ログイン

共有する

RPA運用の成功は経営戦略への組み込みが肝になるーーBlue Prism日本法人 ポール・ワッツ社長に聞く

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の語源を知っていますか?と聞かれた際に、回答することができない方は多いのではないだろうか。起源は2012年に遡り、英国のエンタープライズRPA開発企業・Blue Prismの現チーフエバンジェリストで当時はCMOのPat Geary氏が当時のBlue Prismの事業内容について説明する際に「Robotic Process Automation」と使ったことがその始まりだという。

RPAの先駆者として知名度の高いBlue Prism。グローバル企業での豊富な採用実績を誇り、大学との実証研究も進めてきた同社は、2017年4月に日本法人のBlue Prism株式会社(東京都港区)を設立。現在はパートナー企業を通して製品の普及を進める一方、大規模運用に成功した海外で積み上げられたナレッジの紹介に力を注いでいる。「RPAは単なるツールの導入ではなく、組織文化を根本から変える挑戦」と語るポール・ワッツ日本法人社長に、世界最先端のRPAトレンドと同社の国内戦略を聞いた。

この記事にコメント

ログインしてすべてのコメントを見る
無料会員登録する

関連記事

第4次産業革命は「AI+RPA」で起きる(NewsPicks×RPA BANK)

第4次産業革命は「AI+RPA」で起きる(NewsPicks×RPA BANK)

PC業務の「前」と「後」を総合的にサポートーーNTTドコモがめざす“真の働き方改革”とは

PC業務の「前」と「後」を総合的にサポートーーNTTドコモがめざす“真の働き方改革”とは

「ビジネスに生かすAI」の最前線とは――対談・人工知能学会前会長 松原氏×CogentLabs飯沼氏

「ビジネスに生かすAI」の最前線とは――対談・人工知能学会前会長 松原氏×CogentLabs飯沼氏

「必要な時に必要なだけ」RPAをもっと身近に、そして安心で安全な提供をーークレオの新提案とは

「必要な時に必要なだけ」RPAをもっと身近に、そして安心で安全な提供をーークレオの新提案とは

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(後編)

RPAに必要なのは「答えではなく問い」—『デジタルレイバーが部下になる日』著者に聞く

RPAに必要なのは「答えではなく問い」—『デジタルレイバーが部下になる日』著者に聞く

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(前編)

RPAとAIの「よくある誤解」とは__ RPAエキスパート中川拓也氏コラム「RPAとAIで描く未来より」(前編)

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編

RPAで300万時間分の業務を自動化し1500人分の余力捻出を目指す──後編