ログイン

共有する

「UiPath」とは?価格・使い方・導入事例・特徴まで詳しく解説

2013年に登場したRPAツールである「UiPath(ユーアイパス)」は、ワールドワイドで1,000社以上の導入実績を持つ世界有数のRPAツールだ。スモールビジネスの団体や教育機関、非営利団体、個人の開発者などが無料で使える「UiPath Community エディション」を提供しているほか、60日間無料のトライアル体験ができることから、導入のハードルが低いRPAツールといえるだろう。

RPAツール「UiPath」とは

UiPathは、数千ものビジネスオペレーションに対応したロボットのワークフローを、1つの開発ツールによって作成できるRPAである。UiPathには、開発機能を持つワークフローキャンバス「UiPath Studio」、管理コンソールである「UiPath Orchestrator」、実行機能を持つデジタルレイバー「UiPath Robot」の3つのツールが用意されており、ニーズに合わせて導入していくことが可能だ。
UiPathは現在、世界で1,000社以上、日本で310社の導入実績を誇っており、世界でも有数のRPAツールである。2017年2月には日本法人も設立され、日本人による日本語サポートも開始している。

UiPathの歴史は、Microsoftの出身であるDaniel Dines(ダニエル・ダインズ)氏がUiPath社を2005年に設立したことからスタートした。2013年には、UiPathの第1号の提供を開始し、現在のUiPath Studioへと至っている。

UiPath Studio 製品概要

UiPathの特徴・できること

UiPathは、Excel、Word、AccessのようなWindowsのデスクトップ上で行うアプリケーションの操作から、クラウドサービスを含むWebアプリケーションの操作、Webブラウザからのデータ取得(スクレイピング)、ERPやCRMなどの基幹システムにまで対応し、幅広い操作を連携して自動化できるのが特徴だ。ロボットのプロセスを追加・変更したいときには、マウスによるドラッグ&ドロップで操作できるなど、直感的でわかりやすいインターフェースで実行できる。また、ロボットのスケジューリングや作業負荷の管理、監査と監視、報告といった業務は、UiPath Orchestratorによってすべて集中管理できるため、安全性を担保しながら運用できる。

導入のメリット

UiPathは、直感的に操作でき、豊富な機能を備えた自動化開発環境を提供している。そのため、ロボットによるワークフローの構成を素早く簡単に構築できる。ワークフロー構成の作業記録は、単純にアクティビティ(ロボットにさせる動作)をワークフローにドラッグ&ドロップするか、レコーダーを使用するだけで簡単に行える。

また、ほかのRPAツールではカバーできない複雑な手順を、拡張可能なオープンな設計のもとで自動化できることも、UiPath導入のメリットといえる。その上、リアルタイムにチームで共同作業を行えるよう設計されており、作業場所に関係なく、いつでもデータにアクセスすることも可能となっている。

ほかのRPAツールとの違い

UiPathは、開発機能、実行機能、管理機能がそれぞれ独立したツールであるところが、ほかのRPAツールとの違いだ。また、サーバーにインストールして開発・実行・管理を行う「サーバー型」にも、単独のPCにインストールしてデスクトップで開発・実行のみを行う「クライアント型」にも対応している。そのため、開発・実行機能だけの最小単位からスタートして、さらなる開発や実行機能が必要になった時にはPCを増やして管理機能を追加し、業務を大きく展開していくことができる。UiPathは予算に応じて、スモールスタートから将来的な事業拡大まで、さまざまなフェーズで利用可能なRPAツールといえるだろう。

3つのツールそれぞれの機能

UiPathは、UiPath Studio、UiPath Orchestrator、UiPath Robotという3つのツールから構成されているRPAだが、それぞれをもう少し詳しく紹介しよう。

・UiPath Studio

ロボットで自動化できるワークフローを作成するUiPath Studioは、作業シナリオの作成にプログラミングコードを使用する必要がなく、直感的な操作で作業フローを記録し、モデル化できる。UiPathは、数千のビジネスオペレーションに対応しており、ファイルの読み込みやクリック動作、アプリケーションの起動・終了など、アクティビティをドラッグ&ドロップで指定すれば、それらの動作をつなぎ合わせることにより、さまざまな操作が自動化される。

・UiPath Orchestrator

UiPath Orchestratorは、作成したロボットの稼働状況を管理するツールだ。アクティビティの監査や監視、さまざまなタイプのプロセスのスケジュールと待ち行列(作業処理の順番待ち)を管理できるほか、レポート作成機能も備えている。また、リリース管理(本番環境への変更管理)、コラボレーションツール、集中ロギング(包括的なログ管理)、ロールベースアクセス制御(認められたユーザーによるシステムへのアクセス管理)もサポートされている。また、APIにより社内外の各種アプリケーションと連携させることも可能となっている。

