• TOP
  • ビデオ
  • 「SoftBank Brain」に見るビジネスの未来と広がるRPAの可能性_ソフトバンク

共有する

「SoftBank Brain」に見るビジネスの未来と広がるRPAの可能性_ソフトバンク

概要

ソフトバンク株式会社
法人事業戦略本部 戦略事業統括部 担当部長
松井 孝之氏

【SUMMARY〜本セッションで聞けること〜】
2015年から『Half & Twice』、2016年から『Smart & Fun!』というスローガンのもと、働き方改革を推進するソフトバンク。働き方改革の一環として同社では自社の法人営業担当者の生産性を上げる為、2016年7月に対話型営業支援/接客支援システム「SoftBankBrain(ソフトバンクブレイン)」を開発・導入する。本システムはコグニティブ・システム「Watson」が頭脳となっているが、手となり足となってシステムを支えているのがRPAである。本セッションではSoftBank Brainの実演を交えながらRPAがどのようにSoftBank Brainを支えているのか紹介していただく。また、RPAの活用を通じて見えてきたRPAの効能と、課題、そして今後ソフトバンクが目指す新たなチャレンジについても語っていただく。

関連記事

ユーザー情報確認

ログインしていただくとフォーム入力を省略することができます。

ログイン


会社名/団体名必須
従業員数区分必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須
導入に関しての立場必須
導入予定時期必須

動画を視聴いただくには、RPA BANK利用規約及びプライバシーポリシーをお読みになり、
「同意する」をチェックして次へ進んでください。