ログイン

共有する

日本が“RPA大国”となれば再びNo.1になれる__新たに求められる人材と組織とは(後編)

RPAは今後どのように進化を遂げるのか。日本が“RPA大国”となれば再びNo.1になれる__5つのステージで進化を遂げる次世代型デジタルレイバー(前編)では、RPAは今後、5つのステージで進化を遂げていくと、アビームコンサルティング 戦略ビジネスユニット 執行役員 プリンシパル 安部慶喜氏に解説してもらった。

それでは、これから日本企業の間でRPA活用がますます本格化していくとき、その中心となる人材や組織というのはどのようなもので、また何が求められてくるのだろうか。後編では、RPA活用に求められる人材像や、RPA活用を担う組織像について話を聞いた。

この記事にコメント

関連記事

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)

RPAに必要なのは「答えではなく問い」—『デジタルレイバーが部下になる日』著者に聞く

RPAに必要なのは「答えではなく問い」—『デジタルレイバーが部下になる日』著者に聞く

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(前編)

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(前編)

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──前編

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──前編

AI-OCR真の価値は「手入力の解消」ではなく「経営判断の迅速化」にある――対談・Cogent Labs飯沼氏×セゾン情報システムズ小野氏

AI-OCR真の価値は「手入力の解消」ではなく「経営判断の迅速化」にある――対談・Cogent Labs飯沼氏×セゾン情報システムズ小野氏

税理士に見るロボットを活用した攻めの会計—銀座税理士法人の挑戦

税理士に見るロボットを活用した攻めの会計—銀座税理士法人の挑戦

RPAロボットの“課題”を超えるには?――NTTデータ イントラマートに聞く

RPAロボットの“課題”を超えるには?――NTTデータ イントラマートに聞く