共有する

アビームコンサルティングのRPA業務改革サービスとは

アビームコンサルティングのRPA業務改革サービスとは

アジアを基点とするグローバルコンサルティングファームであるアビームコンサルティング株式会社。専門知識とノウハウを身に付けた数多くのコンサルタントが、クライアント企業の経営をサポートしている。

アビームコンサルティングでは、経営戦略からBPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)、システム実装、アウトソーシングまで、一貫したサービスを提供している。そうしたサービスのメニューの中に、2016年11月新たに加わったのが「RPA業務改革サービス」だ。同社では、2011年からクライアント企業のRPA導入プロジェクトを支援しているが、その取組みをサービスメニューとしてラインナップし、本格的に提供し始めたものである。それ以来、サービスの拡充が続いているRPA業務改革サービスの詳細を紹介していきたい。

アビームコンサルティングが手掛けるRPAの総合サービス

アビームコンサルティングのRPA業務改革サービスは、RPAの販売自体に加えて、同社が保有する業務改革ノウハウを組み合わせて提供するサービスである。アビームコンサルティングが持つ数多くの業務実績・知見を活かし、現場を巻き込んだスピーディーな業務改革を実施してくれるのが特徴だ。

昨今の企業においては、業務の効率化が最重要課題となっている。とはいうものの、比較的小さな業務についてはコスト面や対応のしにくさから、人手に頼ったままでいる定型業務が残っている企業も多い。そこでアビームコンサルティングでは、バックオフィス部門の生産性向上と人的資源の有効活用を推進するため、「BizRobo!(ビズロボ)」「Blue Prism(ブループリズム)」といったRPAツールを活用し、業務自動化を推進するRPA業務改革サービスを提供している。

BizRobo!とは

BizRobo!は、10,000ロボットの開発・運用実績とノウハウを持っているRPAツールだ。また、バックグラウンド型RPAであることから、無制限にロボットを構築、単一環境で稼働することが可能。1端末で100台以上のロボットの稼働を実現するという、スケーラビリティを持っている。

Blue Prismとは

Blue Prismとは、エンタープライズ分野で評価が高いRPAツールである。そのため、IBMやシーメンス、チューリッヒ・インシュアランス・グループ、ノキア、プロクター&ギャンブル(P&G)など、グローバル企業を中心に全世界で500社以上の導入実績を誇っているほか、日本でも大手企業を中心に導入が進んでいる。効率の良いロボット開発ができるだけでなく、セキュリティ、コンプライアンス、スケーラビリティというIT要件を満たしているRPAツールといえる。

アビームコンサルティング「RPA業務改革サービス」でできること・特徴

BizRobo!やBlue PrismといったRPAツールを活用しているアビームコンサルティングのRPA業務改革サービスでは、同社コンサルタントが持つ数多くの業務改革経験を活かして、現場を巻き込んだ業務改革を実施できるという特徴がある。数多くの業務改革プロジェクトを経験してきたコンサルティング会社ならではの知見とノウハウに基づいて、スピーディーに導入効果を「見える化」して、業務改革を推進していく。

低価格で業務改革を実施

RPAは、従来型のシステム開発やパッケージ導入に比べて低い初期投資費用(200万~300万円程度)で活用をスタートできる。そのため、従来のIT手法では費用対効果が見合わないと目されていた多くの細かい定型業務の自動化にも、幅広く適用できる。

PC画面やWebブラウザー画面を認識し、自動化が行えるため、既存のシステムや電子メールなどとも簡単に連携できる。そうしたRPAの特性を活かして網羅的に定型業務の自動化を行えば、業務改革による大きな生産性の向上が見込める。

段階を踏んだアプローチからRPA本格導入へ

RPAの導入を検討している場合、RPA業務改革サービスではまず「簡易効果診断」からスタートする。この段階では、ロボット化する定型的な対象業務の広範囲な洗い出しを行い、工数削減の効果や開発コストの概算を算定していく。

次のステップである「トライアル導入」では、2~3台のロボットを導入。実環境におけるロボットの有効性を検証し、効果の実感を確認した上で、「本格導入」(大規模展開)のステップへと進んでいく。この段階では、ロボット化の対象業務を特定し、要件定義・開発・導入・テストを行っていくほか、運用体制を構築し、保守運用ルールを策定するといった作業を進めていく。

アビームコンサルティングのRPA業務改革サービスでは、このように丁寧なアプローチを重ねることでRPAの導入成功へと導いていくのが特徴だ。

サービス内容を拡充

当初、アビームコンサルティングがRPA業務改革サービスで提供しているRPAツールはBizRobo!だけとなっていたが、さまざまなユーザーニーズに応えるため、提供するRPAツールのメニューが拡充されている。