・UiPath Robot

作業シナリオを実行するためのツールがUiPath Robotだ。従業員のデスクトップPC内にインストールし、人間が操作することにより動作するロボット「Front Office Robot」と、サーバーで動作し、人間による操作が不要なロボット「Back Office Robot」の2つを用意している。
なお、Front Office Robotは、人とロボットが協同で作業するように設計されているため「人間主導型ロボット」とも呼ばれる一方、Back Office Robotは動作に人的関与が不要なため、「ロボット主導型ロボット」とも呼ばれている。

UiPath Studioの動作環境

最低要件 推奨要件
CPU 1.4GHz 32bit(x86) デュアルコア1.8GHz 64bit
メモリ 4GB 4GB
.NET Framework 4.5.2以上
OS Windows 7(update KB2533623)
Window 7 N(update KB968211)
Windows 7 SP1(Update for Universal C Runtime)
Windows 8.1
Windows 8.1 N Media Feature Pack(KB2835517)
Windows 10
Windows 10 N Media Feature Pack(KB4039813)
Windows Server 2008 R2(update KB963697およびDesktop Experience)
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Citrix環境

UiPath Orchestratorの動作環境

サーバーの種類 ロボット数 CPUコア メモリ ストレージ
~250台の無人ロボットのサポート ウェブアプリケーションサーバー ~20 4 4GB HDD 100GB
~50 4 4GB HDD 100GB
~100 4 4GB HDD 150GB
~200 4 4GB HDD 200GB
~250 4 4GB HDD 200GB
SQL Server ~20 4 8GB HDD 100GB
~50 4 8GB HDD 200GB
~100 4 8GB HDD 300GB
~200 8 8GB SSD 400GB
~250 8 16GB SSD 400GB
Elasticsearch Server ~20 4 8GB HDD 100GB
~50 4 8GB HDD 200GB
~100 4 8GB HDD 300GB
~200 4 12GB HDD 400GB
~250 4 12GB HDD 200GB
250〜500台の無人ロボットのサポート ウェブアプリケーションサーバー ~300 8 8GB HDD 100GB
~400 8 8GB HDD 120GB
~500 16 8GB HDD 150GB
SQL Server ~300 16 32GB SSD 400GB
~400 16 32GB SSD 500GB
~500 16 32GB SSD 600GB
Elasticsearch Server ~300 4 12GB HDD 500GB
~400 4 16GB HDD 600GB
~500 4 16GB HDD 600GB
500台以上の無人ロボットのサポート SQL Server 500~ 16 64GB SSD 800GB

UiPath Robotの動作環境

最低要件 推奨要件
CPU デュアルコア1.8GHz 32bit(x86) クアッドコア2.4GHz 64bit(x64)
メモリ 4GB 4GB
.NET Framework 4.5.2以上
OS Windows 7(update KB2533623)
Window 7 N(update KB968211)
Windows 7 SP1(Update for Universal C Runtime)
Windows 8.1
Windows 8.1 N Media Feature Pack(KB2835517)
Windows 10
Windows 10 N Media Feature Pack(KB4039813)
Windows Server 2008 R2(update KB963697)およびDesktop Experience
Windows Server 2012 R2
Citrix環境

UiPathの使い方

UiPathは複雑なプログラミングコードを必要とせず、直感的なドラッグ&ドロップの操作だけで使えるのが特徴だ。Webブラウザからデータを取得しファイルに書き出してEメールで送付したり、複数のアプリケーションと連携し、同時並行で操作しながら複数の従業員と情報を共有したりできるなど、その利用方法は実に豊富だ。
以下に、UiPathのデモ動画を紹介する。動画を見ることで、UiPathの操作の簡単さをより理解することができるだろう。

Webブラウザからのデータ取得

ウィザード(対話形式)を使用してWeb上のデータを取得する場合、まずはUiPath Studioで新しいシーケンス(動作の順序)を作成する。ウィザードを起動すると、データ取得の条件をダイアログで聞いてくるので、それに答えていくだけで準備が完了。実行するUiPath Robotはバックグラウンドで機能し、わずかな時間でデータを取得してくれる。
下の動画は、Webブラウザからのデータ取得を簡単に行える様子を紹介している。Webページ上の構造化されている金融データを取得し、CSVファイルにデータを書き出して、Eメールで送信する作業を数分で自動化できたとしている。

さまざまなアプリケーションの連携

UiPathは、複数のアプリケーションを並行して操作することができる。SAPやレガシーシステム(古くなったコンピュータシステム)とも連携することが可能だ。
下の動画では、Excel、Word、PDF、Eメール、SAP、ターミナル、Salesforceといった7つのアプリケーションを同時に機能させ、データ処理する様子が紹介されている。Excelファイルに、氏名、Eメールアドレス、SAP番号、個人に割り振られた個別コードが入力されているとする。ロボットは最初にこのデータを読み込んでターミナルを開き、各自のコードを入力して、ターミナルから全データを取得する。次に、ターミナル、Salesforce、SAPを立ち上げてログインし、連動する全アプリケーションを準備する。そして、ターミナルから従業員のIDを見つけ出し、EメールアドレスによってSalesforce内の同じ人物を特定(その際、Salesforce内にアカウントのない人物がいれば、自動で登録追加もする)。取得したデータはWordのテンプレートに入力し、PDFに変換したファイルをEメールに添付して送信する。その結果は、Excelファイルに追加されたデータや、従業員各自に宛てたEメールにPDFファイルの添付されていることで確認できる。

