• TOP
  • ビデオ
  • “急成長に伴い、増大する現場業務。マザーズ上場の急成長企業3社が語る ヒトとロボット(RPA)の協働を前提とした、業務設計とは”

共有する

“急成長に伴い、増大する現場業務。マザーズ上場の急成長企業3社が語る ヒトとロボット(RPA)の協働を前提とした、業務設計とは”

概要

近年、マザーズ上場を果たしたユーザベースグループの株式会社ニューズピックス、株式会社マネーフォワード、株式会社RPAホールディングス。いずれの企業もマザーズ上場企業の時価総額ランキングでTOP20に入る、急成長企業である。急成長ゆえ現場の業務増加は課題であり、特にバックオフィス業務は深刻な課題となっていた。 本特別セッションでは、業務増加による課題を人員増加という形で対策を取らざるをえなかった事象に対して、各社が「ヒトとロボットの協働」を前提に、いかにして課題を克服しようとしているのか、取り組みの背景、過程、そして開発したロボットのデモ動画事例と合わせて語っていただく。

スピーカー

株式会社ニューズピックス

経営企画事業部 事業部長

蒲原 慎志 氏

株式会社マネーフォワード

経営企画・財務本部 財務経理部

杉浦 大貴 氏

RPAホールディングス株式会社

経営管理部 部長

浦田 隆治 氏

有限責任監査法人トーマツ

リスクアドバイザリー事業本部 シニアマネジャー

山﨑 大樹 氏

関連記事

ユーザー情報確認

ログインしていただくとフォーム入力を省略することができます。

ログイン


会社名/団体名必須
従業員数区分必須
部署必須
役職必須
必須
必須
電話番号必須
メールアドレス必須
導入に関しての立場必須
導入予定時期必須

動画を視聴いただくには、RPA BANK利用規約及びプライバシーポリシーをお読みになり、
「同意する」をチェックして次へ進んでください。