレーム 基幹システムへの入力処理の自動化およびチェックを強化。年間数十万件を処理
製造 プロジェクト管理用WBS構築 ・案件受注ごとに必要情報をERPへ入力し、プロジェクト管理用WBSを作成
・1回あたり60分、月数十回の入力作業が発生しているERPの入力作業
ERP、メール、Office、独自システム 年間800時間を効率化
製造 経費支払先のチェックおよびマスタ登録 ・経理部門において、依頼書の受信を契機として経費支払い先のチェックおよびマスタ登録 ERP、メール、Office 年間400時間を効率化
製造 システム利用状況報告 ・グローバル50以上の拠点のシステム利用状況をExcelで収集し、定期的に本社にてレポートする業務 メール、Office 問題のある拠点をルールに基づいて抽出し、改善促進
製造 品質分析資料の自動作成 ・作業時間の削減、更新の即時反映
・品質の向上を狙い、Webシステムの情報から資料を更新する作業
Web、Office 年間数百時間を効率化。資料更新を6ヵ月に1回から毎月更新に
製薬 医薬品情報の収集・調査業務 ・医薬品の副作用等に関する情報を所定のサイトから収集
・前回との更新内容の差分チェック、製品比較を行い、調査結果を生成
Web、Excel、Google Chrome、Gmail サイトからのデータ収集から内容のチェック、比較して調査結果を生成する業務を一連で自動化。年間数百時間の効率化
製造 製品販売後のアフターフォロー進捗状況の報告 ・製品販売後のアフターフォロー進捗状況を可視化し、報告する業務 独自システム、Excel 膨大なデータを独自システムから取得。製品別、拠点別、担当別など、さまざまな切り口で分析しやすい状態に加工し、報告書を生成する業務を自動化
小売 センターへの商品送付数量の確認業務 ・物流企画部門における、各センターへの商品発送数の確認業務 Web、Excel 商品の発送予定数を送付。拠点からの返送を受けて、数量を確定する業務を自動化
食品 営業サポート業務 ・営業サポート部門における、POS情報のダウンロード、加工、登録業務など Web、メール、独自システム、Office等 情報のダウンロード、加工、登録業務など、「年間数百業務、数万時間の削減」を狙って試行中
製造 人事系管理業務 ・勤怠管理における申告と実績の乖離チェック、人事系申請受付業務 Web、メール(Notes)、独自システム、Office等 勤怠管理における申告と実績の乖離チェック、人事系申請受付業務の自動化
食品 固定資産管理業務 ・固定資産登録申請に基づく基幹システムへの登録業務など Web、メール(Notes)、EBS(米オラクル社提供のERP)、独自システム 固定資産登録の自動化を試行中
小売 経理系管理業務 ・銀行Webサイトからの帳票出力、会計システム操作、手管理によるExcel操作業務 Web、Excel、独自システム、PDF 6業務にて年間数百時間を効率化


参照元:
「ロボット40体がルーティンを代行!3.5万時間の削減を目指す、サントリーの働き方改革」/SELECK
「TIS、RPAを活用した横河電機の本社業務の生産性改革を支援」/TIS INTEC Group
「ホワイトカラー生産性改革ソリューション」/TIS Direct Web

Automation Anywhereの導入対象

RPAを導入したい対象業務については、一般的に見ると以下のようになっている。それは、Automation Anywhereの場合でも変わりはない。

・同様の作業を繰り返す業務
・作業時間数が多い業務
・データの正確性が必要とされる作業
・作業時間が就業時間外にならざるをえない業務
・作業時間が限定的で他の作業を中断して行う業務
・作業者が自動化を要望する業務

RPAのロボットは、メール送信を含めたシステムへのデータ入力や、メール受信を含めたデータ出力が得意な分野となっている。Automation Anywhereでも、このような動作を組み合わせて導入していく形となっている。具体的には、以下の4部門・13業務がおもなRPA導入対象として適している。

ただし、Automation Anywhereの場合、その特徴でもある機械学習機能や自然言語処理技術によって、非定型データへの対応も可能なため、さらに多くの業務にも導入できるかもしれない。

<経理・財務部門>
・売掛・入金業務
・買掛・支払業務
・交通費の確認・精算業務
・資産の管理業務
・財務データ作成業務

<人事・総務部門>
・過重労働の管理業務
・人事考課の業務
・採用~入社管理業務
・経営者に向けた月次報告書を作成する業務

<購買・倉庫部門>
・メールによる発注業務
・Web EDIによる出荷業務
※Web EDIとは、受発注取引を電子的に行うEDI(Electronic Data Interchange)をインターネットで行う手法のこと。

<営業・販売部門>
・販売状況の調査業務
・定期販売する商品の見積もりを作成する業務
・メールによる受注業務
・Web EDIによる受注業務

導入対象業種

Automation Anywhereの導入対象業種は、金融、保険、通信・ネット・メディア、IT、航空・旅行、アパレル、流通小売、通販など、幅広い業種であり、バックオフィス業務が多く発生する企業であれば、導入対象の業種は問わない。

Automation Anywhereの価格・ライセンス

年間利用料は、標準価格100万円(税抜)程度からとなっている。

大規模な導入に適したAutomation Anywhere

高いセキュリティ基準に対応するほか、非定型データにも対応するなど、先進的な機能を搭載しているRPAがAutomation Anywhereだ。1台からの導入も可能だが、全社導入やグローバル拠点への一斉導入など、大規模に導入する場合により適しているといえるだろう。

販売代理店

Automation Anywhereは、Automation Anywhere社のほか、パートナー契約を結んでいる日立ソリューションズ、日本IBM、Bit、アクセンチュア、デロイトトーマツ、EY、KPMG、Genpact、Wipro、SHIFTなどの企業からも提供されている。

また、Automation Anywhere社はコンサルティングサービスを行っており、製品導入を検討している場合は導入サポートを受けることもできる。

ダウンロード資料

会社概要

会社名:オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
資本金:非公開
設立年月:2018年3月
代表者氏名:代表取締役社長 杉原博茂
事業内容:RPA業務⾃動化ソリューションの販売とサポート
本社所在地:〒108-0075 東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー8F

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事