2018年8月には、エンタープライズ向けのRPAツールであるBlue Prismを追加。「大規模にRPAを活用したい」「よりセキュアな環境で業務を遂行したい」と考える企業のニーズに応える形で導入された。アビームコンサルティングでは、Blue Prismの導入だけでなく、ガバナンスルールの策定や導入企業の社内体制の構築、開発の内製化、複数の組織への大規模な展開など、ニーズに合わせて総合的に支援していく体制となっている。

さらに2018年9月には、クラウド型のRPAサービス「ABeam Digital Labor Cloud」の提供も開始した。中小企業では、RPAの導入はコストの制約、技術的な開発スキルや運用保守などのノウハウ不足により、業務プロセス全体の効率化に至らないという課題がある。そこで、クラウド型サービスを利用することで、企業が独自に構築・運用環境を準備する必要がなくなり、RPA導入時の負担を大幅に軽減できるようになる。

ABeam Digital Labor Cloudを導入すると、トライアル時であれば、必要な準備や作業内容が盛り込まれたマニュアルや本格導入に必要な方法、導入後に求められる開発や運用のノウハウなどを閲覧・利用できるようになる。そのため、専門人材がいない企業でも、RPAの最適な導入と運用を無理なく実現できるメリットがあるのだ。

アビームコンサルティング「RPA業務改革サービス」の活用例

アビームコンサルティングのRPA業務改革サービスでは、汎用性RPAであるBizRobo!や、エンタープライズ向けRPAであるBlue Prismなど、中小規模の導入からエンタープライズクラスの導入、さらにクラウド型のRPAサービスまで、用途や予算に応じて最適なRPAツールを提供できる。

では、具体的にどのような活用の仕方が可能なのだろうか?以下にその活用事例をいくつか紹介していこう。

BizRobo!の活用例

BizRobo!の活用例としては、株価取得、新着不動産物件調査、ECサイトへの商品登録など、さまざまな例がある。以下に動画では、その操作画面も紹介されているので、ぜひ参考にしてもらいたい。

・株価取得

BizRobo!を使って、Yahoo!ファイナンスから株価を取得するロボットを5分で作成した模様を紹介している。

■【BizRobo! Demo】Basic Series 株価取得ロボット_作成デモ動画

・新着不動産物件調査

BizRobo!で、不動産サイトから新着物件を収集するロボットも簡単に作成が可能となる。

■【BizRobo! Demo】BizRobo! Basic Series 新着不動産物件調査ロボット_デモ動画

・商品登録

BizRobo!を使用して、ロボットによりECサイトに商品登録を行うこともできる。

■【BizRobo! Demo】Basic Series 商品登録ロボット_デモ動画

Blue Prismの活用例

Blue Prismはエンタープライズ向けRPAツールであるが、わかりやすい操作画面を持っているのが魅力だ。

・プロセス実行ログ取得

ドラッグ&ドロップ機能も使えるグラフィカルな描画インターフェースにより、管理画面は操作しやすくなっている。Microsoft SQL Serverを使用することで、多くの実行ログを取得することが可能だ。また、ロボットやプロセスの実行ログのほか、ロボットが操作し入力したデータの内容もログとして残しておくことができる。また、逆にログを残さないようにプロセスを作成することも可能だ。

・例外処理ハンドリング

例外時のエラーの処理依頼やアラート通知、一部の再実行の可能性など、自由度の高いプロセス設計と実装が可能だ。

アビームコンサルティング「RPA業務改革サービス」の導入事例・実績

アビームコンサルティングでは、2011年からいち早くクライアント企業のRPA導入プロジェクトを支援しているが、RPA業務改革サービスをスタートするにあたり、自社でもRPAの導入を実践している。

アビームコンサルティングの自社でのRPA導入事例

アビームコンサルティングでは、自社のコンサルティング業務に必要な情報をタイムリーに集計したかったが、社内外に活用すべきデータが大量に散在していたため、データ集計作業に大きな労力を要しており、コスト負担も大きかった。

そこで、RPAツールとしてBizRobo!を導入。散在していたデータの収集を自動化した結果、データ集計に関する業務負荷が軽減され、大幅なコスト削減が実現した。また、迅速にデータ集計できるようになったことで、分析、施策立案、実行までのサイクルを短期間に何回も実行できるようになり、意思決定の品質が向上した。

アビームコンサルティング「RPA業務改革サービス」の導入対象

一般的にRPAを導入したい対象業務としては、以下のような業務がある。

・同様の作業を繰り返す業務
・作業時間数が多い業務
・作業時間が就業時間外にならざるをえない業務
・作業時間が限定的で他の作業を中断して行う業務
・作業者が自動化を要望する業務

RPAのロボットは、メール送信を含めたシステムへのデータ入力や、メール受信を含めたデータ出力が得意な分野となっており、RPAツールにはこのような動作を組み合わせて導入していく形となっている。

