共有する

大塚商会のRPA導入支援サービスとは

コンピューターや複合機、通信機器などをおもに取り扱う独立系マルチITベンダーである株式会社大塚商会。同社が持つ強みといえば、すべてが一社で完結する総合力だろう。ソフトウェアからハードウェア、インフラ環境まで一元的に提供できるからこそ、ユーザーの全体最適を見据えたシステムの構築が可能なサービスを提供している。

その大塚商会では、自社内でもRPAツールの導入を展開している。そして、自社での経験やノウハウを基に、他社に対してRPAの導入支援サービスを提供している。大塚商会では、どのようにRPAをとらえ、導入支援サービスを行ってくれるのか見ていきたい。

自社運用の経験とノウハウを提供する大塚商会のRPA導入支援サービス

RPAの導入に失敗しないためには、RPAツールを選ぶことよりも先に、導入前のさまざまな事前検討が必要となる。その事前検討から手伝ってくれるのが、大塚商会のRPA導入支援サービスのユニークなところだ。

大塚商会の導入支援サービスは、大きく下記の2つに分かれている。

・まずは、どの業務をRPA化する?「簡易導入支援コンサルティング」
導入予定の企業の中で業務プロセスの確認を行い、自動化が可能な業務の有無を洗い出していくサービス。

・お試し業務ロボット化「RPA PoCサービス」
簡易的なロボットを数台作成し、ロボットの働き方を体感していくことができるサービス。

大塚商会「RPA導入支援サービス」でできること・特徴

大塚商会は、自社のサポートセンターで本格的にRPAを導入し、大きな成果を上げている。その経験を活かして、ユーザー向けのRPA関連サービスも提供している。

RPAツールの提供とともに、導入から運用支援に至るさまざまなフェーズで多彩なサービスメニューをそろえることで、ユーザーのRPA導入を強力にサポートしている。そこが、他の開発者やベンダーとの大きな違いだ。

大塚商会のRPA導入支援サービスのメニュー例

大塚商会では、さまざまなツールや業務を網羅しつつ、RPAの事前準備から稼働後の運用までをフォローしている。事前の情報収集から導入計画の立案、ロボット化の検証、ロボットの作成、そして運用管理まで、すべてのフェーズにわたって、以下のようなサービスメニューをそろえている。

自社におけるRPA導入の経験を通じて積み重ねた知見を活かしているからこそ、充実したサービスメニューの整備が可能となっているのだ。

・RPAハンズオントレーニング
RPAツール「WinActor(ウィンアクター)」に実際にふれることで、疑問や不安を解消していく。

・Officeマクロ互換性検証
最新バージョンのMicrosoft Officeでもマクロが動くかどうかなどを検証していく。

・簡易導入事前サービス
RPAツールで自動化すべき業務か、それともシステム開発をしていくべきかなどを判断する。

・検証支援PoCサービス
2ヵ月間の試用ライセンス権と導入支援をセットで提供。実際の業務をロボット化してRPAを導入するに際して、PoC(概念実証)を行っていく。

・簡易導入計画診断~HIT.s(チャート作成システムおよび業務プロセス可視化法)~
業務改善のAs-Is/To-Be(ギャップ分析)管理を一括で行えるツールを提供していく。

・トライアル支援サービス
試用ライセンスのインストール、要件ヒアリング、サンプルロボットの作成を行う。

・導入支援サービス
ロボット化の検討結果を基にして、ロボットを順次作成。RPAの稼働までを支援していく。

・定着化・習慣化
RPA利用者向けのトレーニングを多数そろえている。

・サポート
稼働がスタートしたロボットに関して、メールでの技術支援を行っていく。

・追加ロボット支援
ニーズに合わせて追加のロボット作成を支援していく。

大塚商会のRPA導入支援の流れ

大塚商会では、以下のような流れでRPAの導入支援を行っている。

1. 管理者育成
・有料スクールの提供
2. 導入ツール決定
・導入予定のツールを実際に使ってみた上で決定を行う
3. ロボット化検討
・導入支援サービスの提供
4. ロボット作成
・訪問開発サービスなどを利用したロボット化の支援
・大塚商会側が作成支援したロボットはユーザー管理者へのスキルの移行を実施
5. 運用サービス
・メールベースでの技術的支援を実施

