共有する

業務改革の次の一手となる「RPA」

欧米諸国などと比べ、生産性が低いと言われ続けている日本のホワイトカラー。その理由の一端は、定型業務(単純作業)の多さにあるとアビームコンサルティングの金弘潤一郎氏は指摘する。こうした定型業務から解放し、生産性を高めるツールとしてRPAの活用が期待されている。しかし、これまでIT投資を通じて業務改革を進めてきた企業にとってもRPAは有効な手段となり得るのだろうか。企業のRPA導入をサポートしてきた金弘氏に聞いた。 2016年から「RPA(Robotic Process Automation)」という言葉を聞くことが多くなってきた――。そう感じる人は多いのではないだろうか。経営コンサルティング会社 […]

ログインして続きを読む

関連記事