UiPathの導入事例・実績

日本では、大手金融機関や大手広告代理店、メーカーなどを中心にUiPathを導入している。その代表的な例を紹介しよう。

・株式会社三井住友フィナンシャルグループおよび株式会社三井住友銀行
大手メガバンクである三井住友フィナンシャルグループおよび三井住友銀行では、2016年下期にからRPA導入プロジェクトがスタートしているが、そのRPAツールにUiPathを採用。約200の業務を自動化し、2017年11月までに40万時間分の業務量の削減を実現した。これに続き、2017年度末までに100万時間分の業務量も削減。さらに、2019年度末までに、約1,500人分の業務量にあたる300万時間分以上の業務量の削減を目指しており、3年で500億円、中期的に1,000億円のコスト削減を目標としている。

・SMFLキャピタル株式会社
リース事業を手掛ける1,000名規模の企業であるSMFLキャピタル株式会社では、UiPathを導入して約半年で約10万時間の業務量の削減を達成。社員の業務に対する意識改革も進んできたという。

・株式会社電通
日本最大の広告代理店である電通では、UiPathを導入して業務効率の改善を進めている。データの分析処理や、経理業務の一部の工程などの自動化を進めており、400の業務をRPAで自動化した。すでに月間で延べ10,000時間を超える業務量の削減を実現している。

UiPathの価格・ライセンス体系

UiPathには、有償版ツールのほか、期間制限のない無償版ツール「UiPath Community エディション」が用意されている。Community エディションを利用可能なのは、教育機関、非営利団体、小規模事業者(年間売上100万ドル以下または250台以下のワークステーション環境)に限られており、UiPath Orchestratorとの統合はできないという制限がある。しかし、利用条件に該当するのであれば、試しで使ってみるのもいいだろう。

なお、有償版のUiPathの料金体系は買取形式ではなく、年間利用料(サブスクリプション)形式となっている。ライセンス料金は販売代理店(パートナー)によって異なってくるが、UiPath Studioが35万~60万円程度、UiPath Orchestratorが250万円程度、UiPath Robotが15万~75万円程度(ライセンスの使用人数により異なる)となっている。そのため、1業務をロボットで自動化するだけなら数十万円程度で可能となる。ただし、ある程度の規模でロボットを開発・実行し、管理するのであれば、数百万円程度のコストが必要となる。

オンラインセミナーやアカデミー、日本語フォーラムも

UiPathは、日本を最重要拠点としており、日本語によるサポート体制を強化している。2018年内には日本法人の体制を100名まで拡充し強化する予定で、顧客からの要求にきめ細かく対応できるようにする一方、2018年には製品の日本語対応も検討中だ。
そして、オンラインセミナーなどの研修体制が充実しているのもUiPathの特徴だ。UiPathを学べる動画「UiPath基本トレーニング」や、専門トレーニングコース「UiPath アカデミー」のほか、UiPath利用時に困った点やバグ報告などが確認できるコミュニティ「UiPath 日本語フォーラム」もあり、UiPathには学習・サポート環境が豊富にある。なお、UiPathはすべてのツールが60日間無料でトライアルが可能となっているので、本格運用する前にぜひ試してほしい。

UiPath基本トレーニング(UiPath Training Essentials)

トレーニング動画はこちら

UiPath関連記事をチェック

この記事にコメント

関連記事

RPA時代で変わる「次世代人事」のあり方とは――ビズリーチ・RPAテクノロジーズ共催セミナーレポート

RPA時代で変わる「次世代人事」のあり方とは――ビズリーチ・RPAテクノロジーズ共催セミナーレポート

付加価値は自ら定義しないと創れない 落合陽一氏が語る、人口減少社会の勝ち筋

付加価値は自ら定義しないと創れない 落合陽一氏が語る、人口減少社会の勝ち筋

「BizRobo!」とは?価格・使い方・導入事例・特徴まで詳しく解説

「BizRobo!」とは?価格・使い方・導入事例・特徴まで詳しく解説

「WinActor」とは?価格・使い方・導入事例・特徴まで詳しく解説

「WinActor」とは?価格・使い方・導入事例・特徴まで詳しく解説

RPA、使いこなす企業は何が違う? 「第2回ロボットコンテスト」レポート

RPA、使いこなす企業は何が違う? 「第2回ロボットコンテスト」レポート

Digital Transformation Trends and the role of RPA

Digital Transformation Trends and the role of RPA

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準