大塚商会「RPA導入支援サービス」の活用例

大塚商会では、自社サポートセンターで100種類以上のロボットを開発し、年間1億円以上にもなる大幅なコスト削減を実現している。その経験・実績から、RPA導入支援サービスでも、複数社のRPA製品を取り扱っており、用途に応じて最適なRPAツールを提供している。

具体的には、「BizRobo!(ビズロボ)」「WinActor」「Autoブラウザ名人」「Autoメール名人」の4つのツールであるが、特にBizRobo!やWinActorについては、自社の「たよれーるコンタクトセンター」と、それをサポートしている技術部門でも運用しており、数々の導入実績を積み重ねている。

・BizRobo!
日本国内での導入実績No.1のRPAツールであるBizRobo!。サーバーでロボットを動作させる場合に、複数のロボットを同時実行できるほか、負荷分散など高度な管理機能を提供する。フロー形式でシナリオを作成するタイプであり、最新バージョンでは自動記録によるシナリオ作成もサポートしている。

・WinActor
日本国内での導入実績を多数持っている、純国産のデスクトップ型RPAツールのWinActor。Windows上で動作するあらゆるアプリケーションに対応しており、GUI(グラフィカルユーザインタフェース)による自動記録機能でシナリオ作成が可能だ。

関連記事 日本語対応で圧倒的なシェアを誇る純国産RPAツール「WinActor」とは

・Autoブラウザ名人
Autoブラウザ名人は、ブラウザー操作自動化の安定性に定評があり、500社を超える稼働実績を持っているRPA連携ツールだ。エラー通知やスケジュール実行など、運用面も充実している。

・Autoメール名人
メールの送受信、添付ファイルの操作、本文からのテキスト抽出など、メールに伴う業務を自動化してくれるRPA連携ツールのAutoメール名人。データ変換やスケジュール機能も搭載している。

大塚商会のRPA人材育成サービス

大塚商会のRPA導入支援サービスは、ハードやソフトの提供だけではない。RPAを扱える人材を育成するために、WinActor習得のための講座も用意している。

時間が取れない担当者向きの「速習コース」、基本操作をじっくりと学べる「標準コース」など、受講者は自分の都合に合わせてコースを選ぶことが可能だ。また、大塚商会が持つ研修施設で定期的に開催されている「オープンコース」のほか、企業向けにカスタマイズした研修も行っている。

大塚商会の自社でのRPA導入事例・実績

大塚商会のサポートセンター部門では、たよれーるコンタクトセンターと、たよれーるマネジメントサービスセンターという、サービスや製品に応じた2種類のサポートセンターを運営している。

たよれーるコンタクトセンターでは、約500名のコミュニケーターを抱え、月間10万件ものユーザー対応を行っている。ただし、そこで使用されているCTS(Call Tracking System)は、すべての部署で使用する共通システムであるため、細かなカスタマイズの要望に応じることができなかった。そこで、CTSで対応できない部分については、Excelなどを使用して手作業を行っていた。

また、同社の顧客へと提供するさまざまなサービスを管理しているたよれーるマネジメントサービスセンターでは、2016~2017年にかけて定型業務の自動化を実施していたが、自動化が実現した業務は限られており、現場からの業務効率化のニーズに対しては十分に応えられていなかった。

このような課題を解決することを目指して、大塚商会ではRPAの導入を決定。2017年末までに社内で約60種類のロボットの開発が完了した。それまでに開発されたロボットによる自動化の効果は、人件費に換算して年間8,000万円相当と試算されている。