RPAでは、これまで自動化できなかったERP(統合基幹業務システム)やWebメール、ファイルサーバー、デスクトップ上のExcel関連ファイルなど、アプリケーションをまたいで発生する広範囲の業務を自動化することが可能となる。業務の一連の流れと参照情報を整理し、それをロボットが記憶して自動化するため、コーディングなどのシステム開発が不要なところがメリットとなっている。

そのため、従来のシステム開発の手法では対応することが難しかった業務(業務量が少ない、変更が多い、標準化できない等々)でも自動化することが可能だ。

具体的には、以下の4部門・13業務がおもなRPA導入対象として適しているだろう。

<経理・財務部門>
・売掛・入金業務
・買掛・支払業務
・交通費の確認・精算業務
・資産の管理業務

<人事・総務部門>
・過重労働の管理業務
・人事考課の業務
・経営者に向けた月次報告書を作成する業務

<購買・倉庫部門>
・メールによる発注業務
・Web EDIによる出荷業務
※Web EDIとは、受発注取引を電子的に行うEDI(Electronic Data Interchange)をインターネットで行う手法のこと。

<営業・販売部門>
・販売状況の調査業務
・定期販売する商品の見積もりを作成する業務
・メールによる受注業務
・Web EDIによる受注業務

導入対象の業界・業種

RPA導入の対象となる業界・業種は幅広い。金融、保険、通信・ネット・メディア、IT、航空・旅行、鉄道、アパレル、流通小売、通販など、バックオフィス業務が多く発生する企業であれば、導入対象の業界・業種は問わないといえる。

アビームコンサルティング「RPA業務改革サービス」の価格・ライセンス

アビームコンサルティングのRPA業務改革サービスの価格設定は、導入するRPAツールやサービス内容によって違う。

BizRobo!を導入する場合で、クラウド型を利用する場合には月額20万円程度(ライセンス料含む)から提供されている。また、業務のヒアリング調査から新業務の設計、ソフトウェアの導入、ロボットの開発、導入後の効果診断までの一連のサービスは、100万円程度から提供している。

Blue Prismを導入する場合には、1ロボット(1ライセンス)あたり年間120万円から提供されている。また、Blue Prismの導入から、自動化対象業務の選定、ロボット設計・開発、テストまでを含めたサービスの総額は300万円程度(ライセンス費用別)からとなっている。

アビームコンサルティング「RPA業務改革サービス」の動作環境

アビームコンサルティングのRPA業務改革サービスで提供されているBizRobo!の動作環境は、以下のようになっている。

■BizRobo!のソフトウェア動作環境

サーバーの運用環境 Windows Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2
Linux(64bit) CentOS-7/Red Hat Enterprise Linux 6.x/7.x/Debian 8.2
開発環境 Windows Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows 7/Windows 8/Windows 10
Linux(64bit) CentOS/Red Hat Enterprise Linux 6.x/7.x/Ubuntu 14.04 LTS with libqt5webkit5 library
デスクトップ環境 Windows Windows 7/Windows 10
※Windows アプリケーション利用時に必要
データベース Oracle/MS SQL Server/IBM DB2/Sybase/MySQL/HBaseなど
※対応バージョンは要問い合わせ

■BizRobo!のハードウェア動作環境

サーバーの運用環境 CPU ntel Xeon X5680/X5677 相当以上
メモリー 8GB以上
HDD 空き容量5GB以上
開発環境 CPU Intel Core Duo 2.66 GHz相当以上
メモリー 8GB以上
HDD 空き容量5GB以上

■Blue Prismの動作環境

以下の条件を持つ端末やサーバーが必要となる。

ランタイムリソース端末 Microsoft.NET Framework
※インストール/実行前提として必要
※仮想環境を推奨
※同時稼働数分のデスクトップ環境が必要
インタラクティブクライアント端末 Microsoft.NET Framework
※インストール/実行前提として必要
※仮想環境を推奨
アプリケーションサーバー Microsoft.NET Framework
※インストール/実行前提として必要
※仮想環境を推奨
データベースサーバー  

※各端末やサーバー構成、推奨スペック、Microsoft.NET Frameworkバージョンについては、稼働規模やBlue Prismのバージョンにより異なるため、要問い合わせ。

会社概要

会社名:アビームコンサルティング株式会社
資本金:62億円
設立年月:1981年4月
代表者氏名:代表取締役社長 岩澤俊典
事業内容:
■マネジメントコンサルティング
(経営診断・戦略立案・M&A・アライアンス)
■ビジネスプロセス コンサルティング
(業務改革・組織改革・アウトソーシング)
■ITコンサルティング
(IT戦略・企画立案・システム開発・パッケージ導入・保守)
■アウトソーシング
本社所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング24F

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事