それらのロボットにおけるめざましい成果のひとつが、顧客からの問い合わせに対する回答がまとめられたFAQの作成だ。人手では970時間かかると試算された入力作業や分析作業を、ロボットはわずか1時間で実行。さらに、FAQの内容が充実したことによって、一部の内容に関する問い合わせ件数を半減させることができた。

大塚商会では、2018年4月までに開発されたロボットもあり、ロボット開発数は100種類以上となる。それも含めると、RPAによる年間のコスト削減の合計金額は1億円以上になる見込みとなっている。

大塚商会「RPA導入支援サービス」の導入対象

一般的にRPAを導入したい対象業務は、以下のような定型業務が優先される。
・同様の作業を繰り返す業務
・作業時間数が多い業務
・作業時間が就業時間外にならざるをえない業務
・作業時間が限定的で他の作業を中断して行う業務
・作業者が自動化を要望する業務

RPAのロボットは、メール送信を含めたシステムへのデータ入力や、メール受信を含めたデータ出力が得意な分野となっており、RPAツールにはこのような動作を組み合わせて導入していく形となっている。具体的には、以下の4部門・13業務がおもなRPA導入対象として適しているといえるだろう。

<経理・財務部門>
・売掛・入金業務
・買掛・支払業務
・交通費の確認・精算業務
・資産の管理業務

<人事・総務部門>
・過重労働の管理業務
・人事考課の業務
・経営者に向けた月次報告書の作成業務

<購買・倉庫部門>
・メールによる発注業務
・Web EDIによる出荷業務
※Web EDIとは、受発注取引を電子的に行うEDI(Electronic Data Interchange)をインターネットで行う手法のこと。

<営業・販売部門>
・販売状況の調査業務
・定期販売商品の見積もりを作成する業務
・メールによる受注業務
・Web EDIによる受注業務

大塚商会RPA導入支援サービスの導入対象となる業界・業種

RPAの導入対象となる業界・業種は、金融、保険、通信・ネット・メディア、IT、航空・旅行、鉄道、アパレル、流通小売、通販など、幅広い。バックオフィス業務が多く発生する企業であれば、導入対象の業種は問わないだろう。

大塚商会「RPA導入支援サービス」の価格・ライセンス

2タイプのRPA導入支援サービスの価格体系は以下のとおりとなっている。ライセンスについては、RPAツールの種類や導入規模によって異なるため、問い合わせの必要がある。

■まずは、どの業務をRPA化する?「簡易導入支援コンサルティング」

対象RPAツール WinActor、Autoブラウザ名人
価格 10万円

■お試し業務ロボット化「RPA PoCサービス」

対象RPAツール BizRobo!、WinActor
価格 120万円

大塚商会「RPA導入支援サービス」の動作環境

大塚商会が取り扱っているRPAツールであるBizRobo!、WinActor、Autoブラウザ名人、Autoメール名人の動作環境は、それぞれ以下のようになっている。

■BizRobo!の動作環境(ソフトウェア)

サーバーの運用環境 Windows Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2
Linux(64bit) CentOS-7/Red Hat Enterprise Linux 6.x/7.x/Debian 8.2
開発環境 Windows Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows 7/Windows 8/Windows 10
Linux(64bit) CentOS/Red Hat Enterprise Linux 6.x/7.x/Ubuntu 14.04 LTS with libqt5webkit5 library
デスクトップ環境 Windows Windows 7/Windows 10
※Windows アプリケーション利用時に必要
データベース Oracle/MS SQL Serve/IBM DB2/Sybase/MySQL/HBaseなど
※対応バージョンは要問い合わせ

■BizRobo!の動作環境(ハードウェア)

サーバーの運用環境 CPU Intel Xeon X5680/X5677 相当以上
メモリー 8GB以上
HDD 空き容量5GB以上
開発環境 CPU Intel Core Duo 2.66 GHz相当以上のCPU
メモリー 8GB以上
HDD 空き容量5GB以上

■WinActorの動作環境

対応OS Windows 7 SP1/Windows 8.1/Windows 10/Windows Server 2016
対応ソフトウェア Microsoft Office 2010/2013/2016
※ただし、Windows端末から操作可能であれば、ERPやOCR、ワークフロー/電子決済、個別の作り込みシステム、共同利用システムまで、あらゆるソフトウェアに対応可能。
対応ブラウザー Internet Explorer 8/9/10/11
※「ひな形作成機能」使用時(FirefoxやChromeは、画像認識を使った自動操作、座標を指定した自動操作によって対応が可能)
対応アプリ開発環境 Microsoft.NET Framework 3.5/4.0/4.5
推奨CPU Intel Pentium4 2.5GHz相当以上
ハードディスク 空容量 500MB以上
メモリー 2GB以上
ディスプレイ XGA(1024×768)以上
※高解像度ディスプレイを使用する場合、Windowsの設定でテキストやアプリのサイズを変更している文字やアイコンのレイアウト崩れが発生する可能性あり。

■Autoブラウザ名人の動作環境

対応OS Windows 10 Pro/Enterprise(32bit/64bit)
Windows 8.1 Pro/Enterprise(32bit/64bit)
Windows 7 Professional/Enterprise SP1(32bit/64bit)
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2 Standard
※Autoブラウザ名人のインストールやアンインストール、実行にはAdministrators権限が必要
対応ブラウザー Internet Explorer 11/10/9(Microsoft Edgeは次期バージョンで対応予定)
※自動化するサイト、関連サイトは、信頼済みサイトへの登録を推奨。
※Windows UI(Modern UI)のInternet Explorerを除く。
その他 DVDドライブ必須(インストール時)
SQL Server 2012 Express必須(製品ディスクに同梱)
Microsoft.NET Framework 4、.NET Framework 4以降必須(製品ディスクに同梱)
※「自動瀏覧器名人」(中国語版Autoブラウザ名人)は中国語簡体字版OSで動作。

■Autoメール名人の動作環境

動作OS Windows 10 Pro/Enterprise(32bit/64bit
Windows 8.1 Pro/Enterprise(32bit/64bit)
Windows 7 Professional/Enterprise SP1(32bit/64bit)
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2 Standard
メールプロトコル POP before SMTP、APOP
POP3、POP3(SSL/TLS、STARTTLS)
SMTP、SMTP(SSL/TLS、STARTTLS)
SMTP-AUTH(PLAIN、LOGIN、CRAM-MD5)
IMAP、IMAP(SSL/TLS、STARTTLS)
その他 DVDドライブ必須(インストール時)
SQL Server 2012 Express、Microsoft.NET Framework 4 以降必須(製品ディスクに同梱)
PDF変換機能を利用の際は、対応する日本語版のMicrosoft Officeが必要となる(2016年4月現在、Microsoft Office 2010/2013/2016の動作を確認済み)

大塚商会は充実したRPA導入支援サービスを提供する

自社でRPAを導入して業務の自動化に取り組み、蓄積したノウハウをベースにして、充実したRPA関連サービスを提供している大塚商会。豊富な経験と知見に基づいたRPA導入支援サービスであればこそ、適切なソリューションが可能となる。フェアやセミナーなども頻繁に開催しており、導入に際して的確なサポートを行ってくれるはずだ。

会社概要

会社名:株式会社大塚商会
資本金:103億7,485万1,000円
設立年月:1961年7月
代表者氏名:代表取締役社長 大塚裕司
事業内容:
■システムインテグレーション事業/コンピューター、複合機、通信機器、ソフトウェアの販売および受託ソフトの開発など
■サービス&サポート事業/サプライ供給、保守、教育支援など
本社所在地:〒102-8573 東京都千代田区飯田橋2-18-4

ユーザー情報確認

お客様の情報をご確認ください

会社名/団体名必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須

表示ユーザ情報確認

ここで登録された表示名、所属はサイト上で表示されるようになります。
登録いただいた情報は後から変更することも可能です。

表示名必須
所属
所属を表示させない

関連記事